何気無く大切な一日が、かけがえ無く今日も過ぎてゆく 高橋忠史・多系統萎縮症と生きる・唄い屋。

難病の多系統萎縮症に侵されても音楽を諦めない男のライヴ報告や日々の思い・命のメッセージ

奇跡は起こすもの

2016年11月28日 19時19分10秒 | Weblog
齋藤應典(さいとうまさのり)さんがアパートにやってきてくれた。
写真の右端。

誰?。

運動生理学士、パーソナルトレーナーでオフィシャルページは http://masanorisaito.com/
本も出版されるらしい。

連絡が来たのは、ライブでもギターを弾いてくれたり、私生活でもいろんなアドバイスをくれているなおちゃんからだった。

歩けない人をほんのわずかの時間で立ち上がらせるのを目の前で見た!、その齋藤さんという人が前川実紀さんのFM東久留米の番組に出演して、トークの流れの中で実紀さんが流してくれた僕のシングルCD「ランナー」を聞いて好きになってくれて僕の病気の事も知り、是非会いたいと言ってくれている・・・と。

なおちゃんを疑いはしないけど、まぁ正直・・・ほんまかいな。
そんな気持ちだった。
忙しい時間を調整して齋藤さんがアパートまで今日来てくれた。
なおちゃんと実紀さんも一緒に。

「ランナー」は、ほとんどの人がその存在を知らないコロムビアレコードから発売された「遥かなる大地へ」というデビューアルバムを作る為に書いた曲だが結局ボツになってアルバムには入らなかった20代前半の曲だ。
アルバムに入っていた曲は後に一曲も唄わなくなってしまったがボツになった「ランナー」は唄い続けた。
そして、365日連続ライブを追え000日連続ライブに挑戦中の51歳の時にレコーディングして自主制作のシングルCDとして発売した。
CDになるまで25年以上掛かった曲だが古さはまったくない。

ろれつがいつか戻ったら絶対に唄いたい曲だ。
今ミックスダウン中のアルバム「ありがとう」に入っています出来上がりを楽しみに。

「ランナー」がつないでくれた齋藤さんの指示にしたがったっら、つかまり立ちしかできなかった僕が、ほんの数分で何もつかまず立ち上がることが出来た。
・・・どうなってるんだ・・・。
笑うしかないよね。

フラツキはあいかわらずで、スタスタ歩けるわけでは無いが、気分は今にも歩けそう。
2016年11月28日。
記念すべき日になりそうだ。

   老いてゆくのは肉体(からだ)じゃないのさ諦めからさ
   奇跡は起こすもの

 ・・・壊れかけたギター・・・より




  ……………………………………………………………………………

12月1日から約2週間、入院生活中はインターネットのメールは見れな

いのでスマホでも見れる下記のメールアドレスに連絡下さい。

singsongtds@gmail.com

よろしくお願いします。

  ……………………………………………………………………………

過去の音源からミックスダウンしなおした、
ニューアルバム「熟成」3000円(送料込み)が完成しました。

重圧感満載のやさしさに溢れたシングルCDは
「うまれたばかりのハーモニー」3曲いり1000円(送料込み)

注文はメールで「熟成」又は「うまれたばかりのハーモニー」希望と書い

て住所氏名をお知らせ下さい。
料金は下記セブン銀行の口座に振り込んで下さい。

これからの病気との闘いを助けてください。
余裕のある方だけ、もしよければブログの購読料として、みなさんの支援

(カンパ)お願いできたら有難いです。
決して無理せず余裕のある方だけ、お願いします。
可能な限り今まで通り、ブログ書き続けますので読み続けて下さい。
読んでくれてる人が居てくれるだけで僕の生きる力になります。


セブン銀行  カーネーション支店
普通預金口座  0513518
高橋忠史

セブンイレブンでなくても銀行、郵貯、信用金庫、ネットバンクから振り

込めます。
  ………………………………………………………………………

  …………………………………………………………………………………

……


高橋忠史のフェイスブック
https://www.facebook.com/tadashi.takahashi.7902
ホームページ音楽の森
  http://www.ne.jp/asahi/tadashi/singsong/
メールアドレス
  singsong@nippon.email.ne.jp
電話  090-8849-0907

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 小さな幸せがちょこっと | トップ | 生き永らえる事を考えるより... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事