伴東SC

「一人はみんなの為に、みんなは一人の為に」進め伴東SCイレブン!

18/6/2 U12 全日リーグ第4節

2018年06月08日 | 各種大会
全日リーグ第4節@伴東小学校

朝早くからCOCOROとのトレマッチまで、暑い中、終日ご協力誠にありがとうございました!!

前節のポイントの振り返りは、みんな正解でした!前よりは、サッカーのことをシッカリ考えるようになってきたのかな?
その翌週のトレマッチの後、「なぜレヴァリーズに勝てないのか?」をみんなにクイズしました。
コーチが思ってた以上に、色んな意見があって、君たちがピッチで感じたんだから、もちろん全て正解!
コーチが準備していた答えは、↓でした。

AからBへ、BからオープンスペースのCに展開したい。
動き出しは絶対ですね。オフザボールの動きです。
これを、みんながタイミングよく、テンポをくずさずにやれれば、ボールは失わない。
レヴァに勝てないのは、プレスが早いレヴァに対して、図だとBがパスを出すのが遅い。Bが早くCに離せれば、プレスに来た相手は置き去りにできる。数的優位を作れる。

なんならダイレクト

テーマです。

■第1試合:佐東南1-1【ダイゴ】
言わずと知れた、屈指(すごい)の強いチームです。前回、佐東南とレヴァの審判をして、7番の子に度肝(どぎも)を抜かれました。運べる、パスで展開できる、シュートもある。(U10やよい大会のブログで、川内にすごいドリブラーがいる、って書いてましたが、彼でした)
ここはスッポンタツで勝負!安定感バッチリでしたね!
しかし、みんながみんな上手い!「なんならダイレ」で縦に早く展開の伴東、超・個人技の佐東南、ディフェンシングサードで耐える時間も多かったですが、シュート数は10対8で上回ってました。(ビデオ見てビックリ)ただ、精度はまだまだよ!
本当に最後まで集中を切らさず頑張りました!
ただ、後半の立ち上がり30秒、するするっと突破されて、同点にされたシーン。誰が行くのか、誰がカバーに行くのか、チャレンジ&カーバーが、ザツでしたね。声!ここは反省しよう!

キイト「ダイゴならループで打ってくれる」と感じたらしいです。ダイレで浮かしたボールを、1トラップで1人、抜いた後、豪快に振り抜いて先制!

カメラマンも興奮のあまり、ブレブレ(笑)


■第2試合:大町0-0
佐東南で頑張った後、相手は1試合目、疲れの差はありましたが、それにしても何もできませんでしたね。
ユウキのファインセーブ連発がなかったら、完敗でした。
「なんならダイレ」はオフザボールの選手が、どれだけ動けるかが勝負です。走れ!走れっ!!走れーっい!!!!

■トレマッチ:COCORO1-1【キイト】
前半はグッダグダのグッダグダ。ハーフタイムで闘魂注入!
後半から、よく声も出てましたね。失点に繋がった球際の弱さ、闘魂注入された、後半からガッツガツ。最初からやれ!言う方も言われる方も楽しくないよね?
分かっててやらない分からないでやれないは、全くちがいますよ!

■総括
3試合とも良い試合はできましたが、全て課題が明確でした。
勝ち点で言えば、負けは0、引き分けは1、勝ちは3です。やっぱり、課題をクリアして勝ち点3を取らんとね!!
全日も半分が終わりました。まだ、COCORO、山本、伴…後半の8チームも、強いとこばっかです。
しっかり、サッカーを考えて、次節に向けて気合を入れましょう!!

[佐東南]
なんならダイレの意識は高くなってきた。でも、つながらない。何が足りない?
[大町]
攻めのスピード、守りのプレス、全部がおそかった。何が足りない?
[COCORO]
ハーフタイム、何が足りなくて、闘魂注入された?

答えを分かってる子がほとんどですが、次回、答え合わせしますよー


今回は、佐東南戦から!

◆1トップで起用したダイゴ「なんならダイレ」をたくさん連発して、この試合は、攻撃の要(かなめ=中心)でしたね!みんなで、これが完成できると、もっと面白いサッカーができるぞ!(赤丸がダイレで出したポイント。コーナーフラッグが見えてきた!?グッド!)



◆ダイゴへのアシストシーン。左ダイレです。みんなが左を使えるようになれば、どこにも負けない武器になります!
この写真、赤い所に、良い点と悪い点が、1つずつあります。なんでしょうか?


サッカーのことを考えて考えて考える!
竹川コウチーニョも君たちを勝たせるために、ウイイレして作戦を考えるよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

18/5/5 U12 全日リーグ第3節

2018年05月06日 | 各種大会
はじめに!
ブログを通して、子供達とポイントの振り返りをすることにしました。
ヒラガナと句読点が増えますが、私の学力が落ちたわけではありませんよ(^^;)

全日リーグ第3節@伴東小学校

朝早くから会場設営等へのご協力、誠にありがとうございました!

先週の小学生サッカー大会は、全く良いところがないまま、課題をクリアする時間もなく、第3節を迎えました。
この日は、先週のブログの答え合わせから。みんな正解でしたが、あと一歩かな?
「どこが悪かった」から「どうすれば良かった」まで、先にみんなで話し合えればグッド!
ただ、一週間で『自分達で』しっかり気づけたことは、すばらしかったと思います!!

■第1試合:原2-1【リョウスケ×2】
10番のタイチ君は5年ヒロトに任せて、1対1に強いリョウタとタツは、ラインコントロール。ちょっとカケでしたが、35分間、集中してラインを高くキープできました。残り5分は何が足りない?【体○】です!
ヒロトは名選手を相手によく頑張りましたが、もっともっと勝負にこだわりましょう!
失点はGKユウキのトラップミス。ショボンとするな!そこは強くなれ!

1点目:リョウスケ(トウシン)
トウシンのプレスから生まれたパスミスをヒロトがカット→バイタルに入ってきたトウシンへ→囲まれながらドフリーのリョウスケへ→落ち着いて左スミへ!!
トウシンが2枚目の赤丸まで入ってきてるのもポイントです!


2点目:リョウスケ
これまたトウシンのプレスから生まれたパスミス、最後はリョウスケが意表を突く(相手が予想できない)コースを狙いすましたミドル!

(入らなかったけどベストシーン)
前半、フィジカル勝負に負け続けたトウシン、相手を倒す強さでボールカット、キイトへの落としを選択→ミドルは惜しくもバーへ!



■第2試合:中筋1-1【キイト】
原戦、交代なしで戦ったので疲れが残ってましたね。でも中筋も連続ゲームで条件は同じです!
先週も残り10分で3失点、集中力がポカンと切れる時間帯があります。何が足りない?【○力】です!

失点のシーンはタツのパスミス。リョウスケもサイドに落ちてきてるので、形は悪くないんです。
次から、パス精度(せいど)は絶対ですよ!

同点ゴールは、ヒロトの絶妙(ぜつみょう)なスルーパスを、キイトが右→左→右と個人技でゆさぶって、左スミにミドル!



■総括
危ない時間帯は必ず後半から。体力です。走り負けてるんです。走り負けるから焦ってミスが生まれる。疲れてるから集中力が切れる。
ふだんのミドルランから、全力で取り組んでくださいね!1人前を必ず抜く意識でやりましょう!
佐東南まで1ヶ月!!!


では振り返りをしていきましょう。3択クイズは次回、答え合わせしますよー

◆シーン1
相手コーナーキック。ドフリーで打たせ過ぎですね。画像で見たら分かりやすいね?
これがいつもの君達のセットプレーです。まずは、体を寄せるだけでもやろう!

◆シーン2
エイトがドリブル突破をしかけて、取られて大ピンチになったシーン。ディフェンシングサードは、リスクを少なく確実に!

◆シーン3
前半、負け続けたフィジカル勝負。どこが使えてない?
 ①おしり
 ②手
 ③声

◆シーン4
後半バテバテで歩くリョウスケ、攻め込まれてるのは逆サイド、ここで良い?
 ①逆サイドを助けに行く(赤)
 ②カウンターを信じて準備(緑)
 ③7番のマークまで戻る(青)

◆シーン5
ユウキのパントに対するライン取り。一週間で修正できたね!後は40分続けること!

◆シーン6
同点ゴールを生んだ、ヒロトの最高のスルーパス。受けたキイトは、飛び出しのタイミングと、声と、もう1つ良い所があります。
 ①右手で欲しいスペースを伝えている
 ②かみがた
 ③とくになし

◆シーンたくさん
左からのセンターリングに赤丸の2人がドフリー。
「ボールウォッチャー」そろそろ練習から意識を高めていこう!次はラッキーはないよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

18/4/28 U12 小学生サッカー大会

2018年05月04日 | 各種大会
小学生サッカー大会@伴東小学校

■戸坂 1-3(ダイゴ)
やっとPCが使えるようになったのでブログ書くのにデオ見直しましたが良いとこなし!!
やりたいサッカーは?の問い掛けに即答できるようになってもピッチで表現(トライ&エラー)をしない限り、いつまで経っても成功は生まれませんよ。

攻撃は「何ならダイレクト」早く縦へ繋いでショートorミドルでコーナーフラッグを目指す。サイドからのバイタル侵入。
パターン1~3までアタッキングサード以外のエリアでドリブル打破の要素はないよね。強引かつ次のアイディアがないドリブルでひたすら引っ掛かる。1失点目はエイトのディフェンシングサードのドリブルカットから。
得点シーンもひたすら打ち続けたミドルがたまたまGK頭上を超えただけ。前日の夜錬、直前までアップ時間を使ってやったシュート練習は?何がテーマだった?
左から来たボールを左に返す。どっちが広い?攻撃が単調になり始めた時間帯から相手の猛攻スタートだったよね?感じましたか?

守備はラインを高くキープ。夜錬でも徹底して教えてもらっている球際の勝負。1枚でダメなら2枚、枚数で奪い切る。
特に後半はラインがグチャグチャでしたね。応援に来てくれていたコーチも言っていましたが逆転劇は時間の問題でした。
後半の飲水タイムで話せるだけのことは話しましたが、残り10分で悪夢の3失点。ある意味で予想通りの結果になってしまいましたね。

いつも言ってますが、ベンチから細かく指示するのは本当に簡単です。強くなりたければ自分達で声を出し合ってチャレンジしてください。
そのチャレンジが違った時は「違う!」って言ってあげるので、先ずはピッチでチャレンジ!

書きたいことは山ほどあるけどこの辺にしときます。

以下の写真は近かったのでエイトがクローズアップされたように見えますが、ピッチの8人全員ですよ!(エイトごめん!!!)
特に後半はこんなんばっかでした。

◆シーン1
右サイドの突破をCBのリョウタが一人でチャレンジ。カバーは誰?そもそもリョウタのエリア?
センターリング上げられた時のタツとエイトのポジション。タツは自分のマーク見失ってます。エイトはLMFだった?



◆シーン2
ユウキのパント。エイトがフレームアウトしていますが上がり過ぎ?それともタツとリョウタの上げが遅い?試合前に決めたテーマはどっちだった?


◆シーン3

エイトの簡単なパスミス(相手6番にパス)。狙いは恐らくスルーパス。エイトの狙いが悪い?キイトのポジションが悪い?キイトだとしたらどこでもらうべき?

◆シーン4
2失点目に繋がったシーン。赤い線と青い線。それぞれ一つずつ悪いところがあります。どこでしょうか?


全シーンに言えることですが、周りが声を出して助け合えば【簡単に】回避できる!ならやろう!次に切り替えて頑張ろう!!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

18/4/22 U12 全日リーグ第2節

2018年04月26日 | 伴東イレブン
全日リーグ第2節@伴小学校

2日前まで出張先で発熱、ホテルで孤独に苦しんでいました。病み上がりの体には少しキツい日差し、頼む…1日持ってくれ!この体!
あ、思わず倒置法が出るほどの暑さでしたが(まだ4月…)頑張るんは子供達ですね(^-^)

■第1試合:祇園 1-1【ダイゴ(ヒロト)】
全員の寄せが早く組織だった守備をしてくるチームです。第1節のレヴァ戦の反省もあってか、スペースを見つけて流動的な攻撃ができました。
前半の伴東の時間帯で枠のシュートが1本だった事が悔やまれます…
先制は第1節の原南戦、ワントラップで1人抜き、ドリブルで1人抜き、キーパー真っ正面!
「good!good!bad!」の迷コーチングを生んだザリガニ野郎ことダイゴ!
後半、一瞬の隙をつかれて同点弾被弾!終了間際の絶望的ピンチはユウキが超絶ファインセーブ!!

ヒロトの突破からオープンスペースへ→倒れ込みながらダイゴらしい豪快なシュート!




■第2試合:安北 0-0
10時からの安北vs伴の審判してました。地区でも指折りのプレーヤーユウタロウのハットトリックで強豪・伴を撃破!ユウタロウをどう抑えるかが鍵した。(苦手ですが吹いてみるのも良いもんです笑)
うちの一ノ倉のスッポン、徐々にポジションを上げてってキイトのカウンター作戦!
一ノ倉のスッポンが的中して、後はこの日絶好調のユウキのパントをキイトが決めるだけ!作戦Xが発動した頃、体力が1mmも残ってませんでした。。。
一ノ倉はハーフタイムで「しんどいか?」って聞いたら「楽しいです!」good!!!

■総括
中谷先生も言われていましたが、分からんでやれんのと、分かっとってやらんのは雲泥の差があります。
もっと出来たはず!!走れ!走れ!!走れ!!!
あと、シュートの精度!丁寧に打つ冷静さ!意識!
伴とのトレマで絶好機を外してニヤニヤして雷喰らった奴!次やったら写真載せるぞ(笑)

これが噂の一ノ倉です!身長差なんのその!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

18/4/14 U12 全日リーグ第1節

2018年04月17日 | 各種大会
全日リーグ第1節@伴東小学校

いよいよ全日リーグが始まりました。これから約半年間かけて全16試合を消化していきます。
去年は各地区の順位決定戦の結果でリーグ分けされましたが、今年は元に戻って安佐南区16チームとの総当たりです。
○○南、佐東○等、強豪がひしめいてます。それでなくても伴東は常にチャレンジャーですが…(^^;)
これまで積み上げてきたものが、どこまで通用するのか?どこから通用しないのか?全日程を終了した時、後者の割合の方が大きかったとしても、悔いのないよう1試合1試合を全力で頑張りましょう!!そして厳しい日程と試合をしっかり乗り越えて、必ず今後の人生の糧にしましょう!!

■第1試合:レヴァリーズ 0-2
まだまだ試作段階ですが、過密日程でトレマも組めないので実践あるのみ!第1戦から2バックで臨みました。
アタッキングサードよりディフェンシングサードの時間帯が長く続きましたが、攻め込まれても耐えるのは(良くも悪くも!)経験豊富です。
相手のコーチもカウンターを警戒してたので、コーナーの数も圧倒されましたが、残り10分の時点で実は「0-0でイケる」と思ってました。
その矢先!RMFのR君が守備に走らず、少しラインを下げてた2バックとの間にポカーンとできたスペースにドンピシャクロス…2失点目もR君がロスしたボールを取り返しに追いかけなかったところから!
3バックより更にサイドMFは攻守のアップダウンは絶対、アンカーがCBのカバーに入ったらそこに落ちる、等々、頭と体をフルに使う必要があります!テクニックは抜群じゃけどハードワークできんと!
※「0-0でイケる」得点の匂いがしなかった方は総括で。

いよいよ開幕!



■第2試合:原南 7-0【キイト、トウシン、ダイゴ、キイト、ユウキ、キイト、ユウキ】
空き時間で2バックのライン取りについて細かく説明しました。「そこが失点に繋がったんよ」と厳しいことも言いました。が!リョウタが「2バックで行きたいです」と志願。素晴らしいね!やるしかないね!
ラインを高くする分のリスクについては皆が本当に声でカバーしてました。リョウタが持ち上がれば「エイト落ちて!」必ず2枚はラインにいましたね。
レヴァ戦で敢えてベンチから言わなかったこと、ピッチで皆でコーチング?!できるようになればもっと強くなる!
後半途中からアンカーに上げたリョウタのドリブルがまじキレキレ!!ほいでCBに入れたリョウスケがこれまた100点!(ほんまはお灸のつもりだったのに笑)

1点目:キイト
アタッキングサードで左右に細かく繋いで最後はドリブル突破から左隅へ!

2点目:トウシン(キイト)
キイトのギアアップにいち早くトウシンが反応、綺麗に繋いで左隅へ!


3点目:ダイゴ(キイト)
この学年ベストゴール!自陣のペナからキイト→トウシン→ダイレでキイト→上手く飛び出していたダイゴが左でズドン!

4点目:キイト
ドリブル突破から左隅へ!

5点目:ユウキ・ロドリゲス(キイト)
CBリョウスケが左で縦に供給→ダイゴ→キイト→浮かし球を胸トラップから左ボレー一閃!ハメス!




(その3分前は豪快な空振り!)

6点目:キイト
ドリブル突破から冷静にGKと反対の隅へ!

7点目:ハメス(リョウタ)
リョウタの針穴スルーパス、パワーを見せた後は冷静に左隅へ!


■総括
レヴァリーズ戦、守備面はバイネーム込みで反省点を書いてしまいましたが、攻撃らしい攻撃をほとんどやらせてもらえませんでした。
「1枚でダメなら2枚、2枚でダメなら3枚」枚数でボールを奪う、奪った後はすばやく前線に繋ぐ、球際も本当に強い。その後、レヴァvs佐東南戦の笛を吹きましたが(1-2で惜敗)、本当に良いサッカーをします。されました。次はうちもしたい!
原南戦で見せてくれた攻撃のバリエーション、ドリブルへの意識、強味は出つつあります。
コツコツと地味な練習を積み上げてきて、左足も違和感なく使えるようになってきましたね。
第2節は組織だった守備をしてくる祇園、CBユウタロウ擁する安北です。反省会で話したことをしっかり意識して良い試合をしましょう!

保護者の皆様
朝早くから会場設営、応援誠にありがとうございました。
16試合もありますが16試合しかありません。加えてハードな日程です。子供達が万全の状態で試合に臨めるよう家庭でもケアをお願いします。
去年までMFだったリョウスケがCBで輝き、去年までCBだったダイゴはレヴァ戦で言い続けた「ワンテンポ飛び出しを早く」をキッチリやってのけて得点も上げました!
コツコツと取り組んできた地味な練習、皆がどこをやってもそつなくこなせるチーム作りが芽吹いてきました(はず!)まだまだ伸びしろしかないですね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加