私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

商売のために韓国を擁護したい柳井氏となれば

2020年01月03日 21時34分24秒 | 売国奴・反日日本人

ユニクロ柳井氏「日本人は全部ヒステリー」発言、韓国内で異常に話題になっている理由

2019/12/29

 韓国でたびたび不買運動にさらされてきた、ユニクロ。だが11月には韓国ユニクロの15周年記念で、ヒートテック10万着を買い物客に無料でプレゼントするイベントを行い、開店前から行列ができる盛況となった。
 
 (中略)
 
 韓国の世論、反日から反安倍に

 ユニクロといえば、創業者の柳井正会長(70)のインタビューが10月9日に「日経ビジネス」に掲載され、韓国で話題になった。取り上げた中央日報の見出しは『ユニクロ会長「日本は最悪、韓国が反日なのは分かる」…安倍政権に苦言』。

 インタビューの内容は「(日本は)ひょっとしたら、発展途上国になるんじゃないかと僕は思うんですよ」として、日本の社会全体を俎上に上げたものだが、安倍政権の経済政策を失敗と見なし、「(憲法改正よりも)日米地位協定の改正の方が、将来よほど必要ではないでしょうか」と対米従属を問題にするなど、かなり踏み込んだ内容だ。

 韓国への言及は全体から見れば僅かなもの。「韓国にみんながけんか腰なのも異常ですよね。韓国の人が反日なのは分かりますよ。でも日本人は本来、冷静だったものが全部ヒステリー現象に変わっている。これではやっぱり日本人も劣化したと思います」と語っている。
(以下略、全文はソース参照。ビジネス・ジャーナル) 
 
(引用終了)


  明けましておめでとうございます。拙いブログですが、本年もご愛読のほど宜しくお願い申し上げます。だいぶ年を取って来ましたので、昨年と同様な更新頻度とはならないかも知れませんが、パソコンの前に座って、キーボードを叩いて思いつくまま何か書くのはボケ防止になるような気がしますし、また、この年になって無性に本を読みたくなってきました。目が疲れるので長時間は無理ですが、昔の人のように晴耕雨読を実践して行きたいと思っています。
  
 昨年(平成31年・令和元年)は、日本は韓国からの様々な嫌がらせに悩まされた1年だったと言えるし、例えば、韓国の駆逐艦が海自哨戒機に対して火器管制レーダーを照射したり、文国会議長が上皇陛下(当時は天皇陛下)対して「戦争犯罪の主犯の息子」と呼び「問題の解決には天皇の謝罪が必要」との暴言を吐くなど、日本と日本人には何を言ってもやってもいいと思っているまさに韓国らしいと言えるからである。
 
 今まで韓国には我慢してきた日本だが、平然と嘘を付き、約束を守らないような韓国に我慢の限度を超えたとして怒りを覚えるのは当然で、日韓関係悪化の原因はすべて韓国側にあり、今日まで問題になっていなかったことを敢えて問題にして、日本に謝罪と賠償を要求しており、それも何度も蒸し返すことで、謝罪と賠償のおかわりをするのが得意となっており、そのような韓国でも未だに擁護する連中が日本にもいるのは驚く他はない。
 
 ビジネス・ジャーナルによれば、ユニクロの創業者の柳井正会長がインタビューで「韓国にみんながけんか腰なのも異常ですよね。韓国の人が反日なのは分かりますよ。でも日本人は本来、冷静だったものが全部ヒステリー現象に変わっている。これではやっぱり日本人も劣化したと思います」と語っているそうである。
 
 柳井氏の発言は、まさに支離滅裂であり、すべて韓国の方から喧嘩をうって来ているし、日本は「嘘は付かず、約束は守って欲しい」と冷静に言っているに過ぎず、ヒステリーになっているのは韓国人だけであり、日本人が韓国人みたいなことをしている訳でもないのに、それでも日本人は劣化したと思っているのであろうか。
 
 企業のトップとして発言には気をつけて欲しいもので、なぜかと言うと、日本人の恐ろしさの一つに企業の噂を口コミで広げるからであり、要するにユニクロ不買運動が始まることを覚悟すべきで、既にネットには不買を宣言する投稿が数多くあるし、私も何か買いたい衣料があったとしてもユニクロだけは避けるようにしたい。
 
 柳井氏は日本人が劣化したと思っているようだが、そうではなく、韓国の異常な反日活動のおかげで、今まで我慢していた日本人が「このままでは韓国にやられ放題の日本になってしまう」として、単なる反発ではなく、正しいこことは正しいと、間違っていることは間違いだと主張するようになったに過ぎないのである。
 
 柳井氏も韓国人(朝鮮人)特有の精神病の一種である「火病」のことは知っているであろうが、だから韓国人のヒステリーを超えた「火病」に比べれば日本人の反応はヒステリーとは言えない。今後も商売のために韓国を擁護したい柳井氏となれば、韓国に対する日本の反応を批判するしかない訳で、まさに売国奴と言っても過言ではなく、まったく哀れな方とも言えるだろう。
(2020/01/03)

写真:ユニクロ・柳井正会長(写真:ロイター/アフロ)

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 除夜の鐘がうるさいと感じる... | トップ | ゴーン被告の逃走を助けたの... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アグニモン)
2020-01-04 16:55:22
一昨年 昨年と韓国に振り回された一年だったが今年も韓国に振り回されると思う。天皇陛下御訪韓は永遠にない。東京オリンピックに旭日旗に不満があるなら韓国は東京オリンピック欠場してほしい。
>アグニモンさん (forest(管理人))
2020-01-05 18:22:19
コメントありがとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

今年も韓国に振り回される年になるでしょうし、韓国とは距離をおくべきだとの日本人が増え、それでも韓国とは仲良くなどと言っている連中への批判が高まることを期待しています。

韓国は東京オリンピックの際に、食材を持ち込むそうで、夏の暑い時期ですから食中毒を心配しています。そんなに日本の食が不安ならば参加して欲しくないですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

売国奴・反日日本人」カテゴリの最新記事