TICOブログ

TICO最新情報をお届けします。

ゆず狩り

2011年11月15日 | イベント参加
11月13日の気持ちのいい日曜日。
毎年の恒例イベントとなっているゆず狩りがありました!

感想を一言でいうと、「素敵な日曜日を、本当にありがとうございました!」(もはや一言じゃない)という感じでした。
このイベントを開催して下さったのが、人手不足や高齢化などで放置されたままになっている地元のゆず畑を管理している
わらびの会」の皆様毎年秋になるとゆず狩りのイベントを開催し、収穫して得た収益金を、TICOに寄付していただいています。
TICOも毎年このイベントに参加し、収穫をお手伝いしています。今年は41人の方が参加してくださいました。

さて、ゆず狩り当日の朝。木屋平中学校に集合し、川や山の美しい景色を眺めながら、山道をてくてく…
そこに現れたのがゆず畑



一歩足を踏み入れてびっくり!ゆずの香りであふれていていました
私はあんな体験をしたのが初めてだったので、しばらくはゆず狩りもせずについついずっとゆずの香りをかいでいました
さて、早速剪定バサミと高枝切りハサミで作業開始。ゆずは繊細で、とった時にヘタの部分の枝をきれいにきっておかないと
傷んでしまうそうです。また、落としたらそこから傷んでしまうから、慎重に扱わなければいけません。



そうして作業をすること約2時間。

なんと…

おやつターーーーーイム!!!

ボランティアの方々が手作りしてくださったおまんじゅうでしたおいしい~
そしてどうやらお昼はカレーを用意して下さっているというのを聞き、やる気満々で作業に再び戻ります
驚きだったのが、ゆずのとげはとても固いことです。
長いものだと、5センチ以上(!)にもなります。
さくら農園のある方のお話では、去年は固いシューズの底を貫通して刺さったそうな…
当日は全員皮の手袋を着用していました。
とげに注意しながら、葉や枝に隠れて取り残されていたゆずを発見したときは「やった!」という感じで、
私の友人が「これってなんか狩りって感じだよね~と言っていたのを聞いて、
「なるほど…」と思ってしまいました。(本来の由来はわかりません…)

そしてカレーのにおいが漂ってきたころ…お昼ご飯の時間がきました
みんなで食べるカレーは格別においしい!



昼食後には、ザンビアの人々からのメッセージビデオも入ったスライドショーで、支援者の方々にこれまでの活動を報告しました。
昔の写真もいくつかあり、写真が移り変わるごとに「あ~」とか「お~」という歓声が。
木屋平でゆず狩りをしながらスライドショーを見ていると、色々な人の協力のもとで、手に持っているゆずが違う形で写真の中の
ザンビアの人たちに届く長いプロセスを感じることができました。そして「つながっているんだなあ」と実感しました



そして、わらびの会の方のお言葉にとても感動しました。それは、

「金額の大きい小さいではなくて、こうしてみんなで集まる場があることが大切」

というお言葉です。



わらびの会の方々の温かさに、とてもじーん…ときた瞬間でした。

そして最後に!おいしいおぜんざいをいただきましたー!これがまたお漬物とよく合う…
こんな素敵な時間が持てたのも、わらびの会の方を始めとした多くの方々がゆずのお手入れをいつもしてくださっているから。
いつも本当にありがとうございます。そして、お忙しいながらも参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
また来年もご参加をお待ちしています


〇付けたし〇
次の日、手にたくさんの傷跡ができていました。今回日本旅行中に徳島に立ち寄ってくれた私のアメリカ人の
友人も、次の日頭にひっかき傷を発見!ゆず、あなどりがたし!次回はヘルメット持参しようかな…

近々このゆずの皮をお風呂にいれてみようと思ってます

文責:事務局(伏見)



最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。