タックの庭仕事 -黄昏人生残日録-

  <タイトルは「庭仕事」ですが、残日録には他の分野も含まれています>

画質は良くないが、ようやく対で揃った雌雄のエゾシカ

2017年10月18日 17時36分46秒 | 自  然

 今月6日に北海道標茶町近郊の牧草地でエゾシカの雌を撮影した後、ついでに雄も、と狙っていたが、なかなか機会に恵まれなかった。

 しかし十日後の 16 日、厚岸町の厚岸群界林道支線の沢沿いでオソムキタケを探していて、不意に林道縁のハンゴンソウの陰から出現した雄に遭遇。慌ててカメラを構えシャッターを押したが、たった3枚で逃げられた。

 逆光に焦りが加わって、上手く撮れなかった。ま、雌との体型の違いは分かるので、恥ずかしながら本日アップ。角(つの)の形状から3歳と思われる。雌と同様に、当方を警戒して両耳を欹てている。

再び「余計なお世話」だよ、『北海道新聞』の衆院選道内終盤情勢分析なんて

2017年10月18日 09時47分26秒 | 政治経済

※ 上に掲げた衆院選道内終盤情勢の概略は、10 月18 日付『北海道新
聞』第8−9面の見出しを基に筆者作成。

 10 12 日投稿の「余計なお世話」(画像はこちらをクリック)の続編。

 北海道新聞社は、15 −16 日に実施した衆院戦に関する全道世論調査に取材内容を加味し、衆院戦道内終盤情勢分析結果を公表した。

 序盤分析情勢について述べたように、私は、このような投票日前の世論調査は有権者に予断を与えるもので、有害な雑音だと思っている。

 しかも、この新聞の紙面の至る所に溢れる革新贔屓の色合いが、この調査結果にも滲んでいて、投票を誘導しようとする魂胆が透けて見える。