地底人の独り言

いつまでもみずみずしい感性を持ち続けて生きたいと願いつつ、日々の思いや暮らしを綴っていきます

何かを創める

2017年08月10日 | 読書

 このところの「読書ルーム」で読んでいるのは、日野原重明先生の著作。県立図書館に「追悼コーナー」が設置されていて、数冊お借りして読んでいる。

 その中の一冊が『10月4日104歳に104句』(ブックマン刊)。その冒頭の一文の中に、ユダヤ人の哲学者、マルティン・ブーマーの゜言葉を引用している。「人間は、幾つになっても何かを創められる自由を持っている」と。

 先生は100歳から俳句を創められたとのこと。私はそれに比べたら、まだまだ若い。何か創めたいとは思うのだが…。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 墓掃除 | トップ | 巷で流行るもの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事