部長職のお仕事
執行役員としての日々と趣味についてです
 



実に10/7以来の更新です。過去これほど更新期間を空けたことがありません....(滝汗)
出張や展示会準備や展示会に追いまくられていたとご容赦ください。
ようやく秋の展示会ラッシュも終わり、平常運転に戻りましたので、ブログ更新も平常運転できる、はずw

途中放置の記事も多いので、トピックス毎にクローズしていきます。

まず今回は「飛行機ビネットを作る」のクロージング。
以外に記事更新してなかったので、既に工程を追い切れません。内容がとんでるところもありますがご容赦。

前回記事は何と8/15、夏休みまっただ中。もはや遠い過去ですw
前回記事 → ここ
カチューシャ改造の記事でした。

改造内容はいきなり飛びますが、こんな感じでまとめましたwww

タミヤのピンクサフ状態です。
前回記事から足の上げ方や角度をさらに調整していた気がします。

で、いきなりですが塗装に入ります。

革ジャンとジーンズ短パン、革ブーツのイメージ。
革ジャンはラッカーのオレンジ吹いた上からエナメル茶系でウオッシング。上から光沢クリアを吹いてます。
ジーンズ短パンはインディゴブルーよりやや濃いめのブルーを吹いて(適当に選んだので品番は失念)ます。
革ブーツはマホガニー(だったと思う)

で、頭をつけて、こんな感じ。
金髪はダークイエローにしています。

光が当たっている感じにするのために白でドライブブラシしてますが、ウザすぎたので、実際はここから少し落としてます。

さらにフィギュアを追加。
カチューシャに絡む相棒を置くことにしました。
背景になるFOKKERがドイツ空軍機なので、全体をドイツ系でまとめたかったため、ジャーマンシェパードを選択。
タミヤの動物セットを使用しました。

そのままカチューシャと絡めるとポーズに違和感。

犬が正面向き過ぎで堅いw

で、犬の改造。

この犬キットのポーズを変えます。

残酷、首切りw


斜め向こうを向くようにしました。


カチューシャにすり寄るようになりました。

シェパードの塗装はネットの画像を見ながら。

このあとつや消しを吹いたり、フィルタリングしたり、あれやこれや。


メインのカチューシャ玩具は座席や操縦桿や方向舵ワイヤーなどの装備を付けた後に、ベース色としてダークイエロー(?)を吹きました。
ベニヤ板のイメージです。

この上から茶系や各種色をフィルタリングして、木造っぽく仕上げました。


つづいてベース。
ベースはヨーロッパの倉庫内のイメージをつくりたかった。で、石を敷きました。イメージ先行ですw

煉瓦ブロックは東急ハンズで買ってきたもの。
隙間は石膏粘土で埋めてます。

ビネットは屋内の情景をイメージしてます。
複葉機が収められている倉庫内で子供が遊んでるシーンのイメージ。
かといってビネットを壁で囲うのも嫌だったのでかなり思案。
アイキャッチの含めて、窓がある壁を想定して、薄暗い倉庫内に窓からの光が差し込んでいる風景で室内を表現するようにしてみました。

そのためにまずは窓から差す光の型紙を作ってマスキング。


スモークグレーを吹いて、薄暗い雰囲気とのコントラストを作りました。


窓枠、機体、フィギュアでさえぎられる部分に影を付けました。



銘板を貼り付けて...


で、出来上がり。


ナゴモの展示会場で撮影した画像。背景が白で良い感じ。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« お座りソルテ... 朽ちたダグラ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。