司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

成年後見人の報酬を見直しへ,最高裁が家庭裁判所に通知

2019-03-24 11:03:11 | 家事事件(成年後見等)
毎日新聞記事
https://mainichi.jp/articles/20190323/k00/00m/040/337000c

https://mainichi.jp/articles/20190323/k00/00m/040/338000c

 全文は,読めないが。

 最高裁が,今年1月,全国の家庭裁判所に,後見人の報酬算定方式の見直しを促す通知を出しているようだ。

 後見人の実際の業務量に応じた算定に改めることが柱で,業務量を問わず一律の額にしたり,資産額を基準にしたりする計算方法は採用しないと明示しているそうだ。

 全国の家庭裁判所が最高裁通知を参考にして,新たな算定基準を策定することになる。

 多忙を極める家庭裁判所が,個々の事件について細々とした業務量をチェックして報酬を算定することになるわけで,さらに仕事を増やすだけになりそうであるが。
コメント    この記事についてブログを書く
« 会社登記の印鑑届出義務付け... | トップ | 研修会「相続法の改正」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

家事事件(成年後見等)」カテゴリの最新記事