私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

世界最大の嘘つき国家と言われている支那だが

2021年04月03日 22時23分39秒 | 支那関連

中国国防省、防衛省に「強烈な不満」伝える 日米連携念頭に牽制

2021/03/31

 【北京=三塚聖平】中国国防省は31日までに、日本の防衛省と3月29日に開いたテレビ会議で、日本側に対し「一連の中国に関するマイナスの振る舞いに強烈な不満と深刻な懸念を表明した」と発表した。

 日本が米国と16日に開いた日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で、中国を名指しして「深刻な懸念」を表明したことが念頭にある。日本側に「中国に対するデマや中傷を停止するよう求めた」と牽制(けんせい)した。

 中国国防省は30日深夜に公式サイトに掲載した報道官談話で、29日にテレビ会議方式で開いた「海空連絡メカニズム」に基づく防衛当局間の年次会合に関する中国側の見解を発表した。

 それによると、尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「中国の固有の領土だ。日本がどのようにもくろんでも、この事実を変えることはできない」と主張。日本側に対し「釣魚島(尖閣諸島の中国側名称)問題での中国に対する挑発行為を停止すべきだ」と求めた。

 中国が2月に施行した海警法については「中国の正常な立法活動で、国際法と国際慣例に完全に合致している」と主張した。

 会合では、自衛隊と中国軍の偶発的な衝突を回避するための「海空連絡メカニズム」で緊急時に幹部をつなぐホットラインの開設が議題にあがった。
(産経新聞)

(引用終了)


  温厚な顔をしたヤクザがいないのは、ものの考え方がまともではないからで、人を脅かしては金品を取ったり、絶対に自分の非を認めず、因縁を付けて人に謝罪要求をするなどしていれば、次第に自分は偉いと勘違いをするようになって、それが態度に出てくると人相まで変わってしまうからであり、その反対に「人から道を尋ねられるような人になりなさい」と言われているのは「この人ならば親切に道を教えてくれそうだ」と思わせる人相だからではなかろうか。

 ヤクザの話を出したのは、今や世界規模のヤクザ国家が存在するからで、世界中に迷惑を掛けておきながら、平然と嘘を付き、また謝罪もせず、責任を転嫁するのを得意とし、武漢肺炎ウイルスの発生国でありながら他人事のふりをしているその国とは支那のことであり、だから習近平国家主席はじめ支那共産党政府の連中の人相は決して良くないし、まるでヤクザであり、元は山賊だった八路軍(共産党軍)が作った政府だから総じて人相が悪いのは当然かも知れない。

 その支那が、また平然と嘘を付いているようで、産経新聞によれば、日本が米国と16日に開いた日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で、中国(支那のこと以下同じ)を名指しして「深刻な懸念」を表明したことが念頭にある。日本側に「中国に対するデマや中傷を停止するよう求めた」と牽制(けんせい)し、また中国国防省は30日深夜に公式サイトに掲載した報道官談話で尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「中国の固有の領土だ。日本がどのようにもくろんでも、この事実を変えることはできない」と主張。日本側に対し「釣魚島(尖閣諸島の中国側名称)問題での中国に対する挑発行為を停止すべきだ」と求めたと報じている。

 尖閣諸島の周辺海域で、接続水域への侵入や領海侵犯を繰り返している支那の武装工作船こそ日本に対する挑発行為であり、周辺海域に展開している海保の巡視船は支那の挑発行為から尖閣を守っているに過ぎないし、武漢肺炎ウイルスの件でも「消防士のふりをした放火魔」と言われているように、尖閣諸島は支那の領土だと嘘を付いて被害者のふりをして「日本は挑発行為をやめろ」と挑発している訳である。

 世界最大の侵略国家であり、また世界最大の嘘つき国家と言われている支那だが、尖閣諸島問題などなかったのに、昭和40年代に国連の調査で付近海域に有望なガス田であることが判明した途端に「尖閣は自国領土だ」と嘘を付き始めたのであり、今は無人島だが、かっては日本人が住んでいた歴史があるし、それでも尖閣は支那領だと言うならば、日本人が住んでいた時になぜ抗議しなかったのか。

 かって尖閣諸島付近で、支那の漁船が遭難し、乗っていた漁民らが同島へ避難したことがあったが、当時支那を統治していた中華民国は遭難者として丁重に扱ってくれた石垣村に対して感謝状を送っており、それには「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島」となっていることから支那は尖閣諸島が日本の領土であることを認識していた証左であろう。

 今は他国の領土であっても、そこを奪いたいと思えば「古来からの固有の領土だ」と嘘を付き始めて、軍事的なものを含む様々な挑発行為を繰り返して、諦めさせる方法で領土拡大を図っているのが支那であり、自身のやっていることが挑発なのに、その認識さえなく、全世界を支配するまで終わらないとなれば、支那を衰退させて崩壊させることしか支配を防ぐ方法はないのである。
(2021/04/03)

コメント   この記事についてブログを書く
« 日本を守る気がないのに日本... | トップ | 防衛秘密を聞き出そうとする... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

支那関連」カテゴリの最新記事