タイニーハウス東京

東京でタイニーハウス暮らしを実現する。超小型木製トレーラーハウスの自作にチャレンジ

冬将軍 その2

2017-12-13 21:38:10 | 仕事と生活
今日は今年一番の冷え込みです。昼は天気は良かったものの風があったせいか体感温度は低く凍えてしまいました。この寒さは暫く続くようです。



今日は早目に駐車場での現場作業に臨んだのですが余りに寒くて途中で部屋に戻ってしまいました。
キャンパー関連の改造作業を前倒しにした代わりに、夕方から仕入れに出かけました。4時過ぎには風が益々強くなり、頭部から熱が奪われて頭が痛くなるほどでした。体感的には0度くらいの感じでした。

その寒さの中、仕入れに出かけたのですが、その成果は・・・・



今晩は暖かくして過ごしています。

読者の皆様も風邪などひかぬようご注意下さい。







関連動画;自作トレーラーの関連動画はYouTubeにアップしてあります。宜しければご覧ください。
     https://www.youtube.com/watch?v=z-eC-Jokxhw&t=25s
コメント

キャンパーシェル コーナースタンドの製作 その9 増し締めとケーブル類取外し準備

2017-12-13 16:05:21 | キャンピングトレーラー自作
予定より一日早く今日昼過ぎにトルクレンチが届きました。流石アマゾンです。

購入したのは評価が高く筆者の車のM14ホイールボルトとトレーラーのM21ホイールナットが回せるエマーソン社製にしました。





説明書を読みながら指定のトルクの35nmに合わせます。トルクレンチは初めて使うのですがセットの仕方は簡単でした。一旦ハンドルのロックを外し反時計回りに緩めてゼロの目盛りを28nmまで合わせます。その後、時計回りに回し、ハンドル側の目盛りの7を中央線に合わせます。これでトルクが28+7で35nmにセットされました。




早速、現場作業です。




これで四方の単管パイプの8箇所のクランプを増し締めして完了です。

序でに、電線とワイヤーケーブルの取り外しの準備作業も実施しました。先ずは現況の確認と取り付け方法の簡易化のための検討です。




保安灯火類のケーブルについては配線が多過ぎて取り外しが煩雑なので、先ずは各ケーブルに色分けしたタグを付けて作業し易くするつもりです。最終的には多極コネクターで纏めて脱着出来るようにしようと思っています。



ステンレスワイヤーの固定方法については正直良いアイデアが浮かびません。強度を考えると、これはこれで大変有効なのは先日の自損事故の横転時に証明済みなのですが、脱着の手間が半端ではありません。試しにワイヤークリップを一個外してみましたが5分ほどかかりました。





左右の固定フックが四ヶ所と前方で四ヶ所の固定部があり、夫々で三個のクリップで固定しているので合わせて180分=3時間かかってしまう計算です。

ワイヤークリップを使う上で3箇所以上を固定するのが仕様上の要求値なので仕方がありませんが、車体側との固定方法をワイヤー直付けによる固定から金具等を利用し脱着も容易で強度を落とさず実現する方法を考えたいと思います。








関連動画;自作トレーラーの関連動画はYouTubeにアップしてあります。宜しければご覧ください。
     https://www.youtube.com/watch?v=z-eC-Jokxhw&t=25s
コメント

防寒対策 FF暖房化 その7 受入検査

2017-12-13 13:55:36 | キャンピングトレーラー自作
今朝になりWeChatでの連絡先を受け取ったので早速中国語でクレームを入れたら、直ぐ要求通りのパーツリスト が届きました。同時に組み立て接続図も連絡して来ました。



送ってきたドキュメントです。




このパーツリスト を使って漸く受入検査を行いました。機能確認検査は環境がないので今回は行なっていません。構成部品の員数と外観から損傷の有無の確認だけです。



T字送油管と吸気/排気固定金具が不足していたので(他にもネジなどの不足はありましたが)送付を要求しています。現時点で未だ返事はありません。

また、一年保証が付いているのですが未だ保証書が来ていなかったので、商品検修後の修理や部品交換を確実に行うため送付を要求しました。
これはPDFファイルで直ぐに送って来れました。



こんな保証書を貰っても販売会社自体が存続するかも分からないので気休めでしかありませんが、一応すべき準備はしておきます。

尚、アリババ上にも正式なやり取りの記録を残すためにメッセージセンターにも会話記録を残しています。この手に記録は後々の保証に密接に関連するので手抜きは出来ません。



今後取り付けていくので、その際きちんと動作するかは多少心配ではありますが、現在のところ今回の中国製エアパーキングヒーター の購入には満足しています。実際、やり取りには手間はかかりますが誠意ある返事を貰っているのでフラストレーションはありません。

それにアマゾンなどの日本のECサイトで購入することを考えたら半値以下なのが最大のポイントです。しかし、外国語でのやり取りが必要になるのでハードルが高いのも事実です。





関連動画;自作トレーラーの関連動画はYouTubeにアップしてあります。宜しければご覧ください。
     https://www.youtube.com/watch?v=z-eC-Jokxhw&t=25s
コメント