自称”就職評論家”の戯言

夢は”ホンマでっかTV”に就職評論家として出演すること。採用・就職両面から切り込んでみます。

いい加減やめません、おかしなリクルートファッションのルール

2011-12-10 22:27:12 | 日記
今日は面接講座がありました。

驚くほど多くの学生が参加しました。大体200名でしたので就職希望者の半分が参加したことになります。

先週の就職説明会は動員を掛けて300人、今回は動員を掛けていません。

12月に入りますます不安が募っているような感じです。

面接練習ということで気合いを入れるためスーツ着用としました。するとどうもしっくりこない。

スーツの着こなしにまだ慣れていないこともありますが、とにかく黒一色というのは私にとって違和感です。

10年前はまだグレーや紺など黒以外のスーツもありましたが今は黒しかありません。どうしてですか?

就活の場はビジネスの場と考えて、まあスーツを着るのは良いとしても、色やスタイルまでそんなに画一的に

しなくてもよいと思うのですが。

男子学生はもう少し自由ですよ。色は紺やグレーもありますし、ネクタイは結構色が選べます。

(でも以前ボタンダウンはカジュアルだからダメと書いてるのを見ましたが、どんな感覚なのでしょうかね。

世界中でエクゼクティブはボタンダウンを着ていますよ。)

それから不思議なのは靴です。今年はムートンのブーツがはやりカジュアルでは結構おしゃれな着こなし

(履きこなし?)なのにスーツの足元は本当にダサい。

リクルートファッションのマニュアルにはヒール3~5センチのパンプスとでも書いてあるのでしょうが、

嫌々履いているのでしょうね。

普通のOLのようにヒールの高い靴でもよいんではないでしょうか。

そして髪のカラーリングはダメ、ピアスはダメ、ネイルもダメ。

30年目のヒット曲「いちご白書をもう一度」で「就職が決まって髪を切ってきた時」という歌詞がありましたが、

今はあの時より古臭い。

そもそも12月から始まった合同説明会では、茶髪・ピアス・ネールの人事のお姉さんが学生相手にお話し

していますよ。

お固い筈の銀行でも行員は結構おしゃれしていますよ。

そうそう肌色のストッキングでないとだめなんですってね。

この寒い冬、風邪を引いてしまいますよ。

日本の新卒一括採用は欧米に比べて遅れてるなんて言われますが、リクルートファッションなるものは

それこそ世界の笑われ者ではないでしょうか?

北朝鮮か日本のリクルートファッションかなんてね。

これもどこかに利権があるのでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 早期化が行きつくところ | トップ | 勝って自信をつけ、負けて強... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事