私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

支那の大洪水は東京五輪を無観客にした天罰かも

2021年07月25日 21時22分44秒 | 支那関連

3階の窓まで雨水が…中国「5000年ぶりの大雨」修羅場に

2021/07/23

中国中部・河南省鄭州と周辺地域に記録的な大雨が降った中で、建物3階の高さまで雨水が増して浸水した姿が映られた映像が公開された。

中国のあるネットユーザーは21日(現地時間)、3階の廊下に雨水が増す窓の外を撮影してツイッターに掲載した。

映像によると、建物3階の高さまで増した雨水が激しく波打っている。

浸水したわけではないが、ガラス窓が耐えられず壊れれば大きい被害を受けかねない状況だ。

雨水が窓のすきまに少しずつ入ってきたかのように床は濡れている。

中国河南省鄭州には大量の大雨が降った。17日午後6時から20日午後6時まで3日間鄭州の累積降水量は617.1ミリだった。鄭州の年間平均降水量640.8ミリに近接する雨が3日で降ったわけだ。

過去最高の豪雨で25人が亡くなり7人が行方不明になり、20万人に近い住民が避難したと中国中央電視台(CCTV)が21日、報じた。これを受け、河南省当局は「5000年ぶりの大雨」と表現した。
(中央日報日本語版)

(引用終了)


 23日に東京五輪の開会式が行われた。昭和39年に開催された前回の東京五輪と比較してしまうが、今回の五輪が無観客で行われているとは言え、テレビなどで観戦している方も多いだろうから、五輪らしくない違和感のようなものを感じ方がおられるのではあるまいか。特に選手の入場が、隊列を組んだ行進ではないことで、まるで散歩の途中と言った感じであり、これも組織委員会の方針なのかどうか知らないが、前回の東京五輪の時のような感動は伝わって来なかった。

 前回の東京五輪では選手団の国名が書かれたプラカードを持っていたのは凛々しい防衛大の学生であり、また選手団の入場行進の際には古関裕而が作曲した「オリンピック・マーチ」などが自衛隊の音楽隊などによって演奏されており、だから今回の東京五輪でも使用されるのでは思っていたが、検討すらしなかったとなれば、残念と言う他はないし、この曲こそ五輪に相応しいし、日本で開催される五輪でなくとも世界のどの国の五輪でも使用して欲しい名曲だからである。

 無観客での開催となったのは武漢肺炎ウイルスによる感染者が増えているからだが、このような東京五輪になってしまったにも関わらずウイルスを作って世界中に拡散させた支那からは謝罪の声が聞こえて来ないし、まるで他人事であり、だから国際社会の支那に向けられる視線が厳しくなっている訳だが、まさに自業自得であって、これからの支那は国際社会から無視される国となるであろう。
 
 中央日報日本語版によれば、支那の河南省鄭州と周辺地域に記録的な大雨が降ったとのことで、河南省当局は「5000年ぶりの大雨」と表現したと報じている。5000年前の降水量の記録があるとは思えないが、要するに想像を絶する大雨が降った訳で、おそらく相当な被害が出ているだろうが、その程度をなぜか公表しない支那共産党は、自国の惨状が国際社会に知られるのを避けたいとの思惑があるからである。
 
 確か昨年も大洪水に見舞われている支那だが、地球温暖化の影響ではないかと言われており、また世界最大の三峡ダムから蒸発した水蒸気が雨雲を作り地表に大雨となって降り注ぐことから、今後も毎年のように大洪水が起こす恐れがあり、支那共産党は自国民の生命財産などを守るために治水対策に力を注ぐべきだが、他国を侵略するために軍備増強に熱心なだけで、自国民がどうなろうと知ったことではないと思っているのであろう。
 
 三峡ダムを崩壊させないために、他のダムや、堤防を破壊して長江流域が大洪水になっても仕方ないとの考えも持っているようで、湖面の長さが500キロメートルにもなる三峡ダムを建設すれば自然環境を破壊し、災害の原因になると指摘されながらダム建設を強行したツケが来たのであり、いくら世界支配を画策する支那共産党であっても自然には勝てないだろうが、それとも勝てると勘違いしているのか。
 
 支那の大洪水は東京五輪を無観客にした天罰と言っても良いであろう。人工ウイルスを拡散しても、大洪水で自国民に多数の犠牲者が出ても決して責任を取らない支那共産党だが、国際社会は迷惑を掛けることと嫌がらせが得意な支那に対して、嫌がることは何でもし、今までの行いからして何があっても助けないとの方針を堅持すべきで、大洪水による被害はまだ続くであろうが、 可哀想などと言った気持ちは皆無である。
(2021/07/25)

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日韓関係の悪化はひとえに韓... | トップ | 日本人選手が銀メダル(第2... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
選手は応援してます (素浪人)
2021-07-25 23:01:07
今晩は。

電通とパ賊人脈とに背乗りされた組織委員会の駄目駄目ぶりは色々と出て来てますが、日本選手の健闘は嬉しいですね!選手に罪は無いので全力で応援してます。

さて、本題の支那天罰説ですが、主様のご意見に禿同でございます。支那人(若しくは朝鮮人)が100人居れば、1人位はマトモな人間も居る、、と言っていつも油断し、情に負けてしまうのが、我々日本人の甘っちょろい所なのです。

100人居て1人しかマトモな支那人しか居なければ、それは果汁1%のジュ~スと同じであり、その民族全体を見て騙されない様にすることこそ、我々日本人が歴史から学ぶことであるし、求められる冷徹さでもあるのでしょう。
>素浪人さん (forest(管理人))
2021-07-28 21:11:34
コメントありがとうございます。

五輪の開会式に日本らしさがないのは電通が原因のようで、前回の五輪と異なり感動するところがありません。それとは対称的に選手の活躍は感動もので、まさにメダルラッシュですね。

偏向メディアは支那の大洪水をあまり報じませんが、ネットでは支那壊滅の動画が沢山ありますし、復興は不可能では思える凄まじい被害ですね。大雨は今年だけでなく来年も続くでしょうが、助ける国はないし、日本も同様です。普段が大事だと言うことですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

支那関連」カテゴリの最新記事