宇宙(そら)に続く丘

プレリュード小学校1年C組のしりとりちーが案内する宇宙への道
みかんの丘は不思議へ通じるワームホール

ストロベリームーン

2019年06月17日 23時47分01秒 | 

日曜日の出勤の代休として休んだ今日、丘にも上りたかったが体調が思わしくなく断念。そこでリュウマチの主治医に頼んでいろんな検査をしてもらった。と言っても原因がリウマチで無いのは分かっている。このところの無茶苦茶な天気がいろんな古傷を呼び覚ましているようだ。とにかく去年あたりから天気がおかしい。気圧配置も雲の様子も、この時期のものではない。いったいこの先どうなるのだろう。

そんな風に思いつつ家の片付けの合間にネットのニュースを見ていたら、「今夜の月はストロベリームーン」と言う文字が目に入った。マスコミは最近やたら満月に名前を付けたがる。ストロベリームーンっていったいなんだ、といぶかりながら調べてみた。アメリカの五大湖のほとりに住むオジブワ族というインディアンが、キイチゴの実る季節の満月に付けた名前だそうだ。なんだ、一部のマスコミが言うように真っ赤な月なんかじゃない。裏も取らずにいい加減な。そう思いながら時計を見ると午後6時半。ん?月の出が撮れるかな。と言っても今からみかんの丘に行ける訳が無い。そこで300ミリズームを使って家の窓から撮ってみることにした。

我が家の東にはかつて大きな製糸工場が有り女工さんたちの寮が並んでいた。そこが後にゴルフの練習場になり、今では大きなショッピングモールにかわっている。そこに登る月。情緒も何もあったものではないが、とりあえず月の出はおさえることが出来た。

少し赤いのは地平線近くの靄のせい。それに少し排ガスも混じっているかも知れない。
ところで、この月の月齢は14.0。なのに満月。いったいなぜ、と思ってしまうが、月の軌道が楕円なのが原因だそうだ。これは図面を見れば良く分かる。

取り敢えずこれがストロベリームーン。キイチゴなら「ラズベリームーン」だと思うのだが…

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今年のみかんは超不作 | トップ | 今年の獲物はさそり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぁぉ)
2019-06-18 00:57:33
ストロベリームーンなんて、あったのデスネ(^_^;)
お空を撮る気分になれて良かったのデス(^∇^)
とにかく、ちーさまの体調が良くなりますよおに(-人-*)
見られた! (しっぽな)
2019-06-18 06:05:49
お月様がユニクロの宣伝をしているみたいですね。笑
ストロベリームーンなんて聞いたら見てみたくなりますが、こちらは天候が悪くダメでした。

天候は確かに昔とは違って来ていますよね。
昔と変わったのは、お天気だけではないですが・・・。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事