新しいもの好きのブログ

タイトルに反して結局熟成したものを買う小心者です。

熱対策スマホケースと充電環境

2017-11-06 18:44:28 | 日記

PokemonGoの伝説のポケモンレイドバトルが開始されましたが、

通信量が多い
本体が熱くなる
バッテリーがもたない

と言う状況になっています。
使用機器は以下の通りです。
iPhone6s 自分用
iPhone6s plus 相方用
iPad Air 2 情報収集・テザリング用

iPhone6s、6s plusはファミリーでドコモ回線ですが予想以上にパケット量を使ってしまい
上限の心配が出てきたのでiPad Air2にMVNOのSIMを指してテザリングをしてパケットを
逃がす作戦に出ました。
半日レイドバトルを行うと100MB~300MB程度消費している事が分かりました。
これをMVNOに逃がすだけでもかなり状況が良くなります。

通信量はこれで解消しそうですが他に熱とバッテリーの問題があります。
これを解消するために以下のものをそろえました。
全てAmazonで購入したけど、一気に買いすぎた・・・。


(1) Soarpop ショルダーバッグ コンパクト iPad収納可 高収納力 通勤 ビジネス カジュアル アウトドア 旅行 ブラック

iPadが収納できる丁度良いサイズの鞄を購入。
しかし、iPadサイズぎりぎりのため、保護ケースによっては収納できない。
コストコで購入したlogicoolのごついケースでは入りきらなかった。


(2) iPad Air2 ケース レザー 合皮 ESR iPad Air2 カバー 軽量 シンプル スエード柔らかな内側 スタンド機能 オートスリープ スリム 傷つけ防止 二つ折 iPad Air2 スマートカバー (灰紺色)

そこで追加購入したのがこれ。
少し高いけど両面カバー、四辺をしっかりガードしつつ、本体サイズがほとんど大きくならないし、見た目も良い感じなのでこれにしました。
実際デザインすっきりしっかりガード出来るので使い勝手がいいです。
しかしそれでも上の鞄ではぎりぎりでほかに何も入れられなくなるため、収納はあきらめました。


(3) iPhone6s ケース jisoncase アイフォン6sケース iPhone6 ケース アイフォン6 ケース case for iPhone6s クリアケース 本革 レザー TPU 手作り ハンドメイド 人気 スマートフォン 背面カバー スリム 薄型 シンプル 耐摩擦 耐汚れ 全面保護 軽量型 18g 全三色 AB-I6S-02A20ブラウン


本革のレザーケースです。
以前使っていたプラスチックケースは擦り傷、日焼けでたった2ヶ月でボロボロ。
TPUケースはゴムっぽい手触りで安っぽい。
手帳型は個人的に避けたい。
本革のケースを試してみたくて購入。
手に持った時の感触が良いですね。
満足度は高いです。
ただし、手の乾燥具合で滑るときがあります。
実際滑って落下させてしまいました。


(4) T-Crystal / iphone6s ケース iPhone 6 ケース スタンド付 メッシュケース TCIP6SCMEBK (ブラック)

レザーケースを買った後に追加で購入。
普段使いはレザーケースが良いけど、熱対策は良くない。
ポケモンGOのレイドバトルをするとかなり熱を持つので放熱性の高そうなものを追加で購入しました。
メッシュケースですが熱くなりにくいわけではなく、熱くなっても熱を逃がしやすく冷めやすいのがポイント。
背面を完全に覆う一般的なケースは熱が逃げなくてなかなか冷えないようです。
このケースは二層構造でサイドフレームはTPUで本体に傷つける事無く取り付け出来て、背面はプラスチックでがっちりガードしてくれます。
価格の割に満足度の高いケースです。
取り外しは簡単なので普段はレザーケース、週末にポケモンを遊ぶ時はメッシュケースと言った使い分けになりそうです。


(5) Finon(フィノン)ヒートディスペイションシステム ガラス+PC+TPU iPhone6 Plus/6s Plus専用 ブラック

iPhone6sPlus用のメッシュケース。
iPhone6s用とまったく同じデザインでどう見ても同じ商品。
ガラスフィルムがついている分、若干高い。
iPhoneXを購入するために買取に出したため、もう本体は無くなりました。


熱対策はこれでOK。
実際夏の間使っていましたが熱がこもりにくくなって快適に使えました。
次に充電環境を整えるべくモバイルバッテリーや充電器を調べてみました。
大容量のモバイルバッテリーが欲しくて検索すると1500円から5000円とかなりの幅の商品がある事が分かりました。
色々あるけど私は以下の点に注目して選択しました。

1)本当に規定容量あるか
2)重量、形状
3)急速充電に対応しているか
4)モバイルバッテリー自身の充電時間

1)本当に規定容量あるか
20000mAhと記載があっても実際に20000mAhあるか分かりません。
特に安すぎる商品は怪しいです。
Amazonの商品レビューで測定結果を掲載してくれている人がいらっしゃいます。
そういうレビューがある商品であればある程度安全と思います。
なお、実際に充電できる容量は6,7割程度が相場です。
充電ロスですね。
20000mAhのモバイルバッテリーでおよそ12000~14000mAh分くらいのスマホを充電できる計算です。

2)重量、形状
バッテリーの種類によって若干重量は違うものの基本的には容量と重量は比例します。
容量に対して軽すぎるものは怪しいです。
私は最初に11500mAhで170g、薄型と言うスタイリッシュなバッテリーを購入しようと思いましたが
低評価を付けている方のレビューを読むと定格はもっと小さく6000mAh程度しかない事が分かりました。
6000mAhで170gは逆に重い部類です。
あやうく無駄な買い物をするところでした。
自分の感覚では以下の重量が妥当な重量に思います。
5000mAh 100~150g
10000mAh 200~250g
20000mAh 350~450g
形状は内蔵しているバッテリーに依存します。
中身は単三電池みたいな円柱で20mmくらいのバッテリーが入っており、それが厚みになります。
もう一つはコストがかかる代わりに薄い板状に出来るバッテリーがあります。
スマホと一緒に持ち歩くなら薄くて軽い方が持ちやすいです。
必然的に容量も小さくなります。
そういう意味で20000mAhは使い勝手が悪いです。
アウトドアとか車中泊の時は役立ちそうです。

3)急速充電に対応しているか
iPadは7000mAh程度のバッテリーを搭載しています。
これを1000mAの電源で充電しようと思うとおおざっぱに7時間かかります。
充電時間を短縮するために出力は最低2A(2000mA)対応品が望ましいです。
モバイルバッテリーおよびスマホがQuickCharge3.0対応であれば更に倍の速度になります。
ただし、QuickCharge対応品はそれなりに割高になります。

4)モバイルバッテリー自身の充電時間
もう一つ見落としそうで重要なのがモバイルバッテリー自身の充電時間です。
20000mAhを2A(2000mA)で充電しようと思うと10時間かかります。
実際はもっとかかると思うし一晩で終わらないかもしれません。
商品の中には2A、2本接続で4A充電するものがあります。
これなら夜中に充電ができます。
他にもQuickCharge3.0対応のものがあり、これも5~6時間で充電できます。
ここまで容量が大きくなると充電時間も重要な選択条件になります。



(6) 【Qualcomm認証済 Quick Charge 3.0】20000mAh 大容量 モバイルバッテリー Darway ポータブル スマホ充電器 急速充電 3ポートQC3.0/Type-C/Lightning対応 残量表示 Nintendo Switch NS ゲーム機 /Xperia / Galaxy / iPhone/iPod/Android スマホ/タブレットPCなど対応

検討した結果、定格がレビューで明らかになっており、重量は400gで妥当、
入出力両方ともQuickCharge3.0対応と言うこの商品を購入するに至りました。
画面上で充電パーセントが表示される点と、現在の入出力モードが分かるのも良いです。
なおかつANKERなどのメジャーなものに比べて安いのもポイントが高いです。
商品名はWEBページには書いていませんが「GT2017 Plus Black」です。
抵抗入りのType-Cケーブルで充電器と接続したところ、12V1.5A表示されたため、QUCIKCHARGE充電が出来ていると思います。


(7) AUKEY USB充電器 ACアダプター Quick Charge 3.0 搭載 スマホ充電器 55.5W 5ポート 5台同時充電可能 usb急速充電器 iPhone、Android各種対応 PA-T15

モバイルバッテリーを充電するためにQuick Charge対応の充電器を購入。
QC3ポートが18W、USBポートが合計36W、合わせて54Wとなっています。
特に問題なく使えています。
ダイソーのスチールラックで充電台を作りました。
100均ですが部品代で800円くらいかかりました。


(8) Selectec モバイルバッテリー 6000 mAh 超コンパクト ストラップ付き 急速充電可能 iPhone iPad Xperia MacBook Android各種他対応(ホワイト&グレー)

薄型でiPhone6sくらいのサイズ。重量も140gでほぼ同じ。
これを待ってました。
iPhoneと重ねて毎日持ち歩けるモバイルバッテリーです。
当然容量も少ないですがそれでもiPhone6sを2回充電できる容量。
余裕をもって一日利用できます。
ポケットでも鞄でもとにかく邪魔にならないのが良いです。


(9) Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル 【Apple MFi認証取得 / 高耐久ケブラー素材 / 結束バンド付属】iPhone、iPad、iPod各種対応 (ホワイト 1.8m)

定番のAnkerのケーブル。
しかし上記の薄型モバイルバッテリーでは何故か認識せず充電できませんでした。
他のモバイルバッテリーや充電器では使えるので相性ですかね。


(10) Anker プレミアムライトニングUSBケーブル Apple認証 コンパクト端子 ホワイト0.9m A7101021

上と違って6000mAhのモバイルバッテリーでも使えました。
安いし手軽に使える1本です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« キーボードとマウスいろいろ... | トップ | iPhoneXと傘 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事