部長職のお仕事
執行役員としての日々と趣味についてです
 



2020年明けましておめでとうございます。
もう正月3日ですが。
ちょっとタラタラとしていて新年一発目の記事が3日になりました(汗)

2020年もゆったりとしたペースで始まりましたが、これも休み中のみ。休み明けからは怒涛の日々になりそうです。
あと3日、英気を養っておきます(飲み散らかしておきますw)

さて、この年末年始は前半3日間を東京で過ごして、実質休みは大晦日からということでいつもと異なるパターン。
さらに嫁が風邪で正月から寝込んでるという例年とまったく違うパターンで推移しているので、正直かなり調子が狂ってます。

で、いまひとつ乗り切れない感じで作製はぼつぼつやってるのですが、今回はバイクモデリングのご紹介。

昨年末より中京AFVの会を視野に始めたバイクモデリング。
昨年も同じくAFV会狙いでバイクを作ってました。バイク始まり2年連続。

今回のキットはMB社のBMW R75。

最初に言っておきます。個人的には入手性や値段を除けばライオンロア社の方が圧倒的に作りやすかったし、精度も圧倒的に高いと思う。
今回のライオンロア社のをネットで探しましたが、その時点では全く在庫無し。タイミングもありますけどね。
値段を考えればMB社のも悪くはないと思います...多分。あくまで値段無視の比較論なので。

で、最初から洗礼を受けたのがスポークのバリ取り。

超時間がかかりました...もう嫌だ(笑)

フレーム組み上げも初心者の私には超難易度。
バリを取ろうとするとフレームが折れるし。

もう嫌だ(笑)

毎日コツコツと頑張りました。


素の状態の組み上げ完成。



カッコ良い...かも(笑)
苦労しました。


で、これはビネットにする予定なので、携帯品を積載。
まずは長距離移動用の予備燃料のジェリカン搭載のラックを自作。

こんな感じで取付。


長距離移動には水も要るよなと言うことで、サイドカーフロントにこれもジェリカンラックを設置。
水用のジェリカンを置きます。
水用をポリカン(?)探したのですが、どうもドイツ軍ではジェリカンに白の十字マークを入れることで水用と判別したようですね。


寝袋やシートやテント(?)その他もろもろの備品積載もあるので、それらしいパーツを加工してリアタイヤの上に積載。
荷物が少し垂れる感じにパーツを加工しました。そのまま置いただけだと取って付けた感じがしてしまうので。

ちょっとした加工でそれらしくなりますね。


荷物を置いただけでは走れないので、ベルトで縛らないとと言うことで、エポパテを使って固定用のベルトをでっち上げ。

リア荷物の部分はベルトを解いて垂らしてある状態にしています。


この状態でサフを吹きました。
リアの荷物の無い状態。




リアに荷物に載せた状態。



何か、結構カッコいいかも。
MB社さん、酷評してゴメンナサイ。


2020年、昨年の反省を活かして今年も模型活動に取り組んでいきます。
今年もよろしくお願いいたします。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 2019年を振り返る 武者頑駄無を... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。