らんげるはんす島

ミトコンドリアにゴルジ体、たどりつけるか、らんげるはんす島

TDR125で岐阜まで行ってみた

2018-05-26 23:02:44 | TDR125
ちと 興味ある場所があったので、TDR125で岐阜県まで行ってみました



目的までの距離をgoogleマップで確認すると、約190kmぐらいと出ました

ま、高速道路は使用できないTDR125ですので、必然的に下道経由です

目的地の到着時刻から逆算して出発時刻は朝6時です

朝ごはんは最寄りのコンビニでおにぎりとお茶を購入

ここからは久方ぶりの一気走りを始めることに



いっつもバイクも車も多い道の駅ですが、さすがに朝7時前とあっては、だーれもいません

ここで買ってきたおにぎりで朝食を摂ります

初めて知ったのですが、この道の駅がある辺は、朝7時にはエーデルワイスが流れます

外飯でしたが、結構大音量で流れてました

ここからは、2stの燃費とガソリンタンクの容量から、途中1回給油しましたが、一気に岐阜県へ



ここで約2時間40分かかっております

今回のルートは、岐阜県へ入るのに滋賀県は伊吹山の北側を通るR303をひた走っています



R303には道の駅がいくつかあって、道の駅「夜叉ヶ池の里さかうち」や



「星のふる里ふじはし」がありました

ま、時間が早くてあんまし店も開いてなかったのですがね



と、順調にR303を走って到着したのが、とある郵便局

この脇から伸びる道が目的地へのルートとなります



目印は、「上ヶ流茶園」です

これは「かみがれ」と呼ぶそうです

ここをクネクネと登って行くと、目的地までの道案内が出てきます



一瞬、見落としそうになりますが、手作り感満載の道案内の看板ですね



一気に高度を上げ、見事な茶畑が広がってきます



うーん、いい雰囲気の茶畑が広がっているところですねぇ

この風景を見るだけでも、一気走りの甲斐がありますねぇ



少し登ると、目的地の駐車場への案内看板が出てきます

細い道をしばらく登ると



こんな感じで駐車場というか駐車スペースがありました

係の人がいるので、指示された場所に駐車します

この日は平日やったんですが、土日祝祭日ともなると、1日600台ぐらいが来て満車状態になるらしいです



目的地までの地図をもらい、募金お願いの箱にお金を入れておきます

募金ですので任意ですが、周りの人を見ると、結構入れてない人がいました

駐車場代の替りに入れてもいいのに、とか思ってしまいますね



駐車場からはとにかく登りルートです



脇にある新茶の芽がとっても綺麗で、目の保養になりますなぁ



国家に歌われている、さざれ石もありました

小石がくっついて大きな石というか岩になっているのですね



約100mぐらい登ったら、遊歩道の入り口がありました



地元有志の方が手作業で作ったという遊歩道ですので、手作り感が満載です

先の募金は、この手作業代みたいなもんですね

このコンクリート舗装がいい味を出しております



取り付き道は、なだらかな新規林道の様相を呈していました



うん、うん、雰囲気最高ですね



ここからがプチ登山状態になります

案内板には、ゆるやかルートと激坂ルートとなっていましたので、迷わず鍛錬がてら激坂ルートへ



はじめは、さすがに激坂やなぁ、と思っていましたが







ゆるやかルートと合流してから、さらに激坂にww

先ほどのゆるやかルートは、あんまし意味がないように思いました(笑)



山の急斜面に土留して階段を作ったようなルートをえっちらおっちらと登って行くと、絶景ポイントの看板が



AとBのポイントがあったのですが、より絶景はAポイントにありました

こんな感じで、おねえちゃんも風景写真を撮りに登ってはりました

今回、久方の一気走りで見に来た風景が



はい、岐阜のマチュピチュと呼ばれる、茶畑が広がる高地の俯瞰図です

本家を発見したハイラム・ビンガムも、初めて見たときは、こんな感じで見下ろしてたんですかねぇ

なかなか心癒やされる風景でございます

絶景ポイントには、丸太のベンチ?などがありますので、そこでお茶など飲みながらしばし絶景を堪能します



帰りルートの転げ落ちるような階段を降りて、今度はゆるやかルートを経由して駐車場まで



行きは20分ほどかかりましたが、帰りは約15分ほどで駐車場に到着



ここから振り返ると、絶景ポイントが遠望できました

この辺で、だいたい11時前ぐらい

さて、このまま帰路について、途中にあったロックフィルダムの雄、徳山ダムを見ていくか、と思いましたが、ここまで来たんやし、もういっちょ行くことに

と、思い立ったら次のポイントへ



天空の遊歩道からは約60kmと出ましたので、1時間30分ほどかかりそうなその場所へ

地図を見ながらすいすいと走っていきます

途中には「ラステンほらど」という道の駅がありましたが、ちょいと物寂しいところでした

んでもって到着したのが



はい、ここんとこ有名になって、一時は取り付き道路が15kmの渋滞になってしまったという、名も無き池です

名も無き池、通称「モネの池」です

神社の脇にある普通の池ですが、その透明度や蓮が咲いたり、鯉が泳いでいたりと、まるで印象派のモネの絵のようだと有名になった池です





光の具合では、水が無いように見えるのですね

それほど透明度が高いそうです

しかし、観光地化しているようで、平日なのに観光バスが大挙して押し寄せていました



本来の神社は





珍しい狛犬がいたりして、見応え十分なところなのに、ほとんどの人が見ていないのが残念

観光バスで来てたツアーのオバハンが、「お金払ってるのに、渋滞するし、人が多すぎ」なんていう戯言をバスガイドさんに言うてはりました

雰囲気がいいのですが、うーん、観光地化するのは良し悪しですかねぇ



池自体はこんな感じで、それほど大きなところではないです

モネの池を見たあとは、そこそこ距離を走ってるので、ここいらで帰路につくことに

途中、ふれあいバザールという地域おこしの物産・レストランな店に入って少し遅めの昼食を摂りました



入った瞬間、食べ終わったあとの後片付けができていないので、いやーな雰囲気がありましたが



案の定、席について約35分ほど待ってやっと昼食にありつけました

味の方は喉越しの良い手打ち蕎麦に、おこわが大変美味しゅうございました

店のおばちゃん、もう少し段取り良くしたらよりOKな店でしたね

ちなみにお値段900円

結構、良心的な価格設定です

最後は、帰路途中にあるメタセコイヤ並木によって帰りました



久方ぶりの一気走り

岐阜県はモネの池まで、往復486km

いやいや、久しぶりに「走ったどー」という距離を堪能しました


...おしまい
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 気づいたら、伊賀上野城 | トップ | 島が呼んでいる... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あっぱれ (土見 瀬郎)
2018-05-27 22:12:44
長距離のツーリングお疲れ様です。道の駅『名田庄』でエーデルワイスが流れるなんて、田舎っぽくていいですねw 上ヶ流茶園もモネの池もとても綺麗でいい写真が撮れてますね!
早朝から出発したら排気量が小さくても、下道で岐阜まで日帰りで行けるもんなんですね!?私は昨日、香美町から伊丹に帰っただけで尻が凄く痛かったです…。
お疲れさまです! (林道店長)
2018-05-27 23:24:33
2st125で486㌔は恐れ入り奉ります(^^ゞ
私もKDX125で日帰り387㌔走ったことがありましたが、
それより更に100㌔増しはスゴイです!
ってTDR燃費どれくらいですか?

岐阜は私も好きでちょいちょい行ってますが、天空の遊歩道は知りませんでした!ちょっと行きたくなりましたが、
OFFブーツではしんどそ~ですね(^_^;)
Re:あっぱれ (サンダーおいおい)
2018-05-27 23:49:34
エーデルワイスは初めて知りました。なんとなく朝っぽかったですねえww
下道で行くので、平均速度は約毎時50ほどですかね
ま、郊外というか田舎道に依存するんですがね(^^)
尻は、TDRでも「...」ですわ
Re:お疲れさまです! (サンダーおいおい)
2018-05-27 23:53:26
これまでの最長距離は、KSR80で行った鳥取の約400kmやったんですが、今回は500kmに届きそうでしたわ(^^)
TDRの燃費はだいたい20から22kmぐらいじゃないですかね?
タンクが満タンで11Lぐらいで、リザーブまでが9Lぐらいです
概算は20km/Lで計算してますわ

コメントを投稿

TDR125」カテゴリの最新記事