司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

家賃滞納201か月・・・

2011-08-27 19:14:27 | 民事訴訟等
讀賣新聞記事
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110827-OYT1T00219.htm?from=main7

 奈良市の市営住宅で,家賃を201か月も滞納している者がいるという。

 市営住宅の賃料債権の消滅時効については,民法第169条の適用があり,5年である。時効の中断の措置をとっていない限り(おそらくないであろう。),大半は,時効を援用されると,回収不能である。

 何をやっているのだか・・・。


民法
 (定期給付債権の短期消滅時効)
第169条 年又はこれより短い時期によって定めた金銭その他の物の給付を目的とする債権は,5年間行使しないときは、消滅する。

cf. 平成22年10月12日付「家賃滞納19年,連帯保証人への請求はOK?」
コメント    この記事についてブログを書く
« またまた「一澤帆布」訴訟 | トップ | 日本私法学会2011 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

民事訴訟等」カテゴリの最新記事