タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

<餌場の貴公子 (ツグミ)>

2015年02月28日 08時14分05秒 | 自  然
 <2月27日=吹雪の中を第1給餌箱を訪れたツグミ>

P1050378

 <2月21日=第2給餌箱でシジュウカラと仲良しこよしのツグミ>

P1050378


<我が家で作るツブの刺身>

2015年02月27日 13時10分24秒 | 行住坐臥
 <女房がスーパー「雷さとう」で購入したツブ>

P1050378

P1050385

 <女房が作ったツブの刺身>

P1050453


<イトーヨーカ堂釧路店のチラシをよいしょ>

2015年02月26日 11時31分27秒 | 行住坐臥
 <2月25日付『北海道新聞』の折り込みチラシ参照>

P1060706

 <イトーヨーカ堂釧路店特製の北釧鯖製品>

P1060698P1060664

 <「釧路初」と謳った「さばライスバーガー」と「さばバーガー」>

P1060640

P1060631P1060692 2月25日付『北海道新聞』にイトーヨーカ堂釧路店の特売折り込みチラシが入り、「釧路うまいもの祭」と大書された紙面に、北海道・釧路ブランド「北釧鯖」を加工した製品が大きく掲載されたので、女房に足を運んでもらった。
 お目当ての新製品「さばライスバーガー」と「さばバーガー」のほかに、釧路で水揚げされたサバのうち特に脂のある大型魚を加工した「塩さば・さば昆布醤油油干し・さばみりん干し」も加わり、女房の買い物バッグはさば尽くしだった。

<平方根の手計算による解法>

2015年02月25日 14時09分46秒 | 学芸文化
 <平方根の手計算による解法>

P1060601

  HP「測量士と測量士補の資格試験対策 WEB
  測量雑学「平方根の手計算による解法

 <加減法による5の平方根の求め方>

P1060585P1060594 今は、表を見れば済むということで、高等学校の数学で平方根の手計算解法を教えないし、表の近似値を暗記させることもしないが、私が高校生の時は、手計算もしたし暗記もした。
 今回は、たまたま都合で「測量士と測量士補の資格試験対策 WEBというホームページにアクセスし、「測量雑学」のページを閲覧する機会があって、突として少年期の思い出が蘇った。
 まだ脳の機能は衰えていないようで、 √5 は小数第11位まで簡単に計算できた。昔懐かしい「富士山麓オーム鳴く」である。手元の「平方・立法・平方根・立方根の表」(中村幸四郎『チャート式 基礎からの数学IIB』数研出版、1965)には近似値 2. 2361 とある。
 画像<中段>の計算式は、形を整えるため、手書き数字を元に別紙にゴム印を押して作成した。


<釧路産ニシンを食する>

2015年02月24日 13時23分22秒 | 行住坐臥
 <北海道におけるニシンの系群分布図 (筆者作成)>

ニシンの系群分布

 <女房がスーパーで購入した釧路産ニシン>

釧路産ニシン

 <2月23日の夕餉の食卓>

夕餉の食卓

 北海道でかつて漁が盛んだったニシンは広範囲の海洋を回遊する広域性の北海道・サハリン系群で、この系群は、昭和28年の記録的大漁を境に漁獲が激減し、その後数年でほとんど姿を消した。
 現在漁獲されているニシンは、固有の湾や湖沼及びオホーツク海北部沿岸に産卵する回遊範囲の狭い地域性の石狩湾系群・オホーツク系群・サロマ湖系群・能取湖系群・風蓮湖系群・厚岸湖系群・湧洞沼系群である。
 女房が購入した釧路産ニシンは、距離的に近い厚岸湖系群ではなくオホーツク系群である。4匹で245円と安価だが、すべてカズノコ入りで、魚体が大きく脂ものっていて美味だった。

<出版物等の引用表記>

2015年02月23日 09時37分52秒 | 学芸文化
 <某大学教授の引用表記>

大学教授

  ブログ「今日の研究日誌」
  2月19日「LE CAPITALを読む


 <『21世紀の資本』の仏語原本>

仏語版

  Thomas Piketty, Le capital au XXIe siècle, Seuil, 2013.

 <『21世紀の資本』の英語訳 (左) と日本語訳 (右)>

英語訳

日本語訳

  Thomas Piketty, Capital in the Twenty-First Century, trans.
    Goldhammer, Belknap Press, 2014.
  トマ・ピケティ『21世紀の資本』山形浩生・守岡桜・森本正史 訳、
   みすず書房、2014。

 出版物等の引用表記については、多くの組織あるいは分野でそれぞれ異なったルールが定められていて、その煩雑さは「くぎり符号」や「ら抜き言葉」の比ではない。異論があるのを承知の上で、最大公約数的基本ルールを示す。

■ 欧文書籍の標題は、イタリック体 (または斜体) とする。
■ 邦文書籍の標題は、二重カギ (『』) で括る。
■ 表記は「著者・標題・版元・発行年」の順とする。
■ 翻訳書は「著者・標題・翻訳者・版元・発行年」の順とする。
■ 欧文語 (句) を地の文と区別するときは、シングルまたはダブルクォーテーションで括る。
■ 邦文語 (句) を地の文と区別するときは、一重カギ(「」) で括る。
■ 邦文での列挙には「くぎり符号」のナカテン (・) を使う。

 挙げれば挙げるほど異論が頻出し切りがないので、この辺で終わりにする。通常の書き物であれば、上掲ルールで十分用が足りる。逆に言えば、このルールが守られないようでは物書きとしてちと心許ない。

<横書き日本語の「くぎり符号」>

2015年02月22日 10時38分08秒 | 学芸文化
 <横書き日本語の「くぎり符号」にかかる問題提起>

p1060529

  ブログ「ゴミ箱の中の雑記帳」
  2005年7月2日「点と丸とカンマとピリオド


 <現代日本語の標準的タイプ>

p1060513

  ブログ「書道四方山話」
  2013年1月15日「宋の四大家のひとり、黄庭堅

 <文部科学省「公用文作成要領」追随タイプ>

p1060537

  某大学の学位記授与式の案内状

 <自然科学系「論文作成基準」誇示タイプ>

p1060523

  ブログ「今日の研究日誌」
  2015年2月21日「能ある鷹は爪を隠す

 分野ごとに、それぞれルールが決められていたり、あるいは決められていなかったりするので、一概に「これは正しくあれは間違い」とは言えない。ま、形式張らない日常的な文であれば、縦書きと同様に横書きでも句読点を使う人が多いのではなかろうか。私の場合は、論拠云々ではなく好みという単純素朴な理由から、どのような場合でも、横書き日本語にカンマやピリオドは用いない。「追随」と「誇示」に私のスタンスを示したつもりである。

<余談>「今日の研究日誌」さん、「先生がた」と「先生方」は、どちらかに統一しなくていいの? いつかブログになにか書いてあったような気がするが、いやいや、浅学非才の私ごときには計り知れない高邁な使い分けの論理があるのだろう。

<カレー専門店「からす亭」で昼食>

2015年02月21日 11時07分44秒 | 行住坐臥
 <2014年11月14日付『釧路新聞』第6面の記事の見出し参照>

p1060486

 店主の佐藤さんが魚介類の入ったマイルドカレーをPRしている。

 <2月18日付『北海道新聞』夕刊・第12面の「てくてく」参照>

p1060031p1060488

 「てくてく」第844号の特集記事の取材で「釧路市民のごひいき店 長く愛される秘密」を尋ねられ、「からす亭」店主の佐藤さんは「味を変えないこと」と答えている。

p1060141p1060026

 画像 (左) は筆者撮影、画像 (右) は上掲『北海道新聞』から転載。

 <2月20日に私たちが注文したカレー>

p1060169p1060175

 月に1回か2回、釧路労災病院で診察を終えてから、運転手役の女房と「からす亭」で昼食を食べるのを楽しみにしている。この日は、税務署での所得税の確定申告書提出があっさり完了し、時間に余裕があったので、車を幸町から中園町まで回してもらった。
 私は定番のカツカレー(画像<上>)、女房は佐藤店長お勧めのビーフタンカレー(画像<下>)(許諾を得て撮影)。どちらにもスープ・コーヒー・アイスキャンディーが付く。ビーフタンカレーはサラダが別皿。カツカレーより価格は高いが、「丁寧に煮込まれた肉が口の中でホロホロと軟らかくほどけ、コクのある辛めのルーとよく合う」と謳うとおりの味だった、と女房は満足。ささやかながら贅沢を味わうことができた。

<平成26年分・所得税の確定申告>

2015年02月20日 13時54分07秒 | 行住坐臥
 <確定申告にかかる釧路税務署からのハガキ>

p1060138

p1060129

 画像 (左) ハガキ第1面 平成26年分確定申告の受付期間及び納期限等
 画像 (左) ハガキ第2面 平成26年分確定申告の作成に必要な情報
 画像 (右) ハガキ第5・6面 国税庁HP「確定申告書作成コーナー」案内


 <確定申告にかかる提出書類等>

p1060109

p1060122

 画像 (左) 申告書B第一表及び第二表、公的年金等の源泉徴収票等
 画像 (右) 医療費の明細書及び領収書等

<書類ケースを携え釧路地方合同庁舎 (釧路税務署は二階) に入るタック>

p1060163

 毎年同じことの繰り返しだが、国民の祝日<建国記念の日>が過ぎると、じきに税務署で所得税の確定申告書の受付が始まる。4百万円に満たない公的年金から毎月所得税が差し引かれていて、諸控除の合計額によっては税金が還付される可能性があるので、申告書の作成には力がこもる。
 ま、昔のように摩滅した算盤の玉をはじくとか大仰な計算機のキーをたたくというようなことはないし、収入と所得の数字が並んだ表を睨みながら課税所得額を自ら計算することもない。国税庁のホームページの「確定申告書作成コーナー」にアクセスし、淡々と数字を入力すると、わずか30分の作業で納付あるいは還付の数字が出てくる。昨年同様、今年も還付と相成った。金額の多寡を問わず、搾り取られた税金が戻るのは欣快に堪えない。

<モンキーツリー開花>

2015年02月19日 10時58分46秒 | 園  芸
 <2014年11月12日挿し木のモンキーツリーが開花>

p1060041

 昨年11月12日に挿し木したモンキーツリーが無事活着、丈が伸び、蕾が上がり始めたのが1月28日。一日千秋の思いで開花を待つこと3週間。2月19日の朝、ようやく三分咲きとなった。

p1060052p1060047

 開花を待つのが長かっただけに喜びも一入だが、花は細長い特殊な形状を呈していて、花弁・萼・苞などの構成について、私は全く知見を有しない。どなたか正確にご教示いただければ幸いである。