司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

公益法人に遺贈,税の注意点

2019-10-09 19:35:28 | 税務関係
日経記事(有料会員限定)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO50777040Z01C19A0NZKP00/

 司法書士としては,イロハのイに属するお話。

「公益法人への遺贈で譲渡所得が非課税になる特例はありますが、要件は厳しく、実際に特例を受けるのは困難です」(上掲記事)

 公益法人の側で要件を充足しておく必要があるが・・・困難?
コメント

弁護士事務所勢力図

2019-10-09 19:31:38 | いろいろ
https://twitter.com/hiro_amarme_yam/status/1171725461312815106?fbclid=IwAR1FOZaPbLGBh1B850yV7-Tzp-cTDRX9COmllnJO3QBwrtAeHaQVgSI6AEY

 弁護士数での分布図であるが,今や意外な勢力図である。
コメント

帝国ホテルが京都・祇園に初進出へ

2019-10-09 17:50:54 | 私の京都
京都新聞記事
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/30448

 あのエリアには,そぐわないように思われるが・・。
コメント

法務大臣閣議後記者会見の概要「会社法改正案等に関する質疑について」

2019-10-09 12:58:30 | 会社法(改正商法等)
法務大臣閣議後記者会見の概要(令和元年10月4日(金))
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_01170.html

「会社法改正に伴って,臨時国会で商業登記法も改正し,印鑑提出を任意とする」・・・ですか。

○ 会社法改正案等に関する質疑について
【記者】
 本日から臨時国会が開会いたしますが,法務省としては会社法改正案を提出予定だと思います。本法案の意義についてお聞かせください。

【大臣】
 会社法改正案,その究極的な目的は,企業価値を一層高める,それにあると私は考えております。そのためには,株主総会の運営,取締役の職務執行の一層の適正化等をこの法案を通じて,実現をしていきたいと考えます。その意義としては,大きな点として3点ございます
 まず1点目,株主に対してできるだけ早く株主総会資料を提供し,議案などの検討期間を十分に確保するため,資料の電子提供制度を創設いたします。
 2点目,取締役の報酬等を決定するための手続の透明性を一層向上させる,同時に,業績等に連動した報酬をより適切かつ円滑に取締役に付与することができるようにするため,報酬等に関する規定の整備を行います。
 3点目,日本の資本市場が国の内外から,全体として一層信頼される,そういう環境を整備するために,上場会社等に社外取締役を設置をすることを義務付けます。
 以上が主な内容でございますが,現在,できる限り早期に国会に提出することができるよう,法案の立法,立案作業を進めております。国会での審議を経て,速やかに成立することを期待をしております。

【記者】
 会社法改正に伴って,臨時国会で商業登記法も改正し,印鑑提出を任意とすることを法務省は今後目指すのでしょうか。

【大臣】
 会社法を改正する整備法案におきまして,商業登記法の改正を予定しております。そして,その中には,法人の登記申請手続において,あらかじめ印鑑の提出を義務付ける規定を削除する内容も含まれております。
 オンラインによって,登記申請の利便性を高める,ひいては起業環境の改善に資するよう,申請人の選択によって,印鑑の提出をしなくても登記の申請ができるようにする,印鑑提出の任意化を実現をするということであります。
コメント

講演録「所有者不明土地問題に関する最近の取組について・所有者不明土地の利用の円滑化に関する特別措置法(所有者不明土地法)について」

2019-10-09 12:57:34 | 空き家問題&所有者不明土地問題
土地総合研究 第27巻第3号(2019年夏)
http://www.lij.jp/pub_t/pubt3_27_3.html

 講演録「所有者不明土地問題に関する最近の取組について・所有者不明土地の利用の円滑化に関する特別措置法(所有者不明土地法)について」が掲載されている。

 話し手は,横山征成国土交通省大臣官房参事官等である。法制審議会民法・不動産登記法部会の議論についても紹介されている。
コメント