部長職のお仕事
執行役員としての日々と趣味についてです
 



2018年も押し迫った晦日。
今年の振り返りです。
今年は6月から仕事環境の大きな変化と展示会ラッシュで、特に秋からはもうバタバタの一年でしたw

今年の第一作は3月の中京AFVの会へ初参加した「The witch of Kübel」

初めてのスケールモデルビネット+初めてのAFVの会参加の作品でした。
王道のAFVビネットorジオラマとは少し違った表現にトライしてみました。
グレーの世界に立つ真っ赤な服を着た魔女の表現だったのですが、グレーの世界感を表現しきれず(汗)
AFVの会としては少し異端の作品になるとは思いますが、AFVの会の懐の深さで何とか受け入れてもらえたようで、アーマーモデリング誌の中京AFVの会作品紹介ページの片隅に乗せていただけました。

つづいて静岡HS、倶楽部ディフォルメ屋企画参加作品「秘密基地」

コトブキヤのD-STYLEと1/35スケールフィギュア+スケール小物を組み合わせて、ディフォルメを活かしたビネットを目指してみました。
ストーリーを語るのって難しいーって感じた作品です。
フィギュアはモデルカステンのカチューシャ。元気小僧に転用するにはこのカチューシャのポーズがバッチリで、別ビネットでも使用しました。
今年のディフォルメ作品はこれだけ(大汗) ちょーっとヤバイwww

続いての作製ピークは6月。
定年退任される社長と専務役員に趣味を活かした贈り物を、ということで2作品を突貫作製。
まずは本当にお世話になったMyボスの専務(スターウォーズ好き)に送ったのが「May the Force be with you」

バンダイのビークルシリーズ ミレニアム・ファルコン。その作りに驚きました。

二つ目は社長退任時に贈ったSDザク。

SDを素組で真面目に作るのってかなり大変なことを実感しました。


で、次は怒涛の秋の展示会ラッシュに対応。


10月には千葉しぼり展示会へ参加。
新作としては朽ちたダグラムと出撃前のソルティックH8整備シーンを準備。
まずは「燃え尽きたあとに」

80年代をリアルに体験し、DUALMAGAZINEを愛読した身には一度は作ってみたいビネット。
MAXファクトリーさんのおかげで作製できました。

二つ目は「暁の救出作戦」

前半導入部分でのソルティックの整備シーンを再現しました。
カモフラージュネットでかなり苦労しましたが、まずまず上手く行ったかなと。
ありがたいことにMAX渡辺賞をいただきました。


11月にはNaGoMoに参加。「タイヤで走るモノ」
お題は「MY friend」
FOKKER D.Ⅶを背景に自家製玩具で遊ぶ子供とジャーマンシェパードが主役です。

おかげさまで入賞ができ、あにtaka賞をいただきました。


同じく11月にはSCMに参加。
倶楽部デイフォルメ屋は既存作品で参加しました、旧キッターズの参加はタカラ旧キット1/72ダグラムで参加しました。

前日、半徹して作製しました。
ホント大変でした。

2018年は合計8作品を作製。
例年にない作製数で頑張りましたが、仕事も立て込んでる中でかなり無理したこともあって、少し疲れましたw
来年はもう少しゆっくり作製したいですね。

現在は来年の中京AFVの会に向けてこれを作製中です。



今年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ドイツバイク... 2019年謹賀新年 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。