株式会社ティリオン公式ブログ

ティリオンは、
ITに関する様々なお悩みを解決します、
技術系&日々のできごとをゆるくご紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Ui Path Studio を試してみる(1)

2021-02-18 16:09:53 | IT

Windowsのメニューに「Ui Path Studio」というアイコンができていたので実行してみる。

まずはビデオを見ることにするが、
これは英語版、画面を見て動作を確認することはできるが、
英語のヒアリングが苦手なので全然聞き取れない…。

続いてチュートリアル、
このチュートリアルが実にわかりにくい、

[アクティビティ] パネルで [ブラウザーを開く] アクティビティを検索し、デザイナー パネルにドラッグします。
このアクティビティは、自動的に [シーケンス] 内に追加されます。

なんて書いてあっても、各名称が画面のどの部分を指しているのかさっぱりわからず、
おまけに画面例は英語版だし、
効率が悪いことこの上なし。

ほかにいい例はないものか、
と思っていたら、
「できるUiPathをダウンロード!」というページを見つけた、
書店でよく見かける「できるシリーズ」をダウンロードできるらしい、
早速、会社名や氏名等を登録してダウンロードした。

ところでインストールしたUiPathはどの製品なのだろう、
無料版なのか有償版の60日限定利用版なのか、
ヘルプ画面を見ると「Community License」とあるし、
サイト(https://cloud.uipath.com/)にアクセスすると、

ライセンス Community プラン と表示されて、
Enterprize無料評価版をリクエスト というボタンもあるので、

無料版ということで間違いないようだ。

とりあえず本を見ながらやっていくとしましょう。

(続く)

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。
株式会社ティリオンでは、
ITやWEB関連でお悩みの会社を親切丁寧にサポートします、
こんなことできないか、
なんとかならないかな、
と、思ったら、
まずは、お気軽にお問合せを、
相談は無料です。

miura@tirion.co.jp 担当:三浦
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« RPAとはなんぞや | トップ | FeceBookのRSS取得 Access版 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

IT」カテゴリの最新記事