司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

「寄附」か「寄付」か

2022-09-09 20:51:57 | 会社法(改正商法等)
言葉のてびき by 教育出版株式会社編集局
https://www.kyoiku-shuppan.co.jp/textbook/chuu/kokugo/guidanceq004-00.html

『Q4 「附属」か「付属」か』の解説である。

「法令や公用文では,「附則・附属・附帯・附置・寄附」については,「附」が用いられることになっているので,それらの文書,また,その引用等においては,当然,それに従うことになる。」(上掲記事)

 定款についても,「附則」を用いるべきであろう。
コメント (3)    この記事についてブログを書く
« 14歳の未成年者が取締役会... | トップ | 消費者庁「ステルスマーケテ... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2022-09-12 10:04:43
孫引きですが…

池田真朗教授によれば,

道垣内弘人『 ゼミナール民法入門 第2版』(日本経済新聞社, 2003)278pで「附」と「付」の件が取りあげられており,「附」は「つく」という自動詞的意味,「付」は「つける」という他動詞的意味で使い分けられているそうです。
国税 (みうらみう)
2022-09-12 22:05:04
国税は寄附金だが地方税法は寄付金
国税 (みうらみう)
2022-09-12 22:05:09
国税は寄附金だが地方税法は寄付金

コメントを投稿

会社法(改正商法等)」カテゴリの最新記事