音楽講師の思い出日記 

現在、奈良県の自宅で音楽を
指導しています。
ヤマハ講師時代~東大阪自宅時代の
生徒の思い出日記を掲載します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第4章 東京から引越しして来た大ちゃん

2005-09-01 13:39:03 | Weblog

東京から引越ししてきた大ちゃんは、とてもユニークな男の子。

名前の通りのノッポ君。眼鏡かけているから

ちょっとがり勉ぽっく見えるけど全然違うんだ。

間違えると首をかしげる癖がありました。

彼を指導したのは小学校3年生から中学1年生までです。

 エレクトーンを指導していました。

 

彼は写真の3列目の一番左端の背の高い男の子。

1章で登場している恭平君名達といっしょに

発表会では、男の子達のグループで

「ドラゴンクエスト」の主題曲をアンサンブルで演奏して貰いました。

彼はノッポだから、2学年下の子なんかと合奏しても違和感がありました。

ソロでは「戦場のメリークリスマス」を演奏して貰いました。

演奏技術も練習も平均レベルの男の子でした。

でも、いつも一生懸命に演奏してくれました。

彼はすぐに大阪の学校にも順応したので、

引越しして来たときは東京弁でしたが、だんだん

東京弁プラス大阪弁になってきて、かなりおもしろいトークになっていました。

彼には2歳下の弟のたったyんがいました。

弟もノッポさん。いろんな事に興味しんしんでした。

彼は後、英語に興味を持ち

国立大学の大阪外国語大学に進まれたそうです。 

東京弁 大阪弁 外国語と語学の達人ですね~(笑う)

 

コメント