私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

日本精神を忘れていない台湾こそ修学旅行先として相応しい

2018年02月01日 20時53分02秒 | 台湾関連

台湾 日本からの修学旅行トップに 10年前の11倍超

2018/01/27

 修学旅行で日本から台湾に行く高校生が10年前と比べ11倍超に急増し、海外の修学旅行先で米国を抜いてトップに立った。親日的で治安が良いうえ、地方都市の航空路線が急激に増えて利便性が高まったことが背景にあるようだ。対照的に中国や韓国への修学旅行は急減しており、外交問題が影響している可能性がある。【台北・福岡静哉】
 
 毎年調査している「全国修学旅行研究協会」(東京都)が26日、2016年度分のデータをまとめた。旅行先で台湾は262校4万1878人、米国(ハワイ、グアム、サイパンを含む)は254校3万6661人だった。台湾は06年度の3552人と比べ約11.8倍となった。校数、人数とも台湾が1位になるのは初めて。同協会の木田一彦・国際担当部長は「親日的で治安も良いのが人気の理由。旅費が安価な点も大きい」と指摘する。

 台湾の人気上昇の背景には、航空便の急増もある。日本と台湾は11年、路線や便数の制限を原則撤廃する協定を締結。国土交通省によると、直行便の就航都市は10市から19市へ、旅客便数も週225便から同592便へと急増した。15年に直行便が就航した熊本県教委の担当者は「台湾は海外修学旅行の主流だ」と話す。

 一方、韓国への修学旅行は06年度2万3197人から16年度3246人と約7分の1に激減した。多くの修学旅行生が犠牲になったセウォル号事故があった14年度に半減した。中国も06年度1万4031人から16年度3398人と約4分の1に減った。日本政府の尖閣諸島国有化に伴う反日デモが相次いだ12年度、中国への修学旅行中止が相次いだ。私立銀河学院高(広島県福山市)は「修学旅行先は、12年に保護者から懸念の声が数多く寄せられて中国から台湾に変更して以降、毎年台湾。親日的で心配なく旅行できる」と話している。
(毎日新聞) 
 
(引用終了)


 高校生時代の最大の思い出と言えば修学旅行だが、確か2年生の時に、北九州と京都を巡った記憶がある。昭和38年だったが、まだ新幹線は開通していなかったので、朝出発して、24時間列車に揺られて翌朝に九州長崎に着き、それからバスに乗って各地を巡った訳である。
 
 戦後わずか18年で、乗車していた列車は遅延することもなく長崎に到着したのは驚く他はないし、また原爆が投下され壊滅した筈の長崎市内も復興しており、その惨禍は残っていなかった。その日の昼食は長崎チャンポンだったが、今のように外食する時代ではなかったので、非常に美味しかったし、だから、ラーメンと言えば長崎チャンポンのように野菜たっぷりのラーメンを食べることが多くなった気がする。
 
 旅行と言えば海外旅行に誰でも行かれる時代となり、一度も海外に行ったことはない方は少ないであろうし、この私でさえ、米国と台湾に行っているが、その後は年も取ったせいか、国内旅行にも行かなくなり、まして海外旅行に行くことはおそらくないとして旅券の更新をしなかった。
 
 最近の高校生の修学旅行先として海外もあると言うのだから、凄いと言うか良い時代になったものだが、問題は渡航先を間違えると、嫌な思い出しか残らないし、修学旅行の名に相応しくないものとなってしまうからである。
 
 毎日新聞によれば、修学旅行で日本から台湾に行く高校生が10年前と比べ11倍超に急増し、海外の修学旅行先で米国を抜いてトップに立ったそうである。一方、韓国への修学旅行は06年度2万3197人から16年度3246人と約7分の1に激減し、支那も06年度1万4031人から16年度3398人と約4分の1に減ったとのことだが、誠に喜ばしいことであり、今まで日本人に対して何をしても良いと思っている反日無罪の国を修学旅行先にしていたことは異常と言う他はない。
 
 韓国に修学旅行に行った高校生が、自称慰安婦の嘘話を聞かされた後に、教師の指示で土下座で謝罪をさせられたとの話を聞いたことがある。要するに、何でも日本が悪いとの日教組教育を受けている教師が、教え子を反日思想に染まらせようと洗脳する目的のために韓国や支那を修学旅行先にしていた訳だが、だから修学旅行ではなく謝罪旅行だと言われているのである。
 
 支那韓国への修学旅行が激減しているとはいえ、まだ行かせている高校があるのは驚く他はないが、当然ながら生徒や保護者から反対する声もある筈だが、それを押し切ってまで、支那韓国への修学旅行を強行するのは何か弱みでも握られているとしか思えない。
 
 台湾に行くと分かるが、日本統治時代の建物が未だに現存しており、それを韓国のように破壊せず、大事に使われていることから見ても、台湾が日本と日本人に対して、良い感情を持っていることが分かるし、私も台湾に一度行っているが、日本人だと分かると親しげに話かけてきたし、嫌な目にも遭わず、今でも行って良かったと思っている
 
 東日本大震災の際に、台湾の人々が世界最大の義援金を送ってくれたことを日本人として忘れてはならず、その恩に報いるためには多くの日本人が台湾を訪れて、感謝の念を表す必要があるだろうし、また台湾の方が日本を訪れて何か困っている様子があったならば、日本人であれば手を差し伸べて欲しいものだ。

 日本は今日まで親しくすべき国を間違えていたが、台湾はそれでも日本統治時代を懐かしみ、日本精神を忘れていないのであり、だから先人たちが台湾に何を残し、また、なぜ親日なのかを学ぶことが出来る台湾こそ修学旅行先として相応しい国だと言えるだろう。
(2018/02/01)

写真:台湾北部・新北市の九份(きゅうふん)にある中国茶専門店。映画「千と千尋の神隠し」で描かれた世界の雰囲気があり、修学旅行生にも人気だ=台湾北部・新北市で、福岡静哉撮影


ありのままの台湾紀行(前編)

ありのままの台湾紀行(後編)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 希望の党が元民進党を受け入... | トップ | 被爆者ではなく遺族が日本政... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一度行く価値のある国 (成田あいる)
2018-02-02 21:49:32
台湾への修学旅行と言えば、5年前に埼玉の県立高校の教諭が生徒から預かっていたパスポートを紛失してしまい、そのために行かれなくなった生徒が出たという事件を思い出しますが。。。

それはさて置き、これだけ「反韓」を買っている今、韓国への旅行(大人でも学生でも)が激減しているのも頷けますね。
そんな国で「五輪」などやろうと言うのですが、「史上最悪」の結果に終わりそうです。
韓国どころか広島・長崎への修学旅行だって、「謝罪旅行」そのもので、「洗脳」以外の何物でもありません。

その一方で、私立銀河学院高校の台湾に対する「親日的で心配なく旅行できる」と言う声も頷けます。
この記事を拝見しても、台湾は温かみと「良心」を兼ね揃えている国だと思いますし是非一度行っておきたい国の一つだと思います。
>成田あいるさん (forest(管理人))
2018-02-04 19:52:08
コメントありがとうございます。支那や韓国への修学旅行が激減しているのは生徒の保護者からの抗議が凄まじいからでしょうが、偏向メディアがいくら隠してたとしても、支那や韓国がまともな国ではなく、修学旅行に相応しくないとの認識を持つ方が増えていることは間違いありません。

広島・長崎への修学旅行も、被爆者本人の体験談ではなく、その話を聞いたと言う方の話を聞かされるそうで、その内容も安倍内閣への批判もあり、サヨクによる洗脳工作だと言われているようです。

台湾へは3泊4日の行程で行っていますが、台北周辺を少し回っただけですので、台湾のことを語る資格はないと思っています。その時の拙い紀行文を掲載していますので、ぜひお読みになって感想などお聞かせ下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

台湾関連」カテゴリの最新記事