部長職のお仕事
執行役員としての日々と趣味についてです
 



6月最初の更新です。
先週金曜日に人生初のぎっくり腰になりました。
腰痛持ちの皆さんの大変さを実感しています。こればっかりは自身がなってみないとわからないですね。
だいぶ治ってきましたが今日時点で一進一退。

さて、静岡HSが終わってもうすぐ一ヶ月。
今年初め、年末年始休暇中に仕上げるはずだった旧キット06R、いまだ作製が続いています。
今日は再開した後の進捗紹介です。
前回記事は実に4か月前の2月(汗)→ココ
脚部脛の整面と頭部のパイプの比較紹介でした。

作業は脛とふくらはぎのディテール再生から。
脛の延長作業前に切り離したディテールの整面。


一つ一つのパーツを現物合わせし、脛との取付角度を合わせています。

脛の延長とそれに伴う整面により脛の各角度が変わっているので、地味なこの作業をやらないと隙間だらけになります。
結構大変。

出来るだけもとの雰囲気を再現しようとしています。


燃料カードリッジも脛の延長に合わせて長さ延長。


厄介なふくらはぎの動力パイプは、手持ちジャンクから他のパイプを拾ってきて、加工して取り付け。
ふくらはぎのパイプ基部はプラ板で適当に作っています。


再構築途中の画像。




前後しますが、画像に出ているジャイアントバズーカ。
これはキットには無いので、他の旧キットから流用。


鷲掴みにするために右手の指先を曲げる加工をしています。
親指を広げて、他の指をバズーカの沿面に沿わせています。


こんなポーズで持たせています。


続いて、背面ランドセル。
キットの問題は、整流フィンが真っ直ぐになってて、なんとなく雰囲気が無いこと。
このため、フィンの角度付けの作業を行いました。

向って左が加工後。

フィンの根元軸から切り離し、途中で角度変更してそれらしく加工。


基部の大きな排気ダクト(?)のフィンは薄々攻撃して、それらしく。


脚部のノズル、ランドセルのノズルはさすがにキットパーツでは苦しいので、市販のオプションパーツから。
縁を薄々攻撃。


で、作業終了。
こんな感じになりました。
















パーツを洗って、仕上げサフに入りたいところですが、腰がまだまだ言うことを聞いてくれないので、またしばらく放置かな。
オラザクに向けた作製にも入らないといけないしw







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




遅くなりましたが、2019年度の静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同作品展の振り返り。

今年も倶楽部ディフォルメ屋から参加させていただきました。




今年の企画はコレ!


ディフォルメ エルガイムMKⅡでバスターランチャーを構えるポーズで参加しました。


一般ディフォルメにはamonさん原型のディフォルメ ビルバインで参加。


あと中京AFVの会に参加した「Light in The Darkness」を展示させていただきました。


今年も楽しいHSでした。皆さんに感謝!!!


倶楽部ディフォルメ屋の皆さんの作品はダイさんがブログで綺麗に見やすくまとめてくれていますので、是非参照ください。
こちらから → 「GUNPLA LIFE」 2019 静岡ホビーショー レポート その1 







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ディフォルメ エルガイムMKⅡの完成写真です。
作製についてはリンクを参照ください。



















本体灰色:クレオス 灰色9号+ネイビーブルーを少量
本体赤色:クレオス シャインレッド
本体黄色:クレオス サンディブラウン
腹部、ソーラーバインダ:クレオス ファントムグレー
ブースター:クレオス ネイビーブルー
バスター砲身:クレオス ジオン軍グレー
バスター基部:クレオス ネイビーブルー

塗装はほぼ取説通りです。


作製中のモチベーションアップはこれを眺めて。


作製過程はこちらから。
その1
その2
その3
その4
その5

今回の作製にあたっては、aspさんの超絶作品をずいぶんと参考にさせていただきました。
有り体に言えばバランス取りなどの部分はほぼトレースさせていただいてます。
aspさんの超絶MKⅡはこちらから → ここ
本当にありがとうございました。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




怒涛のお祭り、静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同作品展から早や一週間。
ようやくゆっくりとブログ更新もできますw

さて、本日は一回読みきりのガレージキットのビルバイン作製記です。

このビルバイン、超絶ディフォルメABを沢山造形されているcosmic_plasticのamonさん原型のガレージキットになります。




キットのままでも素晴らしい!

キットの状態であの1/48旧キットのパッケージ画の雰囲気が十分再現可能です!

さらにパケ画に近づけるために足指の改修を実施。
指関節でいったん切り離し、角度を変えて再接続。隙間はエポパテで埋めています。


こんな角度で。


右足は膝を曲げるので、キットの通常範囲より大幅に角度を変えて取付。隙間はエポパテで埋めて、オーラマルス風のディテールをつけました。
途中作用画像はありません(汗)

腕、肩の位置も大きく振ってパケ画に近づけます。
肩アーマーが大きく干渉するので、干渉部分の切り取り等の調整を繰り替えしました。
途中作用画像はありません(大汗)

サフを吹いて修正しながら確認。


塗装は以下の色合いで。
基本はクレオス
下地 :ミッドナイトブルー
白部分:灰色9号
赤部分:レッドFS11136
青部分:ブルーFS15050
黄部分:ダークイエロー
目部分:キャラクタイエロー
灰部分:ジオン軍グレー
エンブレ部分:エナメル金

マスキングを繰り返しながら塗装。


エンブレはエナメルで塗装し、適当にふき取り。


マスキング剥がしで一部塗装膜を持っていかれたりとかトラブルも散見。

一部剥がれているがわかりますか?

あわせてベースの作製。荒れた海をイメージ。
木製台の上に石膏粘土で波を適当に。


色付けはアクリルガッシュにて適当に。


上からグロスのメディウムを塗り、波頭はそれ用の情景ペーストを塗り...



で、完成です。
GW中に塗り上げたので雑なところもあちこちありますが、amonさん原型のカッコ良さを堪能しました。
















amonさんガレージキット、楽しんで作製できました。
SCMまでにはもう一つ作って並べたいですね。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いよいよGW連休の最終日。

5/11,5/12の静岡ホビーショーモデラーズクラブ合同作品展、倶楽部ディフォルメ屋の企画展に参加する作品作りにほぼ全日程を費やしました。
10連休で無ければ終わらなかった(まだ全部が完成していませんが)
そういう意味で、工数読みの弱さを痛感した今回の作製。
中京AFVの会参加の作製に引っ張られ、取り掛かりが遅くなったことが原因ですが、複数作製を上手くコントロールできるようにしないとお尻で苦労することになりますね。
複数作製の時の作製モチベーションをいかに保つのかも重要なカギ。

連日の睡眠不足もあり、正直、今日現在でかなり疲労困憊している(長期休みでの休養には全くなってない)ので、来年は(今後は)やり方を見直そうと改めて思っています。
まぁ疲労困憊と言っても、仕事のストレスに比べると屁でもないのですがw


さて、エルガイムMK2の作製記事は一応、今回が最終回です。

前回記事はマスキング剥がしまで紹介してました。

全部を剥がして、塗って、リタッチして、並べたのがこの画像。


本体灰色:クレオス 灰色9号+ネイビーブルーを少量
本体赤色:クレオス シャインレッド
本体黄色:クレオス サンディブラウン
腹部、ソーラーバインダ:クレオス ファントムグレー
ブースター:クレオス ネイビーブルー
バスター砲身:クレオス ジオン軍グレー
バスター基部:クレオス ネイビーブルー

バスターのエネルギーチューブはキット付属のチューブだと垂れた形状が作り難かったので、市販のワイヤー(自遊自在)の2mmを使用しました。


で、一応完成画像。









さて今回の作製にあたっては、aspさんの超絶作品をずいぶんと参考にさせていただきました。
有り体に言えばバランス取りなどの部分はほぼトレースさせていただいてます。
そうでなければ、この短期間に完成にこぎつけられなかった...感謝感謝です。

で、じつはこの作品、まだ完全に完成と言うわけではなくて、これから台座を準備しないといけません。
掲載の画像は設置していますが、静岡HSでは台座に浮かせて展示の予定です。
GW最終日にしこしこと台座の作製。本当にギリギリの日程です(汗)


この作品、冒頭のように倶楽部ディフォルメ屋のこの企画展に参加します。


倶楽部ディフォルメ屋の卓位置はここです。

当日ご覧いただければ幸いです。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




GW6日目。半分まで来ました。
この5日間で出来たこと、このあと5日間で出来そうなことを考えるとギリギリ間に合うかどうか、微妙なところ。
エルガイムMK2だけなら終わると思いますが、ガレージキットのディフォルメ・ビルバインも並行作製のため、ギリギリ感が付いて回ります。

エルガイムは粛々と進行。
前回記事の最後の黒ベース塗装から進めて、本体塗装→マスキングと作業進行中です。
本体色はクレオスの灰色9号にネイビーブルーを少量入れて、少し青色にふったものを調色。


少し青色に振り過ぎた嫌いがありますねー もう少しグレー寄りにしたかった。やり直す時間と気力が無い...


写真だとかなり青が強く出て、ネズミ色に見えますね。
実物の印象は旧キット1/144の塗装ガイドとほぼ同じ色合いです。


各分の赤色はマスキング処理で塗装。
かなりのマスキング量でした。


ソーラーバインダ周りもマスキング。


赤は先の塗装ガイドに従ってシャインレッド。


少し赤が強すぎる感じですが... あとでフィルタリングで調整しよう。


他にはソーラーバインダーの濃いグレーはファントムグレー。
腹はジオン軍グレー
ブースターは塗装ガイドに従って、かなり迷いましたがネイビーブルー。でもこの色合いはどうなんだろね。

ディフォルメ屋の皆さんの完成作品や、進行中作品を見るにつけ、MK2、これでいいんだろうかと悩む日々w












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




GW4日目の更新です(汗)
そして平成最後の更新。

静岡HSまであと一週間を切りました。大焦り.....

お題のエルガイム。
倶楽部ディフォルメ屋のこの企画に参加する作品です。



「たまには動きをつけて展示しよう選手権-!!」ということで、バスターランチャーを構えたシーンを作ってます。
企画展なので、お、落とせません(滝汗)

さて、作製過程。

頭部を取り付けてみました。

首回りはaspさんと同じく悩みました。結局、最終的には適当な丸パーツを取り付けてカバー。

いったん、全体確認。

それなりのポーズが取れるようになりました。

あちこち加工しながら、見た目を確認。


ポーズも継続して検討。

頭部の位置バランスが今一つ。

ある程度ポーズを固めたところで、足回りを固定。
膝のアルミ線は設定と同じく板でカバー。
あわせて、股間は動力線ぽく、いつものオーラマルス処理。


足回りも整面しながら、ディテール処理。


ここで、胸の薄さが気になって来ました。
腰の厚みと胸の厚みのバランスがあってなくて、結果、全体の中での頭部の収まりが今一つの感じに結びついてました。

すでに工程は整面に入ってましたが、思い切って胸の幅増しに。
ぶった切りました。


2mm程幅増し。


頭の収まりもそれなりになったかな。


で、煮詰めも圧倒的に足りない状態ながら、サフ吹き。


サフも3回程やり直しましたが、パキッとした状態になる前に時間切れで下塗り開始。


さて、塗りの開始です。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




超久しぶりの更新となったブログ。
今週末はやや落ち着いた感じなので、ようやくエルガイムの”その2”の更新が出来ます。
画像などが溜まってくると更新がとかく億劫になりがちなので、やはり細目な更新が吉。

もはや前回記事の”その1”で使ってた画像や記事と進捗度合いの関連がわからなくなっている(汗)

前回記事に近い状態...


多分ここから脚を一段短くしています。

ふくらはぎ外側の凸が3つ分ある長さを、1コマ分減らしています(多分...汗)
最終的にはここからさらに1コマ減らして、凸1つ分まで短縮しています。


つづいて話がバラバラ飛びますが、ポージングのメインとなるバスターランチャーの加工。
全長で22cmあります。


あちこち切りやすいところでカット。


で、最終的には16cmまで短縮。


バスターと本体のバランスはこんな感じ。

脚部に干渉する部分はこのあと個別に処理して、干渉低減に努めています。

前述の脚部をさらに短縮した際の、バスターとのバランス確認画像がこれ。



つづいてまた話が飛びますが、背中の背負いものであるブースターを幅詰め。
前後画像が無いので申し訳ありませんが、中央部分の斜めになっている箇所で左右数mmカット。
また、上下も数mmカット。

内側基準で再構築して、外側ライン合わせにプラ板でライン再生し、最終的にはエポパテを盛って整形しています。

真ん中のパーツをつけてこんな感じ。

実際には少し追加工して、中央パーツがもう少し下側に取り付けられるようにしています。

つづいてソーラーパネル。
もとのパネルは結構デカい。

表面の凸で2コマ落として短縮しました。



先達のaspさん作例を参考に、脚部に記号を追加。あちこち調整、特にバスターと本体の干渉を調整して、こんなポーズが取れるようになりました。



画像が無くて、かつ説明を適当に端折っている腕・肩についてメモ的記載。
・前腕は左右で異なります。右前腕は中央部で適当に短縮。左前腕はキットのまま。
・二の腕は左右とも肩との連結側で2mm程短縮。
・肩はキットパーツのまま加工せずに使用。


つづいて今回記事の最後のトピックス、頭部について。
頭部は1/100旧キットの頭をそのまま持ってきています。


1/144と比べてかなりイケている面構え。

そのままだとさすがにダルさが目立つので、凹み部分を中心にカリカリと彫り込み。

かなり凶悪顔になりました。



じっと見ていると、目のあたりがダルイwww

で、さらにカリカリと削り込み。目力をつけました。
画像的にはあまり変わってませんがw






今週末がとにかく追い込みです。
ブログ更新の時間も惜しいw

しかし今日、明日は名古屋市民ギャラリー矢田で、あにさん、Takaさん、おぺさん、ラトキエさん、うーオヤジさんによる五人展が開催されているので、これは外せません。
明日は明日で用事があったり....まずまず時間管理をしっかりして、作製推進します。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




すでにひと月ちょっととなってしまっている静岡HS。
ディフォルメ屋の企画展に参加する作品を加速させないとと毎日焦る気持ち。

とりあえず進んでるところまでご紹介。

お題はエルガイムMKⅡ。
バスターランチャーを大仰に構えたシーンを作ります。

ディフォルメ機体でデカいバスターを構えるのを最初に計算して作る程の技量がないので、おおよその当たりで各パーツを作って、とにかくポージングを決めないと全体バランスが決められないという、いつもの素立ちのディフォルメ作品とは大きく異なるアプローチが必要な作品になります。

まずは当たりを決めるための各パーツ作製。
エルガイムMKⅡのデイフォルメにはaspさんの素晴らしい先達作品があるので、素立ちの場合はどのようなバランスになのかをイメージし易いので非常に助かります。

目指すはこのポーズ。


資料はこの辺りでモチベーションアップ。


まずは胴体。
元のパーツ。


肩を切り離します。これは完全に好みです。


腹も切り離し。


胸部を上下部分で少しずつ短縮。


この時点で様子見


肩の大きさも短縮。下部を少しカット。


腰部分を加工。元のキットの腰。


腰の幅を短縮。


続いて脚部の下加工。
ふくらはぎの凸をとりあえず切り離し。


脚の幅詰め。


ソール加工の下処理。
甲と足先を切り離し。


甲を脚の幅詰めにあわせて同じく幅詰め。


脚の長さ短縮を一旦実施。
元の長さのままだとこんな感じ。

少し短縮。


各パーツに接続軸の固定部分を設置して、アルミ線で接続。
ポージングを仮決め。


まぁ簡単に言うとヤバイ状況です(滝汗)
頑張ります...









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週末、中京AFVの会に参加してきました。もう25回なんですね。
猛者揃いの中、結果は...次回また頑張ります。

今回はこの記事の最終です。
途中写真が余りありませんが、明かり塗装を中心に紹介。

まずは明かり塗装のベースとなる状態がこれ。

その4、その5あたりで既に紹介済みですが、基本色はミッドナイトブルーでベタ塗。その上からネイビーブルー系の戦闘機色を適当にチョイスして、ごくごく薄く希釈してまだら塗装。イメージは若干の月明かり。

影になる黒い部分にはジャーマングレーやブラックをこれまた極薄に希釈してまだら塗装。
石畳の石一つ一つをMr.ウエザリングカラーのマルチブラック、グランドブラウン、シェードブルーあたりで適当に色付け。

闇夜と言えども明かりはあるので、まったくの闇ではないし、黒一色に塗りたくるとイメージが損なわれます。
闇は漆黒ではなく、青基調だというところがポイントかなと思っています。僅かな明かりで色目も分かるし。逆にこれが夜のシーンの厄介なところですが...

で、いよいよ明かり塗装。

写真を撮り忘れましたが(汗)、まずはニュートラルグレーⅠを極薄に希釈して、街燈を中心に半円にグラデーション塗装。
根元は薄く、街燈からやや離れたところが一番濃く、周辺に行くほど薄くなるイメージで。
この時点でフィギュアーも所定の位置に立たせて、一緒に塗装しています。
間違っても別々に塗ろうと思わない事。周辺のグラデーションとパターンがずれるので危険です。

ニュートラルグレーⅠが乾燥したら、いよいよ黄色系の塗装。
黄色をこれまた極薄に希釈し、先のニュートラルグレーのグラデーションを撫でるように塗布。部分的に強めてムラも出しています。
ざっと塗ったら、この希釈黄色にオレンジを微量対して、黄色の外周部分にざっと塗布、さらに少しオレンジを足して、最外周部分にざっと塗布。
だいたい3段階で塗っています。


フィギュアは光があたる場所をイメージしながら、強弱をつけて色のせ。

(このあと個別でMr.ウェザリングカラーのスポットイエローで凸部分をフィルタリング、凹み部分にはマルチブラックで影付け強調してます)

石畳の塗装が乾燥したら、周辺部のオレンジ部分の最外周部分をMr.ウェザリングカラーのスポットイエローでフィルタリングして、少し色を馴染ませます。そうしないとオレンジがきつすぎて浮く可能性があるので。


明かりの基本塗装はここまで。
あとはMr.ウェザリングカラー各種、エナメル各種で、石畳の隙間を適当に色がなじむように埋めていきます。
また、人の足元、ベンチの下等はエナメルの黒で薄く色付け。


そもそもなぜ黄色なのか?
ドイツに出張した時、夜が割と全体に黄色いイメージだったことから、改めてネットで夜の画像を検索してみるとやっぱり黄色、黄色。
街燈が黄色の光が強いので、町全体が黄色に光ります。
目の構造が日本人と異なることに由来するようですね。
おかげでこういうシーンもディフォルメしやすい。もし日本と同じように蛍光色だと闇の中の光源とそれによる明かりを表現し難いです。


フィギュアの顔も半面は街燈色、半面は煙草の明かりで赤で染めてみました。

本当は哀愁を演出するためにこの赤を目立たせたかったのですが、なかなか難しい。次の課題です。


つづいて先の記事でも紹介しています、枯葉を配置。

明かりのある部分には黄味と赤味の強い落ち葉を、暗いところには黒染のキツイ葉を使い分けて配置。
黒い部分の葉にはさらにMr.ウェザリングカラーのマルチブラックを上から追加塗布。



あと水面について補記。
結局、モデリング・ウオーターとさざ波に相性は最悪の様で、綺麗にはがれました。


仕方ないので、最終的にはモデリング・ウオーターを補充充填して静止水面としました。

本当は静かな流れを再現したかったなぁ。


まぁ何だかんだとありましたが想定したイメージの7割は実現でき、AFVの会の会場も皆さんに沢山ご感想をいただけたり、タミヤ会長にもコメントをもらえたりと、苦労して作った甲斐がありました。
次はもっとドラマ性があるものにトライしたいと思います。

では、完成作品のご紹介。
「Light in the Darkness」





























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ