司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

社外取締役等の登記の抹消(2)

2015-05-09 14:13:36 | 会社法(改正商法等)
 平成26年改正会社法により,定款に定める責任限定契約に基づく社外取締役及び社外監査役に関する登記は,登記事項から外れることになる。ただし,改正附則第22条第2項の規定により,当該取締役及び監査役の任期中に限り,抹消することを要しないものとされている。

 それでは,その猶予期間中に,何らかの変更の登記をするタイミングで,併せて抹消の登記を申請する場合は,どうするのか。

「改正法附則第22条第2項・・・の経過規定によって,登記を要しない間においても,当該登記の抹消を申請することは可能であると考えられる。この場合の登記原因は,「平成27年5月1日社外取締役である旨の抹消により変更」として差し支えないと考えられる」

cf. 南野雅司「『会社法の一部を改正する法律等の施行に伴う商業・法人登記事務の取扱いについて(平成27年2月6日付け法務省民商第13号民事局長通達)』の解説」民事月報2015年3月号93頁

平成27年3月22日付け「社外取締役等の登記の抹消」
コメント   この記事についてブログを書く
« 平成26年改正会社法の施行... | トップ | 武富士過払い金訴訟で,創業... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

会社法(改正商法等)」カテゴリの最新記事