TIBと仲間たち

TIB(トロピカルインモラルボーイズ)と素敵な仲間たちのブログです。

謹賀新年

2018-01-14 10:54:27 | 日記
 って、もう1月も中旬です。今年いちばんの寒波で指もココロも凍えながらの更新です。
 年明け早々、仕事が忙しくて、さらに躓きながら少しずつしか進まない事にイライラしています。
 今年初の本の紹介コーナーです。あらためて整理して見ると、ライブです前も、今もあまり読めていないなあ。

 先ずは、コミックス
 
 『ルーヴルの猫』松本大洋
   ルーヴルに住む猫達と職員のおはなし。
   この絵、このファンタジーに酔え!
   最近ルーヴル美術館は
   マンガやバンド・デシネとコラボ多いな。
   ニコラ・ド・クレシー『氷河期』
   エンキ・ビラル『ルーヴルの亡霊たち』もお勧めです。
   そろそろバンド・デシネも特集しますかね。

 『八雲百怪』大塚英志+森美夏
   北神伝綺、木島日記に続く民族学シリーズ。
   柳田國男、折口信男ときてラフカディオ・ハーンです。
   1・2巻は2009年初版。8年経っての3・4卷。
   年末の嬉しいプレゼントでした。
   1巻なんぞは小口黄ばんでます。

 『地底旅行』ジュール・ヴェルヌ+倉薗紀彦 
   テラ・インコグニタものの古典。
   当時の博物学をも取り込んだ
   ヴェルヌの大傑作の漫画化。
   月世界旅行、15少年漂流記、ああ甦る少年時代。

 『ソラニン』浅野いにお
   人生の落とし所に迷うさまざまな青春群像劇。
   2005年週間ヤングサンデーに連載され、
   2010年映画化もされました。
   新作加えた新装版見つけひさびさに一気読み。
   なんか涙出ました。
   同時に発売された自伝的?作品『零落』は
   ちょっと痛過ぎかな。

 『パン屋再襲撃』村上春樹+PMGL
   村上春樹をバンド・デシネで読むシリーズ。
   全9巻予定。
   またまたBD。大好きなBDについてはいずれ詳しく。
   絵的にというより、企画にひかれて。
   どんなシリーズになるんでしょう?
   という期待を込めて。


 
 続いて、こないだ整理したのに
 ベッド周辺でまた倒れそうなくらい積み上げられた本達から

 『大嘗祭』工藤 隆
   平成ももう直ぐ終わり、新たなる天皇の時代に。
   謎の多い儀式のルーツを探り、考察する。
   日本人のアイデンティーとは。
   『三種の神器』戸矢学も合わせ読みを。
   天皇がらみで、『応神天皇の正体』は関裕二さんの
   書籍では最近イチオシ。

 『陰陽師 蛍火の巻』夢枕 獏
   言わずと知れた安倍晴明モノの傑作。
   旅行のお供にいつも鞄に入ってます。
   そういえば『空海』って映画が中国で!制作された。
   原作は貘さんの『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』
   映画観る前に、もう一度司馬遼太郎の『空海の風景』と
   読み直さないと。

 『未必のマクベス』早瀬 耕
   久々のハードボイルド。
   救いようのない事しているのに、この切なさは何?
   ある意味ラブレターです。

 『イノセントデイズ』早見和真
   静かで壮絶なラスト。
   とにかく読んで、心震わせてください。

 『バビロンの架空園』『極楽鳥とカタツムリ』澁澤龍彦
   澁澤の著作からの編集モノ。入門としてどうぞ。
   どこから読んでも、いつ読んでも、青春時代の
   無能で無知に打ちひしがれている自分と逢えます。

 『珍奇な昆虫』山口 進
   ジャポニカ学習帳の表紙でお馴染みのカメラマンの
   冒険旅行紀、おたから写真集。
   昆虫学者です。子どものころの憧れです。
   もうひとつ、昆虫で
   『バッタを倒しにアフリカへ』前野ウルド浩太郎
   もおもしろい。
   
   
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 色々な人が集まれること、こ... | トップ | 般若心経 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます! (坂本)
2018-01-16 12:33:03
オススメの本のブログ、お待ちしていました。
気になりながらも読めていなかったものが数冊記載されていたので、そこから入っていきたいと思います。
退院後は私も、枕元に山と積んで読み耽ります。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事