表裏一体

表の話題も裏の話題もひっくるめて適当に語る徒然日記

歩み寄ることなどできない。

2019-01-09 23:02:37 | 呟き
誰にでも相性というものはある。


「いい人」だとは思うけれど、それ以上深入りするつもりがない人も居る。


少なくとも私は自分を否定する者に対して寛容にはなれないし、余程でなければ好かれようとする努力もしない。

それが家族でも。


どれだけ努力したところで相手の性格は変わらない。
「仏」に我儘が治るように祈ったけれども結局数年変わらない。


年齢によって性格が丸くなるということもあるだろうが、生まれ持っての気性もあるだろう。


それは私も同じ。


けれど、必要以上のことをしない=面倒臭がりと思われた辺り、結局自分中心で考えたいのだと思う。


私からしてみれば、それは買わなくても良い代物。
それが無ければ作業が一つ減って有効な時間が使えることになる。


人の話に流されやすい割に、自分が認めない人の意見は聞かないという厄介さ。


もしもカウンセリングを受けたら何らかの「注意」をされるかもしれない。


だけど某漫画のセリフが胸に刺さる。


産み育てたからと言って何をしてもいいわけじゃない、と。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« いつもの日が来る。 | トップ | いつまで持つかな。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

呟き」カテゴリの最新記事