部長職のお仕事
執行役員としての日々と趣味についてです
 



気が付けば7月ももう終わり。台風襲来の最後の週末になりました。
今はまだ雨は全然降ってなくて大丈夫ですが、これから暴風雨なんでしょうね。
明日、大阪の出張は行けるのだろうか???

さて、長かったFOKKER D.Ⅶも記事もこれで終わりです。

前回の記事は胴体の基本塗装まででした。

まずはプロペラの木目塗装から。
モノの本を見よう見まねでトライ。
マホガニーを下塗りした上から、マスキング。

スケール感から言うと真っ直ぐな木目のはずですが、なんとなく曲げてしまいました。そんな直径の細い材木を大事なプロペラには使わないだろうと思いながらもw

上からサンディーブブラウンを吹きつけて木目の基本塗装を終えてから、少し筆で自然な曲線になるようにリタッチ。
クリア層を一層入れたあとで、クリアレッドの層とクリアオレンジの層を吹きつけ。さらには仕上げでクリア層を4層ほど重ねて、簡単に研ぎ出ししています。なんかミスったのか気泡のようなものが織り込まれましたが、まぁ経年変化と言うことでw


つづいて困難が予想されたデカール貼り。
見るからに黄ばんでカチカチの状態。

まずドイツマークを。いまから考えると小さい方から試しにやっとけば良かった。

水に浸すことを10分-剥がれん...20分-剥がれん...30分-剥がれん...破れた...40分-少し動く...破れた...
まぁ見事に破れました。


反対側も1時間近く浸して何とか貼り付けましたが、ひび割れてボロボロ。


腹の鳥マークは小さいので10分ほどで剥がれましたが、それでもすぐにボロボロになる感じ。

尾翼の十字マークは反対側が破れました。

破れたところは仕方ないので汚しでリカバー。そんなとこ何でこんな色で汚れんのよーって感じですが、まぁ仕方なしw

デカールを貼り終えたので、退色表現のために全体にMr.ウェザリングカラーのマルチホワイトを筆塗り。

あわせてマルチグレーのぶんぶん塗布。

エナメルのブラウンで各所に黄ばみ汚れを付けたり、金属部分にはブラウンで錆を浮かせて、クリアオレンジで仕上げたり。

さらにドライブラシで軽く銀をのせたり、煤を付けたり、チッピングで剥がれを入れたり等々。
足回り、羽の裏側などはMr.ウエザリングカラーでホコリ処理。

全体を仕上げて、少し画像加工で古びた感じを強調。






習作としてのFOKKER作製、大変楽しめました。
秋の展示会に向けてのビネットには、この複葉機モデルは添え物ですのでメインはこれから。本当はイギリス空軍のキャメルの方がなんとなくテーマとしては似合いなのですが、もう作っている時間がホントない。

しかし、複葉機楽しいですね。
展示会とか関係なく、ウィングナットの1/32で本格張線にチャレンジしてみようと思う、今日この頃。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« FOKKER D.Ⅶを... お座りソルテ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。