徳島商工会議所青年部 Official Blog 藍風

徳島商工会議所青年部
徳島市南末広町5番8-8号
徳島経済産業会館(KIZUNAプラザ)1階

平成21年10月2日 第3回会員例会開催報告 (報告者 研修委員長 北野雅史)

2009年10月04日 | 平成21.22年度報告.会長 三木康弘
徳島商工会議所青年部会員各位様

会長 三木康弘
担当副会長 高橋良典
研修委員長 北野雅史

☆第3回会員例会
(研修委員会主催)
リスクマネジメント
(企業の危機管理)
講師
元ニュージーランド
プロカヤックガイド
リュウ・タカハシ氏
※日時
平成21年10月2日(金)18:00~
※場所
新町川公園
(徳島市東船場1丁目
 パルプラザビル前)
(注)雨天・強風時は
パルプラザビル9F特設会場)

☆懇親会
※日時
平成21年10月2日(金)19:40~
※場所
新町川ボードウォーク
(注)雨天・強風時は
東新町アーケード内
※懇親会費 3,500円


第3回会員例会(参加人数30名)
講演「危機管理ってそうだったのかぁ」開催について実施報告

報告者 研修委員長 北野雅史

当日は大雨洪水注意報が発令される中、パルコーポレーションの小川さんにご協力いただき、パルビルの9Fに特設会場を設け講演を実施しました。



講師は、元NZカヤックプロガイドのリュウ・タカハシ氏。私とは10年来のニュージーランド移民(私の家族はニュージーランド永住権保有者なのだぁ)仲間で、タカハシ氏はその後も現地ニュージーランドのカヤックガイドのトッププロとして活躍を続け、2008年7月に現役を引退されました。(ですが、日本のカヤックガイド業界では、カリスマ的指導者として今もその指導・教育を希望される方が多数おられます)

同氏の危機管理指導者としての情報を、これまで10,000人に上る世界各国からのお客様へのカヤックガイドサービス提供を通して体験したことと併せて分かりやすく講演していただけました。

【危機管理】という言葉自身が日本では【非常に特別なもの】【自分たちには関係のないもの】として捉えられがちで、得てして日常生活や日常業務では優先度の低いものと考えられがちですが、決してそのように扱うものではなく、非常時に置ける対応は、訓練を通して日頃から体や頭に染みこませていなければ、万一の時にも【何もできない】人間となってしまう、ということでした。

【正常化バイアス】という用語でそれを紹介いただきましたが、何も起こらないことが当たり前の平和な環境に住む日本人は、緊急時に脳を【平常時】から【緊急時】に切り替えるのが下手と言われます。一方、アメリカを筆頭とした欧米の人々はこの切り替えが上手です。

そして、みんながやらないから自分もやらなくて良いだろう、という【多数派同調バイアス】も緊急時にはマイナスに働くそうです。

日本は、この2つのバイアスが特に大きな要因となり、緊急時には手遅れ(逃げ遅れる・被害が拡大する)となる可能性があるとのことでした。

基本的な危機管理のとらえ方は、【予防】【対処】【(事後)処理】の3面から備えておく必要があり、マニュアルもそれに沿って作っておく必要があります。

【予防】マニュアルは平時に読むものであるため、分かりやすく、詳しく書いておく必要があります。しかし、【対処】マニュアルは、緊急事態が発生した際に引用するものですから、パッと見て分かり、すぐに行動できるような内容で書かれている必要があります。“責任所在追求(誰がやったんだ!)”を、えてして【対処】中に叫ぶ人もいますが、それは事態が落ち着いた【処理】の段階で。【処理】段階では、特に“原因究明” も重要だということが分かりました。

私は8年前にニュージーランドから日本に帰ってきて、それまで日本で当たり前と思っていたことが、かなり???と感じることが多くなりました。日本の常識は海外での非常識、海外の常識が日本では非常識、を今でも感じています。

そんな中で、世界はどんどんグローバル化しています。自分の会社にグローバル化は関係ない!と言っても、顧客がどんどんグローバル化にさらされていますから、それが当たり前になります。

そこで、部分的にグローバル対応しても、根底の部分が世界標準を意識していないと【化けの皮がはがれます】。つまり、顧客に見放されることとなります。

(一方で、日本独自の良さは大切にすべきです)

同氏が今回講演いただいた【危機管理講習】は、そんな我々日本人の考え方の根底を改めて疑ってみる良い機会になったと思います。


【写真撮影:事務局 手城】
【危機管理講習】



















【写真撮影:事務局 手城】
【懇親会】
(雨天の為、東新町アーケード内)






















この記事のカテゴリーは
平成21年22年度/会長/副会長/委員長報告


*************************************************
藍風BLOGをご覧の皆様へ
藍風BLOGを少しでも多くの人に見てもらえるように「日本ブログ村」と呼びますブログランキングサイトに登録しております。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 徳島情報へ
上記のバナーに()クリックを「一つ」よろしくお願いします
*************************************************
P.S.日本商工会議所(日本CCI)
P.S.徳島商工会議所(徳島CCI)
P.S.日本商工会議所青年部(日本YEG)
P.S.徳島商工会議所青年部(徳島YEG)
*************************************************
藍風BLOG.topに戻る

最新の画像もっと見る