音楽人

民族楽器の収集、演奏を趣味に生きているおやじのはなし

音楽の祭日

2017-06-19 09:27:19 | 民族楽器
昨日は、民博の音楽の祭日に行ってきました。出番は朝一番で大変でしたが、その後ゆっくり聞けたのでよかったのかも知れません。会場は2か所で開かれていて、色々聞きたいのがあったので、うろうろしながら聞いていました。いつも最後は和太鼓のグループで終わります。今年は、メンバーを若くして、小中学生が主体でした。緻密なアンサンブルで、子供たちの目の輝きが印象的でした。そんな姿を見ていると思わず目が潤んできてしまいます。それにしても、びっくりするくらいうまかったです。終わってから、恒例の打ち上げがありました。今年からアルコールは抜きになりました。残念でしたが、健康にはよいなと思い直しました。それにアルコールなどなくてもすばらしく盛り上がります。他の音楽をする人と交流できるのはとても楽しいことです。また、後半は打楽器やダンスなどが即興でされて皆が一体になって楽しみました。太鼓を教えている友人から、篠笛を教えに来て欲しいと頼まれました。吹くことは吹きますが、余りメインの楽器としてはやっていませんので、お断りしたのですが、結局一度行ってみることになりました。それまでに、勉強・練習しておかなくては。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次の演奏会 | トップ | 耳なし芳一 »

コメントを投稿

民族楽器」カテゴリの最新記事