音楽講師の思い出日記 

現在、奈良県の自宅で音楽を
指導しています。
ヤマハ講師時代~東大阪自宅時代の
生徒の思い出日記を掲載します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第3章 音楽表現が抜群なだった「ここちゃん」

2005-08-31 21:58:00 | Weblog

ここちゃんは、ヤマハのオーナー会場<ヤマハの個人レッスンの教室として貸してくれるオーナーさん>の子供さんでした。

お父さんは小学校の先生をされていてお母さんは明るく世話好きな方です。

ここちゃんを4歳~10歳迄指導しました。

ここちゃんは、写真の3列目の左から4番目の茶色の衣裳の女の子です。

彼女はすごく頑張りやさんで音楽が大好き!

思いやりもあって小さい時からしっかりした女の子でした。

しかも音楽表現は抜群でした。

彼女が小学校1年生の時のに始めて弾いてもらった曲は「人形の夢とめざめ」でした。

1年生と思えないくらいの豊かな音楽表現で一生懸命に弾いてくれました。

彼女は頑張りやさんなので2年生の頃にはソナチネアルバムに進んでいました。

もしかしたら音楽に関係する仕事に進むかもしれないと感じた私は、

3年生の時のクリスマス会でエレクトーンにもチャレンジしてもらいました。

ミュージカルキャッツの主題曲を弾いてもらいましたが、

エレクトーン未経験で、いきなり6級の曲にチャレンジにもかかわらず

見事に演奏してくれました。

4年生の時の発表会の時は湯山昭の「バームクーヘン」と言う

ちょっとジャズっぽくて粋な曲にチャレンジして貰いました。

そんな彼女は私が教室を辞めてからエレクトーンを本格的に始められました。

そして私の手柄ではありませんが、

なんとエレクトーンフェステバル中学生の部で、

京橋センター大会で優秀賞を貰えました。

思いやりが合ってリーダー格で努力家の彼女は、

現在障害児の指導にたずさわる仕事をされているそうです。

音楽の道に進まなかったけど、彼女なら

きっと立派で尊敬される大人になっている事でしょう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第2章 保育所の先生になっ... | トップ | 第4章 東京から引越しして... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事