タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

北海道内22信金の2017年9月中間仮決算

2017年12月10日 10時11分03秒 | 政治経済

※1 画像は、ポインターを当ててクリックすると拡大できる。
※2 金額の単位は百万円。括弧内は前年同期比で百分率または倍数。
※3 1月に旧函館・江差両信金が合併してできた道南うみ街信金の増減
 率は、昨年度の2信金の仮決算の合計数値を基に算出。

 北海道信用金庫協会は6日、北海道内 22 信金の 2017 年9月中間仮決算を公表。すべての信金で預金残高が前年同期を上回り、業務純益と純損益の黒字を確保したものの、貸出金残高が8信金で、業務純益が 15 信金で、純損益が 13 信金で前年実績を下回る厳しい結果となった。

 とりわけ、本業の儲けを示す業務純益の低迷は、今後の経営の先行きに暗雲が垂れ込めていることを示している。マイナス金利政策に加え、人口減や少子高齢化社会に伴う経営環境の悪化が、預貸率の低下に繋がっており、一口に経営基盤の強化と言っても、容易ではないだろう。茨の道は避けられない。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 釧路市の福司酒造が数量限定... | トップ | 暦どおりサラサドウダンのて... »

政治経済」カテゴリの最新記事