私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

増えすぎとしか思えないコンビニだが

2019年02月23日 21時36分41秒 | 社会問題

ファミマ「24時間やめた」オーナーに聞く「時短営業にしてどうなった?」

2019/02/20
 
 人手不足や人件費の高騰、長時間労働による疲労――。コンビニの24時間営業について、できればやめたいと考えるフランチャイズ(FC)加盟店オーナーは多い。

 一方で、加盟店は、売上から仕入代を引いた「粗利」の半分以上を上納金として、本部に納めている。人件費などは考慮されないため、本部にとっては販売時間が延びた方が良い。24時間営業をやめられない理由の1つだ。

 加えて、客の少ない深夜帯は、商品の陳列や清掃などに適した時間とされる。24時間をやめれば、翌朝の商品が品薄だったり、清掃やメンテナンスが行き届かない可能性もある。配送網も考え直さなくてはならないだろう。

 現在、大阪府のあるセブンイレブンでは「24時間はもう無理」だとしてオーナーが自主的に営業時間を短縮。24時間は絶対とする本部と対立している。

 一方、24時間を見直す「実験」をしている大手もある。ファミリーマートだ。申請して認められれば、月10万円の「24時間手当」がなくなるが、店を閉めることができる。
(以下略・全文はリンク参照)

(弁護士ドットコムニュース)

(引用終了)


 今では街中のいたる所にあるコンビニだが、「また、ここにも出来るのか」と思うほど新規開店するコンビニもあれば、閉店して、建物だけ無残な姿を晒して残っていたり、他の業種の店になるなど変遷が激しいようで、人手不足の時代になったことから、これからも24時間営業を続けるのは次第に困難になるのではあるまいか。
 
 そのようなコンビニにまつわる話題を2つほど紹介したいが、一つ目は、30年程前に、かっての職場の近くに、家族だけで経営している小さなスーパーがあり、良く買い物に行くことから、店長と顔なじみになり世間話をするようになった。しばらくして、その店長が「近いうちにコンビニになります」と言ったので、定休日もなく、24時間営業となるので便利になると思い歓迎した覚えがある。
 
 だが、コンビニになってからしばらくすると、店長の表情が冴えなくなって来たので、訳を聞いところ、「約束が違って困っている」と言って、そのコンビニの本部が責任を持って店員の確保をすることになっていたのに、それが出来ず、代わりに月に何度も夜勤をするようになり疲労が溜まっているからだと言っていた。3年ほど前に、そのコンビニの前を通ったところ、本屋になっていた。家族経営のスーパーのままであったならば、このような事にはならなかったかも知れない。
 
 コンビニにまつわる二つ目の話題は、知り合い家の近くにコンビニが新規開店し、知り合いも、歩いて行けるので助かると言っていたが、私は「おそらく、1年以内に閉店すると思う」と予想したのである。その理由とは、コンビニのある場所が、見通しの悪いカーブ沿いにあり、車を運転している方が利用しようとしても、気が付いた時には、通過してしまうからである。
 
 そのコンビニは予想した通り、1年持たずに閉店し、今はオーナー募集中の看板を出しているが、誰がオーナーになっても、上手く行かないだろう。これは、コンビニに限らず、車を運転している方の利用が多い店の場合は、遠くから気が付いて貰えるような立地条件でないとダメであり、例えば大きな建物に遮られていたり、常時渋滞している交差点の角や、出入り口が狭い上に、前の道路を60キロ以上の速度で走行する車が多いとなれば、利用するのは困難ではなかろうか。
 
 弁護士ドットコムニュースによれば、人手不足や人件費の高騰、長時間労働による疲労などに理由で、コンビニの24時間営業は無理だとして、オーナーが自主的に営業時間を短縮し、24時間は絶対とするコンビニ本部と対立したり、ファミリーマートでは24時間を見直す「実験」として、オーナーが申請して認められれば、月10万円の「24時間手当」がなくなるが、店を閉めることが出来るそうである。
 
 増えすぎとしか思えないコンビニだが、我が家の近くにもコンビニが2軒あるが、利用するのは車の税金と任意保険の振込の時くらいで、なぜなら、ほとんどの商品が、スーパーなどと比較して2割3割高いとなれば、敢えて高い買い物をするためにコンビニに行く必要はないからだ。
 
 それでもコンビニはなくならないだろうが、都会と地方のすべての店が24時間営業を行う必要があるとは思えず、また、オーナーの方針や体調もあるだろうし、また深夜勤務を希望する店員の確保が困難になっているとなれば尚更である。コンビニが少ない時代であれば、それなりに儲かっていたであろうが、「また、ここにもコンビニがある」と思うほど増えすぎてしまったとなれば、いわゆる共倒れの恐れもあるからで、なぜならばコンビニ本部の方針であろうが、近くに既存店があってもオーナーを募集して新規出店させているからである。
 
 かってコンビニだった建物を見かけることが多くなったが、どんな商売でも儲かることもあれば、そうでないこともあるからで、コンビニ経営は、これからは美味しい商売とはならないだろう。太陽光関連業者の倒産が増加しているようだが、コンビニも同様となるような気がしてならないし、そもそも競争が激しい業界らしいので、次第に駆逐されてしまうコンビニもあるだろうし、そして残るのはセブンイレブンかファミリーマートか、それともローソンか、それは誰にも分からない。
(2019/02/23)

写真:ファミリーマート立命館大学前店

コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 朝鮮人と共謀して日本の戦争... | トップ | いつから新聞記者が国民の代... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もはや「ブラック業種」 (成田あいる)
2019-02-23 23:27:06
コンビニの問題は今に始まったことではありませんが、セブンイレブンの「24時間営業撤廃で本部と対立」の件でクローズアップされたようです。
21年前にも、あるコンビニの店舗が深夜に、突然押しかけてきた本部の人間らにより、身ぐるみ剥がされるが如く「閉店」させられた事件もありました。

https://blogs.yahoo.co.jp/convini_talou/22809402.html

最近、セブンイレブン・ファミマと、コンビニは「バイトテロ」の「舞台」にされています。
そのファミマは「サークルKサンクス」を統合し、昨年末に完全統一が完了しました。
「サークルKサンクス」自体、決して評判は悪くなかっただけに、ネットではその「消滅」を惜しむ声や怒りの声で溢れていました。

が、コンビニとてボランティアでやっているのでもなければ、一部の人たちの趣味趣向のためにやっているのでもありません。
勢力拡大のために、あるいは立ち行かなければ他の企業と統合することは当然です。
(最もそれ以前に、「サークルKサンクス」自体、既に「泥船」「断末魔」で「死に体」でしたが。。。)

「弁護士ドットコム」の記事、そして記事にも出ている店長の話を見ても、コンビニが「ブラック業種」と化していること明らかでしょう。
どのコンビニ(特に、他社と統合に統合を重ねたファミマ)も、至近距離に同一会社の店舗がいくつもあったりします。
その上、特に都心部に行けば行くほど外国人の店員が多いです。
コンビニ自体、「供給過多」になり過ぎた感が大いにありますし、閉店して1年以上も「空き家」になっている店舗も少なくありません。
パチンコ屋と同じような物を感じますし、パチンコ屋同様、「斜陽化」していくこと間違いないでしょう。
身近を見ましても・・ (HAKASE(jnkt32))
2019-02-25 19:26:33
今晩は。貴記事の通り、昨今のコンビニ店は 少なくと
も都市部では乱立気味と申して良いと拙方も思いま
す。拙近所でも「ファミリー・マート」が店舗を増やした
一方で「7:11」の一店舗が閉鎖されました。多分、過当
競争が背後にあるものと思われます。

成田あいるさんの記事にある「ファミリー・マート」と
「サークルKサンクス」の合併劇は、我々中京圏の住人
にはちと衝撃ではありましたが、これだけ店舗が増え
る現状では仕方がないのかも知れません。

フランチャイズ店主とコンビニ・チェーン本部の軋轢を
見ても「7:11」は、他チェーンとの競争に有利とみて
24Hに拘泥するのでしょうが、何やらかつてのダイエー
が嵌って 結局は衰退のきっかけとなった「拡大路線」
を考えもなく追っている風にも見受けられます。

スーパーより 2~3割高めの商品単価は、形はどうあ
れ強気の現れではないかと思います。又、成田さんご
指摘の「都市部の店は、外国人店員が多い」のも事実
で、これらがこれから各コンビニ・チェーンのアキレス
腱にならない保証はどこにもありません。

拙者個人は、コンビニ店といえど 余程の大きな理由
でもない限り 24H営業にこだわる必要はない様に思い
ます。「7:11」にしても、進出当初は深夜帯の数時間は
閉店していた訳ですから、これを契機に当初の運営形
態に立ち返るべきではとも思う所です。
初めまして (ジゼル)
2019-02-25 20:20:44
今晩は。
コンビニは増えすぎですね。

うちの近所にも家族経営の小さなお店がありました。コンビニ風で重宝してました。そこは手作りのサンドイッチやワッフルがあって、添加物もないし、おいしくて気に入ってました。
ある日、その店の向かいに
サークルKができました。暫くは
家族経営の店もそれなりに続けていましたが、結局閉店してしまいました。
残念だなあと思いながらも、
コンビニの方へ階に行ったりもしていましたが、やがてそのコンビニも
つぶれて、その後しばらく酒屋スーパーみたいなのができてそれも
閉店、今はデーサービスの施設が
できてます。

あの時、コンビニができなければ
家族経営の店は今も
あったかもしれません。
なんか、残念で仕方ないです。
そうやって潰しあい、毟りあいみたいなことになってしまうんですね。
コンビニの24時間も、そんなに
なくてもいいのかなと思います。
>成田あいるさん (forest(管理人))
2019-02-26 22:25:55
コメントありがとうございます。世間には24時間常に人がいなければならない仕事がありますが、その場合は3交代制などを採用して、健康を害しないような勤務をする必要があります。

コンビニの場合は店員が確保できなければオーナーが夜勤を繰り返すことになり、それを避けるためには営業時間を短縮するしかありません。

廃業したコンビニが目に付くようになったのは、おそらく人手不足と思ったほどの売上がなかったからでしょう。今後、コンビニが生き残るためには営業時間の短縮しかないと思っており、外国人まで店員として雇うのは日本人が買い物に行きづらくなるだけです。
>HAKASE(jnkt32)さん (forest(管理人))
2019-02-26 22:33:24
コメントありがとうございます。昭和50年代のコンビニと言えばセブンイレブンがほとんどであった気がしますが、営業時間は朝7時から午後11時までで、だからセブンイレブンと言われていた訳です。その後、24時間営業になったのは、商品が深夜に届けられるので、閉まっている店の外に置くことでなり、そうなると盗難や衛生面の問題があるとして、24時間営業とすれば店舗内に届いた商品を置けるからだそうで、この件はセブンイレブンのオーナーから聞いたことがあります。

しかし、その弊害が出て来たとなれば、営業時間の見直しは当然で、24時間営業すうる店舗に数を絞るんべきで、、繁華街や幹線道路沿い以外は夜間は閉店で良いでしょうね。
>ジゼルさん (forest(管理人))
2019-02-26 22:34:02
コメントありがとうございます。世間には深夜勤務している方もおり、24時間営業のコンビニがあると確かに便利でしょうが、すべての店が24時間営業をする必要はないでしょう。

買い物は近所のスーパーか個人商店でしますので、コンビニにはネット通販の代金振込などしか行くことはありません。同じものでもコンビニでは2割から3割高いとなれば敢えて高い買い物をする必要はありませんからね。

コンビニになったために、家族経営の商店を潰してしまったり、近くにコンビニが出来たことで潰れた店もありますが、それでも、どこまで増やすつもりでしょうかね。コンビニが生き残るためには店舗数を減らすしかないでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会問題」カテゴリの最新記事