こころの窓

心療内科、精神科を標榜する開業医です。 日常の診察のなかで感じたことや気になる話題 を書いてみました。

AIを活用した診断

2019-05-17 | 健康・病気

令和になって半月経ちました。

新しい時代といってもすぐに日常が変わるわけではない
のですが振り返れば日々世の中は刻々と変化しているの
を実感します。

ただ精神医学では今も診断では問診が中心で客観的な
ものがありません。

うつ病の診断も問診から判断するとなると医師によって
異なることも少なくありません。

それでも少しでも客観的な検査で判断していこうという
動きがでてきています。

うつ病に特徴的な表情などをAIで判断したり遺伝子レベル
での診断や治療が研究されています。

診断に時間をかけることが少なくなればそれだけ治療に
必要な話や薬の選択も正確になるかと思います。

将来の診断治療を見据えて取り組んでいけるものをひとつ
でも見つけていきたいと考えます。

 

 

コメント

4月からの生活大丈夫ですか?

2019-04-19 | 日記

4月も後半。

平成の時代も終わろうとしています。

開業したのが平成17年4月ですから平成の半分弱は
開業医をしていたことになります。

患者さんの数も先日9000人を超えました。

今後も地域に根ざした精神科・心療内科医療に取り組んで
まいりたいと思います。

4月から新生活がスタートした方も少なくないかと思います。

体調崩されたり眠れなくなったりしていませんか?

「こんなはずじゃなかったのに・・・・。」

そんな思いを抱いたら一人で悩まずに早めにご相談
ください。

相談していただくだけでもだいぶ楽になれるかと思います。

コメント

ひとりごとは病気?

2019-04-05 | 健康・病気

4月になりました。

1日に新しい元号も発表されました。

診断書で期間を書くときがあるのですが和暦で書い
ていたので5月以降まで書くときに困っていました。
これで一安心です。

ひとりごと、言ったりしませんか。

新聞の夕刊にもでていた内容ですがひとりごと
はストレス解消にも役に立っているようです。

ぼくも思わず「困ったなぁ。」とか「あー忙しい。」
小さな声でつぶやいてしまいます。

ただ自覚していないひとりごとは病気の可能性
もあり周囲から指摘されたら要注意です。

5月は4月27日(土)から10連休となりますが
5月2日(木)は通常の時間で診察いたします。

なお5月27日(月)は代わりに休診としますので
ご了承ください。

 

 

コメント

仕事が続けられない

2019-03-22 | 健康・病気

3月も下旬。

隣の保育園が開園しました。

子供たちのにぎやかな声が聞こえてきました。
元気をもらい診療にも力がはいります。

症状を繰り返して仕事をよく休んでしまうのでやめてしまった。
そんな話を聞きます。

精神の不調はどうしても波があるのでいつもどおりに仕事が
できなくなるときがあります。

相談があるときは障害者雇用を活用するのもひとつとお伝えしています。

メリットとしては
自分の病気を職場に知ってもらうことで仕事の調整をしてもらえる
などの配慮が得られる点です。

ただやはり自分の病気を人には言いたくないと思われる方もいて
それはそれで理解できることです。

「社会に参加している。自分が役に立っている。」そう感じられること
は生活に意味をもたせてくれることと思います。

簡単なお手伝いからでもよいかと思います。

どういった形で社会とつながっていけばよいかひとりひとりみなさまと一緒
に考えていきたいと考えます。

 

コメント

差別のない社会に

2019-03-08 | 日記

3月になりました。

今日3月8日は国際女性デーです。

まだまだ日本では女性が重要な仕事に就くことがなく
差別的な扱いが少なくないようです。

医学部入試も問題となりましたが男女問わずに平等に
能力を発揮できる社会であってほしいと思います。

体調不良やイライラを訴えて受診される女性の方もいますが
よく聞くと夫婦関係がストレスになっている方も少なくありません。

以前ほどではないにしろ「家事、育児は女性がすべきもの。」「妻は夫に従うもの。」
といった考えの男性も少なくないようです。

お互いの立場はあるものの男性にも性差に関係なく協力していく
意識があると夫婦関係もだいぶ楽なものになるように思います。

 

コメント