賃貸国分寺|不動産賃貸マンションの国立情報





一般的な内装の仕上げに使われている壁材(ビニールクロス)



荷物を運んでいる時等に、うっかり表面を傷つけてしまう事があります。



皮のように、ペランと剥けてしまっても、剥き取らなければ素人でも簡単に



何事もなかったかのように補修することが出来ます。






例えば上記の写真のようにクロス自体に櫛引のような柄があるクロスを傷つけてしまった場合には、
剥けた表面の裏側にクロス用接着剤(木工用ボンドでも代用可能)を塗り、剥けたクロスを戻し、
柄の通りに楊枝等を使って押し当てながら柄を作ります。


そうすると、ほらっ!
ほとんど、傷跡がわからないように補修が完成します。



賃貸住宅では、こうした傷を付けてしまった部分が多く、剥けたクロスが残っていれば簡単な補修が出来るのですが、


貼り替え費用を請求しなければならないケースが出てきます。


傷つけてしまったら補修してみてください。


但し、接着剤が周りのクロスに付着してしまうと変色してしまう可能性があるので、十分に注意してくださいね。



■■■JR中央線 国分寺駅 南口徒歩2分■■■
      アクロス株式会社
   国分寺市南町3-14-9雨宮ビル1F
   TEL 042-328-8801
   定休日 毎週水曜日 第1・第3火曜日 
   営業時間10:00~18:00
   ホームページでお部屋探しが出来ます♪




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 夢の話。 根気良く・・・。 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。