タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

明るい草地の縁で陽に照り映えるマイヅルソウの葉と白い小花

2018年06月13日 09時42分39秒 | 自  然

 昨日投稿の「コンロンソウの白花」(画像については こちらをクリック)に続いて、コンデジで撮影が難しい白い小花。撮影地は北海道釧路町別保原野、場所は木漏れ日の藪から一転して、明るい草地の縁。

 径5㍉の小花が多数付いて総状花序をなすマイヅルソウは、毎年撮影を試みて失敗する、タック爺が苦手とする植物である。今回も上掲画像のごとく芳しくない結果となった。またも外野席から「腕が落ちたな、爺さん」と声がかかりそうだ。実際のところ「なにカメラのせいだよ」とばかり言えないか。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「木漏れ日の藪に茫と浮かぶ... | トップ | 「アブラコゴミのサラダ」と... »

自  然」カテゴリの最新記事