私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

在日総長では立教大学のイメージダウンは避けられない

2018年05月30日 21時36分18秒 | 在日問題

立教大学総長の郭洋春氏、「立教大の誇り、尹東柱…韓国の学生がもっと多く来てほしい」

2018/05/25

 「アンニョンハシムニカ。パンガプスムニダ」

 22日午前、東京都豊島区の立教大学総長の接見室で会った郭洋春(クァク・ヤンチュン)総長(59)が流暢な韓国語で挨拶し、手を差し出した。在日同胞2世の郭氏は今年4月、韓国系初の日本主要大学の総長になった。任期は4年。 郭氏は「東京で生まれ育ったが韓国語はできる」と言って笑った。

 米国の宣教師が1874年に設立した立教大学は、日本で慶應大学、早稲田大学に続く私立大の名門に挙げられる。郭氏はこの大学の戦後初の外国人総長だ。彼は「『道を伝えて己を伝えず』という学校理念によって積極的に広報をしないので韓国では知名度が低いかも知れないが、日本国内では長年の伝統と歴史で認められている大学」とし、「自由な学風が特徴」と説明した。

 立教大学は、日本の植民地支配期に尹東柱(ユン・ドンジュ)が留学した学校だ。2008年から毎年2月の命日にはチャペルで追悼式が行われる。今年の追悼式に参加し、詩「もう一つの故郷」を朗読した郭氏は、「日韓両国で高い評価を受ける詩人が通ったということは、私たちの名誉であり光栄だ」とし、「立教大学の原稿用紙に書いた詩も残っていて、数年前に学内で展示もした」と話した。そして、「詩人に対する畏敬の念から尹東柱奨学金を作り、毎年韓国人留学生10人に年間60万円(約590万ウォン)を与えている」とも話した。

 郭氏は韓国などアジア経済に精通した経済学者だ。彼は「最近、日本の景気が蘇り、グローバルな人材を望む日本企業が多くなった」とし、「韓国の学生たちが米国だけにこだわらず日本に、そして立教大学にもっと多く来てほしい。能力を十分に評価され、自己実現できるだろう」と強調した。立教大学には昨年10月、学部基準で183人の韓国人留学生がいる。郭氏は、「韓国の若者の失業問題に接する度に心が痛む。直接教えた経験では、韓国人留学生は皆誠実で優秀だった」と語った。

 郭氏は選挙の時、「立教らしい改革」を掲げ、教授と職員の反響を得た。郭氏は、「企業が望む人材を養成するのも重要だが、その前に自分のアイデンティティを確立し、確かな世界観と価値観を持つようにすることが『立教らしさ』」とし、「就任後、学校を変化させる新しいアイディアを集めており、合意がなされればスピード感をもって推進する」と意欲を示した。

 国際化にも力を入れる計画だ。郭氏は、「韓国の10の大学と提携中だが、今後もっと増やしたい。現在、世界180校の提携大学を300校に拡大し、860人の留学生を2024年までに2千人に増やす」という目標を明らかにした。「学部ごとに英語授業だけで卒業できる課程を作る」とも伝えた。

 郭氏は、日本で統一運動をした故郭東儀(クァク・ドンウィ)韓国民主統一連合議長の長男だ。最近の韓半島和解のムードについて、「(北朝鮮が核実験をする度に)在日同胞が苦しんだ。平昌(ピョンチャン)冬季五輪で女子アイスホッケー合同チームが構成されたようなことが多くなり、韓半島の緊張が緩和されて平和につながれば良い」と期待した。
(東亜日報)

(引用終了)


 陰気臭い表情で知られている姜尚中氏は、NHKテレビにも出演するなど知名度がある在日朝鮮人だが、平成27年(2015年)3月に、聖学院大学(埼玉県上尾市)の学長を任期途中であるにも関わらず辞任したことが朝日新聞デジタルで報道されたことがある。同大学の理事長との間で、大学運営を巡る意見の相違があったことが辞任の理由だそうである。
 
 姜氏は5年の任期で学長に就任したものの、1年も経たないうちに辞任となったのは、至極当然と言って良いし、なぜならば、大学運営を巡って、日本人の理事長と朝鮮人の学長とでは意見が合うことはあり得ないからで、これは聖学院大学に限った話ではなく、他の大学でも起こり得る話だろう。
 
 東亜日報によれば、本年4月に東京都豊島区の立教大学総長に在日朝鮮人の郭洋春(クァク・ヤンチュン)氏が就任したそうであり、在日の日本主要大学の総長は初めてで、任期は4年とのことである。立教大学も総長が在日では朝鮮大学になったも同然で、大学としてのイメージダウンは避けられないであろうし、そもそも日本の大学でありながら、なぜ在日が総長に就任するに至ったのか、その経緯を知りたいものである。

 郭総長は、さっそく「韓国の学生たちが米国だけにこだわらず日本に、そして立教大学にもっと多く来てほしい。」と言っていることから、予想されるのは、入学試験に朝鮮枠が設けられ、一定の学力に届いていなくとも韓国からの学生の入学が増加するであろうし、大学の国際化と言うのであれば、韓国の学生だけを優遇するようなことはあってはならないし、一定の学力さえあれば、どの国の学生であっても希望者は入学を認めるようにしないとおかしな話になるだろう。
 
 立教大学が今度どのようになるか注目して行きたいが、想定されことは教授陣や大学職員に朝鮮人が増えて日本人が追い出されたり、交換留学と称して韓国から留学生の比率も増えるだろう。なにせ韓国では大学を卒業しても就職率が良くないと言うのだから、韓国から少しでも多くの学生を入学させ、卒業しても帰国することなく日本で就職させることを画策していると思われる。
 
 朝鮮人に関わると必ずダメになる例の法則が立教大学にも発動するであろうし、在日は祖国に帰国せず、寄生虫のように日本も住み続けているのに、日本のためになることは一切せず、日本や日本人の悪口を言うことを喜びとしており、だから嫌われる存在なのであり、そのような在日を総長にしてしまった立教大学には在籍する日本人学生の気持ちはわかっていないようだ。
 
 前述した聖学院大学の学長を任期途中に辞任した姜氏の事例と同様に、大学運営を巡っての意見の対立から郭総長も4年の任期を待たずに辞任の予感がするし、また来年の入試では立教大学が朝鮮の大学になったとして、日本人の志願者が減るのではあるまいか。
(2018/05/30)

写真:立教大学総長の郭洋春氏

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 米朝首脳会談中止で困るのは... | トップ | 地代が貰えなくなるから米軍... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ky)
2018-08-16 20:06:34
立教大学総長に在日朝鮮人、というか外国人というのに違和感がありますね。
ミッション系なので英米人ならまだわかりますが、韓国のキリスト教は胡散臭いイメージしか無いので。
あとお茶の水女子大がLGBTを受け入れたことで志願者は減るでしょうね。
女子大ということで志願する人がいると思うで、男がいることはマイナスにはなってもプラスになることは無いでしょう。
もっとも国公立に女子大があること自体おかしいのですが。(別に男子大があれば問題無いが)
>kyさん (forest(管理人))
2018-08-18 21:26:46
コメントありがとうございます。立教大学は日本の大学ですから、総長が日本人ではないと言うのは違和感がありますね。

お茶の水女子大は今までの歴史をないがしろにする判断をしたもので、体は男で、心は女などというLGBTを受け入れたとしても、女子大生が、例えばトイレで、その男をどう見るかであり、外見は男なのですから、違和感と言うか、一諸にはトイレに入れないと思いますね。障害者用と同じような専用トイレを新たに作る必要があるでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

在日問題」カテゴリの最新記事