新しいもの好きのブログ

タイトルに反して結局熟成したものを買う小心者です。

GPPでテザリング

2012-12-08 11:55:30 | 日記
(注意)
以下、auのiPhone4Sで検証しました。
SOFTBANKのもので同様にできるかは不明です。
---

GPPが届いたのでiPhone4SをiOS6.0.1へバージョンアップしました。
購入したのはAmazonで一番安いところのものです。
2,380円でした。


正規代理店のブログで見る限り、偽物らしいです。
この手の商品で本物も偽物もこだわるところか不明ですが・・・。
袋にはiOS5用と書いていますが大丈夫かな?

まずはiOS5.1.1の状態でGPPが認識するか確認します。
SIMトレイにフィルムのような下駄を載せて更に付属の白SIMを載せます。
立て付けが悪く、前に使っていたGeveyのようにスムーズに入りません。
本体から抜くときも少しひっかかります。
最初抜けなくなったと思い焦りました。
この辺が偽物クオリティなのかも知れない。
でもコツを掴めば比較的簡単に抜けます。

iPhoneに挿してしばらく待つとキャリア選択画面が表示されます。
キャリアを選択したらすかさずSIMトレイを抜きます。
アクティベーション画面が出たら失敗。
その場合は再起動してやりなおします。
使いたいSIMを下駄に乗せて挿してしばらくすると認識します。
Geveyとまったく同じ操作なので本当にiOS6で使えるかちょっと心配。

GPPを挿したままの状態でバージョンアップ開始です。


もう後戻り出来ません。


iOS6になりました。


インストール完了です。
SIMもばっちり認識しました。


「インターネット共有」

早速設定画面を開くとありました。
しかしそのままでは利用できずキャリアの3に問い合わせしなさいってメッセージが出ます。
やはりこの下駄は3に偽装するようです。

「インターネットの共有」のAPN設定が3のものになっていたので変更します。
私はIIJMIOを使っているのでそのAPNに変更しました。


「インターネットの共有」が使えるようになりました。


すでにXperiaAXでテザリングできるのでiPhoneで無理に使える必要は無かったのですが選択肢は多い方がいいです。
地図アプリは旧MapFanを使っています。
コロプラの地図がApple製になってしまったのは誤算でした。

特にバッテリーの減りも電波の掴みも変わった感じはしません。
偽物かどうか分かりませんがとりあえず使えそうです。
ちなみにGPPを経由してauのSIMを認識させてもテザリングできるらしいです。
パケット利用出来るauの契約がないので試してません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« rootなXperia AXをバージョン... | トップ | (手の中の小さな)激動の1年間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事