タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

「かさ」の色だけ見ればエノキタケに似て紛らわしいニガクリタケ(猛毒)

2018年10月20日 17時29分34秒 | 自  然

 10 19 日午後1時 45 分頃、厚岸群界林道(北海道厚岸町)沿いの針広混交林で撮影。

 キノコ図鑑は、ニガクリタケの「かさ」の色を「表面は硫黄色、中央部はやや黄褐色」と記しているが、実際は千変万化、著しく変化に富む。

 上掲画像の「かさ」はエノキタケに似て紛らわしい淡黄色。ひっくり返して「ひだ」を見て、明らかにニガクリタケと分かる。君子ならずとも、危うきには近寄るべからず。くわばら、くわばら。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 同じ柳の木の下の2匹目のド... | トップ | 「お爺ちゃん、私のこと忘れ... »

自  然」カテゴリの最新記事