部長職のお仕事
執行役員としての日々と趣味についてです
 



急激に寒くなって、風邪が抜けきらず、いつまでたっても体調不良から回復できません...

今回からドイツバイクサイドカーの作製記です。最終的にはビネットネタになります。
お題はライオンロア社製 1/35 L3508 ドイツ軍用バイク ツェンダップ KS750 w/サイドカー


イメージしているビネットネタから1/35のサイドカーのバイクを作りたく、キットを探してました。
最初はタミヤのB.M.W.R75と思っていたのですが、MMW最初の頃のキットのようで、かなり作り的もそれなりの模様で、イメージと少し合いませんでした。
SCMでマスターさんから他にもメーカーキットがあることを聞き、ネットでざっくりと検索してすぐ購入できそうなものをチョイス。
この時点でツェンダップ製とB.M.W.製の違いも分かってませんでした(超無知w)
後追いで調べてKS75とR75の違いを知った次第。

で、開封。

まぁパーツの細かいこと、細かいこと... ガンプラならパーツの多さに萎えますが、このバイクキットは本体1ランナー、サイドカー1ランナーの
2ランナー構成なので、非常にわかりやすい。
作っててもパーツの多いイライラはありませんでした。
で、気が付いたのはガンプラで萎えてるのはパーツの多さと言うより、ランナー枚数の多さで、ランナーを探すのがイライラと萎える原因だったかもしれないということ。

組立も結構複雑ですがパーツの合いあいはとても良いので、ストレスは思ったほどありませんでした。

取説はわかり難い点が多いですが(個人的に)...

まずはエンジン。


タイヤ

スポークがエッチングパーツで精密です。タイヤのトレッドは複数パーツを組み合わせて再現するのですが、組立は方向性があるのか凹みがあるように見えるタイヤも。この辺りは取説からは上手く読み取れない。

フレーム

この挟み込みと位置出しが一番難しかった。

引き続き本体

バリは多いです。簡単に取れますが...

相乗り用シート。

この部分の台座の取付で暫し悩みました。
シートの台座をを取り付けるフレームの受け側の高さが左右で異なっている。そのままつけると斜めに傾いでしまう。
フレームが曲がっているのかと何度も見直しましたが、どうも違う様なので、シートの台座の低くなる方に0.3mmプラ板をかませて高さ調整しました。

引き続き本体

ドライバーシートの下のスプリング部分。本当のスプリングも同梱されていますが、とても付けられる気がしないので、プラスチックパーツを使用。

前輪部分を組み付け、仮組。

エッチングパーツが結構多い。パーツの厚みは薄いので、アートナイフでも簡単に切断出来て助かります。

BOX

蓋ロック用の蝶番と南京錠までエッチングパーツについてますが、老眼では見ることが出来ませんw


本体横

こんな感じです。


サイドカー

今回パーツの合いが悪かった唯一の部分(前述のシート台座高さ違いを除くと)
前面部分に隙間が出来たので、瞬着で埋めました。逆に言うとそれくらいで済むレベル。

サイドカー各種分を取付



バイク本体はAパーツ、サイドカー部分はBパーツ構成となってます。
本体のAパーツはそれほど気にならなかったのですが、比較するとBパーツにはパーティングラインがかなりあります。
全パーツにあると言っても良いくらいなので、気が抜けません。

ぼちぼち組み付け完了。








バイクの組み上げはまずはここまで。

この後からはフィギュアーの選定と加工に入ります。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ようやく通常運転に近づいてきた今日この頃...のはずでしたが、年末年始に向けて仕事が急激にバタバタ。
それでも週末のブログ更新だけはしておこう。

今回のネタは嵐のような秋の展示会の簡単な振り返り。

この秋は、第5回千葉しぼり展示会、名古屋モノづくりフェスタ7(NaGoMo7)、SCM2018 静岡キャラクターモデラーズ展示会に参加しました。

まずは10月の千葉しぼり展示会。



朽ちダグラム(新作)、立膝立ちソルティック(新作)、お座りブロックヘッド(既出)の3種類のCBアーマーお座りシリーズで参戦。
それぞれ、「燃え尽きたあとに」 「暁の救出作戦」 「戦士の休息」と、放映時のお題をつけてのビネット&ジオラマ。
作製は短い期間だったのでそれなりに大変でした。

MAXファクトリー社製のキットを集めての展示、少しはMAX渡辺さんとお話しするぞーって臨んだ展示会でしたが、望外の結果で「MAX渡辺賞」をいただきました!

ありがとうございました!!!
色紙は部屋に飾ってあります!


続いて11月初のNaGoMo7のコンテストに参加。
お題は「タイヤで走るモノ」
FoKKER D.Ⅶを背景に使ったビネットで参戦。

初めての航空機ビネット。

どこがタイヤで走るモノなの?ってところは、飛行機もタイヤで走るやんけーと言うのと、主人公の子供の玩具がタイヤで走るモノ。
玩具機体そのものはブラ板作製ですが、以下のキット部品を多数盛り込んでいるのでまぁレギュ上はOKかと(汗)
チェーン/ギア機構はこれから。

プロペラ、軸はこれから。

そしてお題のタイヤはこれから。

結構高くついてますw




で、結果はありがたいことに「あに・Taka賞」をいただくことが出来ました!
東海地区で(いや全国区で)誰もが知る、超モデラーのお二人に押してもらった賞ですのでとても嬉しいです。ありがとうございました。


で、秋の展示会の最終は11月のSCM2018。
倶楽部ディフォルメ屋に千葉しぼり展示会の朽ちダグラムと立膝ソルティック、および静岡HSの時のスコタコD-STYLEビネット「秘密基地」で参加。
また旧キッターズにもお声掛けいただき、新作のタカラ旧キット1/72ダグラム、既出のタカラ旧キット1/100ガリアンで参加しました。

倶楽部ディフォルメ屋ブース。

ダグラムとソルティック。

秘密基地...画像撮り忘れた(汗)

旧キッターズ
ダグラム

ガリアン


ダグラムの作製はNaGoMoのあとから本格的に取り組みましたが、中国出張や国内出張、慰安旅行が重なり、実質1週間作業。
前日まで色を塗ってました。半徹。
仕事での徹夜はたびたびありますが、模型で半徹まで追い込まれたのは初めてw

でも楽しい展示会でした! ありがとうございました。


怒涛の秋の展示会は無事終了。
流石に疲れました。これからはボチボチ巡航速度でプラモを楽しみながら、来年の静岡HSの作品作りを行っていきますーって言いながら、やはり今年も春先の中京AFVの会に参加することを画策中。

お題とネタはすでに決めてあって、これを使って参加します。

ライオンロア 1/35 L3508 ドイツ軍用バイク ツェンダップ KS750 w/サイドカーです。




パチ組をボチボチ推進中ー
老眼にはきつすぎる...w

さて、模型は夜までお預け。
持ち帰り仕事をしないと(泣)




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




朽ちダグラム記事の最終です。
前回記事は9/2 → こちら

前回記事は基本塗装が終わったところまででした。
その記事内ではパステルでの錆び塗装に進むとしていましたが、結果は取りやめ。
エナメルでの錆び表現としました。

一度タミヤエナメル茶系でウオッシングした後、つや消しを上から吹いて、再度ウオッシング。
その後、ガイアのエナメルを投入。

初めて使いましたが、一気に錆びますw
錆びすぎでいったんエナメルを落としたぐらい。

話は前後しますが、つづいてベース。
砂漠の平面なので石膏粘土をひいただけ。


ダグラムをのせて...


石膏粘土の上からタミヤの情景テクスチャーペイントを塗りたくり、さらにウェザリングマスターで強弱をつけてます。


さらに砂煙を綿で追加表現して完成。

こんな感じになりました。






最後にSCM展示会会場での画像。背景も良い感じ?








コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




実に10/7以来の更新です。過去これほど更新期間を空けたことがありません....(滝汗)
出張や展示会準備や展示会に追いまくられていたとご容赦ください。
ようやく秋の展示会ラッシュも終わり、平常運転に戻りましたので、ブログ更新も平常運転できる、はずw

途中放置の記事も多いので、トピックス毎にクローズしていきます。

まず今回は「飛行機ビネットを作る」のクロージング。
以外に記事更新してなかったので、既に工程を追い切れません。内容がとんでるところもありますがご容赦。

前回記事は何と8/15、夏休みまっただ中。もはや遠い過去ですw
前回記事 → ここ
カチューシャ改造の記事でした。

改造内容はいきなり飛びますが、こんな感じでまとめましたwww

タミヤのピンクサフ状態です。
前回記事から足の上げ方や角度をさらに調整していた気がします。

で、いきなりですが塗装に入ります。

革ジャンとジーンズ短パン、革ブーツのイメージ。
革ジャンはラッカーのオレンジ吹いた上からエナメル茶系でウオッシング。上から光沢クリアを吹いてます。
ジーンズ短パンはインディゴブルーよりやや濃いめのブルーを吹いて(適当に選んだので品番は失念)ます。
革ブーツはマホガニー(だったと思う)

で、頭をつけて、こんな感じ。
金髪はダークイエローにしています。

光が当たっている感じにするのために白でドライブブラシしてますが、ウザすぎたので、実際はここから少し落としてます。

さらにフィギュアを追加。
カチューシャに絡む相棒を置くことにしました。
背景になるFOKKERがドイツ空軍機なので、全体をドイツ系でまとめたかったため、ジャーマンシェパードを選択。
タミヤの動物セットを使用しました。

そのままカチューシャと絡めるとポーズに違和感。

犬が正面向き過ぎで堅いw

で、犬の改造。

この犬キットのポーズを変えます。

残酷、首切りw


斜め向こうを向くようにしました。


カチューシャにすり寄るようになりました。

シェパードの塗装はネットの画像を見ながら。

このあとつや消しを吹いたり、フィルタリングしたり、あれやこれや。


メインのカチューシャ玩具は座席や操縦桿や方向舵ワイヤーなどの装備を付けた後に、ベース色としてダークイエロー(?)を吹きました。
ベニヤ板のイメージです。

この上から茶系や各種色をフィルタリングして、木造っぽく仕上げました。


つづいてベース。
ベースはヨーロッパの倉庫内のイメージをつくりたかった。で、石を敷きました。イメージ先行ですw

煉瓦ブロックは東急ハンズで買ってきたもの。
隙間は石膏粘土で埋めてます。

ビネットは屋内の情景をイメージしてます。
複葉機が収められている倉庫内で子供が遊んでるシーンのイメージ。
かといってビネットを壁で囲うのも嫌だったのでかなり思案。
アイキャッチの含めて、窓がある壁を想定して、薄暗い倉庫内に窓からの光が差し込んでいる風景で室内を表現するようにしてみました。

そのためにまずは窓から差す光の型紙を作ってマスキング。


スモークグレーを吹いて、薄暗い雰囲気とのコントラストを作りました。


窓枠、機体、フィギュアでさえぎられる部分に影を付けました。



銘板を貼り付けて...


で、出来上がり。


ナゴモの展示会場で撮影した画像。背景が白で良い感じ。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10月に入って最初の更新です。

ついに秋の展示会ラッシュの月になりました(汗)
まずは10/20の千葉しぼり展示会が第一ターゲット。
参加用の新規お題、お座り朽ちダグラムと立膝ソルティックの進捗はギリギリ。会社行事や出張などがあり、あと使える週末はこの土日だけ。
昨日は夕方まで外出した間を除けば、とっかえひっかえのバタバタ中でひたすら作製推進。
なんとか当日持ち込めるところまでは来たかな。細かな調整とか、銘板とか、梱包箱とか、大事なことは置き去りですが(汗)

さて、今日のお題はその立膝ソルティックの進捗。作製記事としては今回が最終回となります。

前回記事でご紹介したカモフラージュネット。
他に良い案も見当たらないので、先の通りラメヘアーネットで進めました。

いきなりですが、ジオラマに取り付けた状態のご紹介。

裾の長さは現物合わせて、固定位置に合わせて升目調整してます。被せてしまえば別にシンメトリは必要無いのでw
まずまず決まったかな。少しほっとしました。

裾は真鍮線で地面に突き刺して固定。
このラメヘアーネットは網目の交点が四角ポイントになっているので、地面への固定位置の表現がし易くて助かりました。

上に乗せるカモフラージュ用の木々はKATOの樹木セットの葉をそのまま木工ボンドで固めて使用(手抜きw)
全部を覆うとソルティックも見えなくなるし、劇中画像も一部だけ。乗せすぎるとうるさくなるので、上空から目立つだろうミサイルポッドの赤の部分だけを隠すような配置としました。


でも誰がどっやってネットをかけたり、枝葉を置いたりするんだろう...多分8m近くあるのに。

他、作製したフィギュア群も配置。
説教を受けてるクリン・カシム准尉。



あ、アップには耐えられない塗装でお恥ずかしいー(汗)

つづいてクリンがダーク隊の皆さんから手を出すなと叱られた、整備で飯を食べているプロの方々。




グランドワークはもう適当。手持ちの石とか草マテリアルとかを適当に配置。
ベースはタミヤの情景ペイントのブラウンを塗りたくったあとで、軽くマホガニーとタン色を色むらになるように塗布。仕上げはタミヤのウエザリングマスターで。


あとは調整と銘板作製かな。
お座りダグラムももう少し何とかしないとなぁー

ナゴモ向けの作製も月末27日、28日しか作業時間が無いし...もうこの時点で既にジ・エンド(大汗)

さらにヤバいのがコレ。SCMの旧キッターズ作製分(汗) 
冷静にカレンダーとにらめっこすると、こちらは前日の23日しか作業できる休日がないこと先ほどが判明ー これは..つ、詰んだ...詰んでしまった...


う~ん、あれれー???っていうくらいに休日が仕事や展示会で埋まっているぞぉー って、 ...(滝汗)
管理限界を越えました。破綻、かな...いや、破綻、だな...





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




今日は台風。外出もキャンセルでお籠りです。

今日は9月30日。千葉しぼり展示会まで残り20日そこそこでまだ完成が見えてません。大汗。
今回のネタは引き続きソルティック。
このシーンを作るのに重要なカモフラージュネット。


劇中では網をかぶせて枝葉をのせる構成になってますが、これを実現しようとするとまずもって課題なのが網。
網目が細かすぎると中が見えないし、大きすぎてもネットとしての役に立たない。
この画像から割り出した網目は1/72換算で15mm程度。

10mmの網目を求めて、繁華街をさまよい歩きましたw

まずはこんな感じ。

網状の毛糸バッグを切り裂いて使用。
ち、違う....
太さ2mmあると、1/72換算で14cmもも超極太ロープ。牽引ワイヤでもそんなの使わん。

画像はパスしますが、網タイツも加工してみました....フロアーでの物色、レジに並ぶ恥ずかしさも含め、無駄な努力でした。
収縮性をサフを塗りまくって緩和して、何とか使えようにしましたが、大きさが足りん!!!

で、最後にたどり着いた答えが、帽子やヘッドドレスなどに装飾用につかうラメヘアーネット。
太さも0.5mm以下、網目も15~20mm程度と手ごろ。

で、次の課題がこれをどうやってソルティックにかぶせるのか?
円錐帽子のようには簡単になってくれません。
被せて覆うということがこれほど難しいとは...
とりあえず試作でこんな形に。


で、これで覆ってみると....

う~ん、これは五月蠅すぎ。ほんと蠅が飛び回るわ。

悩むこと数時間。巻いて覆うのはあきらめて、カモフラージュのための枝葉が置ければ良いはずと割り切って、前後、左右ターフ状へ変更。


こんな感じです。

あまり変わってないか(汗)

実態に合わせてトリミングして使います。



あとベースに石粉粘土を盛りました....


こんなペースではマジ間に合わん...






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3連休、中日です。
先週3連休、今週3連休、10月に一回、秋の3連休連発ですが、今一つ工数に有効活用出来てません。
焦りだけが増していくw

さて、昨日はソルティックのフィギュアを進めてました。
フィギュアはCBアーマーパイロット4体、整備兵4体の計8体。

パイロット群はこんな配置になる見込み。

リラックス&クリンへのお説教タイム。

クリン 「コックピットを点検しておきます」
ダーク 「この仕事で飯を食っている連中がいるんだ。邪魔しないでおくんだな」
べリオン「奴さんたちに嫌われたら、コンバットアーマーひとつ満足に動かせねえぞ。そんなことも知らねえのか ん?」

この会話が昔から好きです。


下地はピンクサフ。最近フィギュアで多用中。食いつかせ方が個人的にはちょっと難しいかなぁ。しかし相変わらずサフは苦手だ。


肌色用に全身にノーツフレッシュ塗布。
その上から、パイロットはオレンジ系の塗料を適当にチョイス。


整備兵はダークグリーン。


各部をエナメルで塗り分け。半ツヤクリアでコート後に、ざっと茶系エナメルでウオッシング。

このあとは汚しステップですが、その辺は適当に。


10月入ると休みも仕事絡みでまたバタバタするので、工数確保が難しいと考えるとかなりヤバイ状況。
マズイなぁ。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ドイツへの超短期出張から帰国翌日です。流石に怠い。
変則的な一泊三日の出張できたが、やっぱりやるもんじゃないですね。身体が変。

さて、千葉しぼり展示会まであとひと月と10日ほど(?)
これもヤバイ状況。とにかく頑張ります。

参加作品のソルティックジオラマですが、ボツボツは進んでおり、本体の基本塗装を済ませています。
塗装はほぼ基本の指定色にて実施。
ガイアのダグラムカラーを使用しています。

本体部:ダークグレー(2) ここの指定色はダークカラーでしたが、やや暗めの(2)を使用しました。個人の好みです。
グレー部:ライトブラウン
胸部フィン:ブラッドレッド
頭部パイプ:ココアブラウン
サイドスカート:グレーグリーン
アンテナ:パープルグレー
キャノピー:裏側からクリアーブラウン


デカールも結構真面目に貼りました。


ウオッシング前に仮組。


全体につや消しを吹いて、エナメル茶系でいったんウオッシング。

現在の本体作業はここまで。

ジオラマで目指すイメージはこれ。


配備する整備兵は、定番のハセガワの1/72グランドクルーセットから適当にチョイス。
こんな感じで雰囲気だけ再現予定。


これ以外に必要なのがダーク曹長の隊の面々。
クリン以外に3人必要です。
しかも木陰で整備を見ながら休んでいるリラックス姿勢モード。

リラックス姿勢と言えば、ブロックヘッドT10Cに付属のハンクとアーロンのフィギュア。
このためだけに流石にTC10は買えないので、初めてのパーツ請求をやってみました。
生まれて初めて定額小為替なるものを購入。一枚ごとに手数料がかかるんだね。びっくり。
で、入手したのがこのLパーツ。ちゃんと届くもんなんだなぁと変に感心してしまいました。


これでダーク隊の二体は格好がつく。
あと一体... 無理やり作ることにしました。
素材はソルティックのパイロットフィギュアと先のハセガワクルーザの一体。


パイロットフィギュアの手足を曲げたり、頭を交換するために、まずは人体切断w


足に切れ目を入れて曲げたり、手の位置をリラックスモードにしたり、頭を挿げ替えたり、改造手術www

とりあえず雰囲気だけでればOKのお気楽改造。

あとハセガワの梯子を上る人はもとはパイロット姿なので、背中の装備をごっそり削り落としたり、膝立ちで作業する人の頭のヘッドフォンを取り去ったり、流用ための基本的な加工をしています。

で、今回使うフィギュアの面々。

これだけ塗るのは面倒だなあー

さらにこれに追加してクリンのフィギュアが要ります。
これもCBアーマーパイロットフィギュアの頭と腰下を、ハセガワのものと挿げ替える作業で作る予定。

全体配置の初期見当も実施。
展示会のスペースを考えるとあまり大きなベースは使えない。現在は20cm角のベースを想定。
本当は丸型で25cmの直径が欲しいところだけど、まぁなんとかなるでしょ。


このあとの作業としては、ラウンドフェイサーの後ろに木を2~3本、ダーク隊のところに1本を作製必要。
あと上空目隠し用の網をどうするかが頭の痛いところ。
AFV用の目隠しネットは購入してあるのだけど、網目が少し細かすぎるかなーって。まずは試してみないとわかりませんが...

あまり時間が無いので(休日も出張があったり、そこそこ用事があるので全部を使えないので)、効率よく進めたいと思います。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9月に入りました。上半期もあと1ヶ月。上期成果が...(汗)

さて9月に入り、あとひと月半に迫ってきた千葉しぼり展示会。
一般枠で参加する作品として、朽ちダグと立ち膝ソルティックの作製を続けていますが、どちらも正直進捗は芳しくなく。
あまり集中して取り組めていないのが敗因ですが、なかなか思うようにならない状況も常の事。どうやって時間を捻出するかも模型作製の醍醐味(と言いながら、浜松ジオラマグランプリを観に行ったり、幕張C3に突入したり、作製以外に時間を多数使っているのは内緒w)

そのなかで多少は進んでいるのが朽ちダグ。
前回記事で、基本塗装色をオキサイドレッドの上から軽く吹いた工程までをご紹介しましたが、今日はその続き。


基本色塗装には主にガイアのダグラムカラーシリーズを使用。
・本体暗青部:アイアンブルー
・本体胸部排熱フィン:ブラッドレッド(ここは設定色と違う)
・本体腰灰色部:ニュートラルグレーⅢ(ここは設定色と違う。多分)
・各部手すり:ブラッドレッド(ここも設定色と違う)
・ターボザック、腰サイド:グレーグリーン
・ターボザック排熱フィン:ブラッドレッド
・ターボザック砲身:ライトグレーグリーン(超極薄)

本体のライトグレー部分は本来CB-03を使うのですが、なんとなく無塗装でオキサイドレッドのままにしました。
この塗装色は燃えやすいという脳内設定w

オキサイドレッドとダグラムカラーのアイアンブルーが絶妙のマッチで、一種不思議な(個人的にですが..)色合いになっているところに、上からエナメルの茶色でじゃぶじゃぶとウオッシング。

結果、は以下。













割と面白い感じになってます。
ここまま打ち切りでビネット化するか???とも思いましたが、やはり錆が進んでなんぼの朽ちダグですので、このあとはパステルでの錆工程に入っていきます。

あとひと月半かー(大汗)







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




長かった夏休みも今日明日で終わり。
明けの仕事のバタバタのことを考えると一気に憂鬱になります。ストレスが抜け切ってないかも。

さて、お題のお座りダグラム。ようやく塗装段階に入りました。

まずはミッドナイトブルーで下地処理。特に奥まったところを重点的に。
今回はポーズが命なので、あまりパーツ分割せずに塗装しています。

その後、上からオキサイドレッドを錆色の下地としてグラデ塗装。

こんな感じです。


で、ここからが思案のしどころ。
相手は全身錆び錆び状態。

上からいきなりダーグイエロー等々でも良いのかもしれませんが、
・錆び錆び表現も色だけなのか、パステルでやるのか?
・爆発で塗装が燃えて錆が出ているはず、と考えると少しは元塗装が残るのか?
・元塗装色も少しはチラ見した方が色気があるのでは?
等々、色々と考えあぐねてましたが、まぁ全身錆び塗装なのだから、失敗しても後でいくらでも修正が効くとのことで、まずは元塗装色を軽く置いてみることにしました。

こんな感じ。

かなり明るめの色合いしています。
ライトグレー塗装色のところは塗装が燃えやすくて全部燃え切ったとの勝手な想定。
(実態は、白系を塗りだすと収集が付かなくなりそうなのでパスしたw)

乾いたら上からジャブジャブと錆色でウオッシングしてみます。
はたしてどうなる事やらwww


今日は午後から大須のつくろーぜ会。
先日の部屋の大掃除で掘り出された大量のキットを持ち込ませていただきます。もらってもらえると嬉しいなぁ。
多分一生作れない・作らないキット群。我ながら良くこんなに大量に買ってたなぁ+良くあの部屋で保管出来てたなぁwww







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ