司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

異順位の共同相続人の間で相続分の譲渡がされた後に遺産分割協議が行われた場合における所有権の移転の登記の可否

2018-03-29 12:55:21 | 不動産登記法その他
「異順位の共同相続人の間で相続分の譲渡がされた後に遺産分割協議が行われた場合における所有権の移転の登記の可否について」(平成30年3月16日法務省民二第136号法務省民事局民事第二課長通知)が発出されている。


 甲不動産の所有権の登記名義人Aが死亡し,その相続人B,C及びDによる遺産分割協議が未了のまま,更にDが死亡し,その相続人がE及びFであった場合において,B及びCがE及びFに対してそれぞれの相続分を譲渡した上で,EF間において遺産分割協議をし,Eが単独で甲不動産を取得することとしたとして,Eから登記原因を証する情報として,当該相続分の譲渡に係る相続分譲渡証明書及び当該遺産分割協議に係る遺産分割協議書を提供して,「平成何年何月何日(Aの死亡の日)D相続,平成何年何月何日(Dの死亡の日)相続」を登記原因として,甲不動産についてAからEへの所有権の移転の登記の申請があったときは,遺産の分割は相続開始の時にさかのぼってその効力が生じ(民法第909条),中間における相続が単独相続であったことになるから,他に却下事由が存在しない限り,当該申請に基づく登記をすることができる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 一般財団法人の目的の変更と... | トップ | 「法人設立手続オンライン・... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (なお)
2018-03-30 11:38:23
貴重な情報をありがとうございます。
H4年3月18日民三1404号回答(登記研究536号155㌻)が変更されたということでしょうか。
相続分譲渡が使いやすくなると思います。

コメントを投稿

不動産登記法その他」カテゴリの最新記事