私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

非友好国である韓国との通貨スワップはあり得ない

2018年06月08日 21時54分58秒 | 韓国関連

2015年終了の韓日通貨スワップ、韓国で再開の動き

2018/06/05

 2015年2月に終了した韓日通貨スワップを再開しようという動きがあちこちで表れている。

  韓国の経済団体「全国経済人連合会(全経連)」が日本の与党・自民党に韓日通貨スワップの再開を建議した。

  許昌秀(ホ・チャンス)会長ら全経連代表団は4日、東京を訪問し、日本自民党の幹部であり日韓議員連盟所属議員の二階俊博幹事長、竹下亘総務会長らを表敬訪問した。この席で全経連代表団は韓日通貨スワップの再開を建議した。また北東アジア情勢が急変する中で北朝鮮経済の開放が現実化する場合、技術力が優れた日本との協力が活性化することを望むと明らかにした。

  これに先立ち、韓国銀行(韓銀)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は日本との通貨スワップ再開の可能性に言及した。5月にASEAN(東南アジア諸国連合)プラス3財務相・中央銀行総裁会議出席のためフィリピンを訪問した李総裁は「日本との通貨スワップ再開のために努力し、今後、議論が始まる可能性があるとみている」とし「中央銀行が経済協力レベルで接近しようというのが我々の一貫した立場」と述べた。金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政部長官も「李総裁と話を交わしたが、私も同じ考え」と明らかにした。

  韓国と日本は2001年に初めて通貨スワップ契約を締結し、2011年には700億ドルまで規模が拡大したが、2012年8月に李明博(イ・ミョンバク)元大統領が独島(ドクト、日本名・竹島)を訪問したことで韓日関係が悪化し、2015年2月に完全に終了した。2016年末に韓日間で関連の協議があったが、2017年1月に釜山(プサン)日本領事館前に慰安婦少女像が設置されたことを受け、日本側が一方的に交渉を中断した。
(中央日報日本語版)
    
(引用終了)


 かっては親しい付き合いをしていた友人であっても、何かの理由で一切に付き合いを止めたり、会う機会が激減したとの話は世間には良くあることで、しばらく離れてみると、その友人がどんな人間か分かるようになるし、今までの付き合い方は間違っていたと反省し、無駄なことをしていたものだと思うだろう。
 
 もし、その友人が会う度に「あれやってくれ」「これも頼む」と頼みごとばかりで、また前に貸したカネも返さないにも関わらず、「少しカネを貸して欲しい」とか言って来れば信用出来なくなるし、もう付き合い切れないとして、喧嘩別れするのではなく、黙って引き下がり、関わりを断つのも一つの方法であって、これは国と国との付き合い方も同様ではなかろうか。
 
 隣国である韓国は「価値観を共有する」「重要な」などと言われていたことから、日本として出来る限りのことをしてきたが、それを感謝するどころか、恩を仇で返し、日本には何を言っても、また何をやっても反日無罪で許される国であった訳で、だから今では日本にとって韓国は単なる隣国になったのであり、日本を憎悪の対象として、貶めることばかりしてるようでは関わらない方が良いのである。
 
 中央日報日本語版によれば、2015年2月に終了した日本と韓国との間の通貨スワップを再開する動き韓国側が出ているようだが、日本では、そのような動きはないし、そもそも日本にとってまったく不必要なことで、過去の日韓スワップは経済問題ではなく、政治的配慮のためであったに過ぎないし、韓国が要求すれば日本は応じてしまった訳だが、約束を守らず、貸してあるカネを返さない韓国を助ける理由は存在しない。
 
 日本にとって韓国は隣国の一つに過ぎないし、また非友好国となれば、そのような国との通貨スワップはあり得ないと思っており、期限が到来したことから。日本政府は正式要請があれば検討する旨を韓国側に伝えたところ、必要性がないとの回答があったことから終了したものである。
 
 この中央日報の記事の中には、日本側の反応が書かれていないが、韓国としてはスワップを再開したいと思っていても、日本政府に正式に要請した訳ではないからであろう。麻生財務相が、日韓スワップについて「約束を守らない人に金を貸すと戻ってこない」と発言していることから、再開を検討することもないだろう。
 
 野党やサヨク、偏向メディアによる麻生財務相に対する辞任要求は、日韓スワップ再開の妨げになっている元凶だとして韓国からの指令によるものではなかろうか。そうであれば、モリカケ問題で安倍政権を退陣に追い込むことが出来れば、次期政権で日韓スワップが再開されるとの期待があるからであろう。
 
 韓国は自国経済が危険水域に入ったかも知れず、約束を守らず、合意を履行しないような国となれば信用出来ないし、また日本が助けてくれると未だに期待しているようだが、いつまでも日本を頼るなと言いたい。
(2018/06/08)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 金正恩の宿泊費は在日朝鮮人... | トップ | 残念ながら是枝監督の作品を... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アグニモン)
2018-08-10 19:38:16
アジア通貨危機、世界金融危機、欧州債務危機と日本は韓国を支援してきたが韓国はありがた迷惑と感謝しない。日韓スワップは国益にならない。本来なら日韓スワップは12年8月に李明博竹島上陸と天皇陛下侮辱演説時に打ち切るべきだった。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

韓国関連」カテゴリの最新記事