私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

誰も党首になりたくない社民党となれば

2018年01月17日 21時59分34秒 | 社民党

社民、党首決められず=告示26日に延期

2018/01/12

 社民党の党首選は12日、告示されたものの立候補の届け出がなく、26日に再告示することになった。これに伴い、29日を予定していた開票日も来月12日に延期した。旧社会党の流れをくむ同党は存続の危機を言われて久しいが、新党首を決められない事態となっている。
 
 12日に告示された党首選は午後3時の締め切りまでに立候補の届け出はなかった。党首選実施本部は26日に再度告示し、立候補を受け付けることを決定。党関係者は「関係者が努力して党首選ができることを期待し、2週間の期間を取った」と説明した。
 
 党首選をめぐっては、非議員の吉田忠智党首が11日、出馬しない考えを表明。又市征治幹事長が吉田氏に翻意を求めている。 
(BIGLOBEニュース)
 
(引用終了)


 偏向メディアが有権者に対して、支持している政党を問う世論調査を行うことがあり、政党別の支持率が公表されることがあるが、一番多いのは支持政党なしであり、次に多いのは自民党で、その次は野党の立憲民主党となっていることが多いようだ。
 
 支持政党なしは、いわゆる無党派層とも言われており、選挙の度に投票する政党が異なるからであろうが、だから選挙結果を左右する存在と言われている。有権者としてどの政党が、どのような政策を掲げているのかを知る責任はあるし、また、何に賛成し、または反対していて、その結果がどうなったのかも知っておくべきで、それを選挙の際に投票行動の参考にする訳である。
 
 最近は野党が林立し「そんな政党がまだあったかな」と思えるような存在感もない政党もあれば、かっては一つの政党で、それなりの議員もいたにも関わらず、党名を変更してから迷走が始まり、今では分裂して、所属議員が少ない政党になってしまったものまで様々だ。
 
 社民党も民進党と同様に党名を変更して党勢の拡大を図ろうとしたものの見事に失敗した政党であり、現有勢力は衆参議員の合計が4名と言う泡沫政党になっているし、また、党首の吉田忠智氏さえも前回の参院選で落選し非議員だと言うのだからで話にならない。
 
 BIGLOBEニュースによれば、その社民党の党首選が12日、告示されたが、吉田党首が11日、出馬しない考えを表明したために、未だに立候補の届け出がなく、26日に再告示することになったそうである。党首には現役の議員がなるのが筋であろうし、それでも誰も党首になりたくない理由とは何であろうか。おそらく議員として報酬を受け取っていれば十分で、責任まで取りたくないからとしか思えず、そのような議員しかいない社民党となれば解党した方が良いではないか。
 
 党首のいない政党はあり得ないので、誰かなるしかない訳だが、おそらく
社民党にとって最後の党首となるだろうから、それに相応しい方が良いのだが、そうなると前党首の福島瑞穂の再登場しかないし、それでも社民党の党勢回復は見込めないので、立憲民主党か日本共産党にお願いして合流するのも一つの方法ではなかろうか。

 社民党の党首選のニュースが出ることは、まだ解党していなかった訳だが、もし福島瑞穂が党首になる気がないとなれば、かって社民党にいた者に声を掛けて復党して貰うしかない訳だが、さて適任者はいるかと考えて見たらあの辻元清美がいるではないか。今では立憲民主党の国会対策委員長らしいが、それより社民党の党首の方が遥に似合うからであり、社民党の支持者も応援するだろう。
(2018/01/17)

写真:社民党党首の吉田忠智氏

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尖閣占拠を画策する支那の挑... | トップ | ICANが本当に核兵器の廃... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最早「静かに死を待つ」レベル (成田あいる)
2018-01-17 23:26:15
「社民党」。。。まだそんな政党があったのですね(笑)

「天下」の「政党」の「党首が決められず、再告示・投票の再延期」なんて、民進党の希望の党との「統一会派」の陰に隠れて全く話題になってませんね(笑)
それにしても、「野党」の話題はこの2党がすっかり「独占」した形です。

「現有勢力は衆参議員の合計が4名」なんて、最早「静かに死を待つ」レベルでしょう。
日本は野党はどれもこれも「泥船」ばかりですが、その中でも社民党など全く「論外」のレベルですし、誰も立候補しないのならいっそ「解党」するか、おっしゃるように共産党か立憲民主にでも「救済合併」べきです。
最早この党の「使命」は終わったも同然ですし、下手に「延命」を図るのなら「安楽死」させた方が「晩節を汚す」事など無いと思います。
組織を理解しなかった 当然の報い (HAKASE(jnkt32))
2018-01-18 21:09:16
今晩は。候補者不在の社会民主党々選・・もう嘲笑レベルですね。

思想闘争に狂奔する一方で 「組織とは何か」 「党勢維持の為に、
何が必要か」についての思考が、この党からは、全く感じられませんで。

前記の 成田あいるさんも仰ってますが、社民は「泥船中の泥船でしょう。
拙的には「党」以前に「組織として終わっている」と心得ます。

残された道は、極めて少ない様に思います。成田さんのご見解にもある、
かねて一部で指摘される、立憲民主党との合併を以て「終了」かも知れません。
>成田あいるさん (forest(管理人))
2018-01-20 18:35:17
コメントありがとうございます。社民党は社会党時代から日本のためになることをしていた記憶はありませんし、北朝鮮による日本人拉致も社会党が大きな役割を果たしていたようで、要するに支援組織だった訳です。

今の野党の中で、まともな党はありませんし、とても政権政党とはなりえない党ばかりですからね。政党であれば政権を目指すべきですが、批判するだけで歳費を貰えるならば野党の方が気楽ですし、与党となれば批判される側になりますからね。

社民党も終わりでしょう。党首になり手がないほど落ちぶれてしまった訳で、これで党首が決まらないとなれば、どうするのでしょうかね。楽しみに待つことにしましょう。
>HAKASE(jnkt32)さん (forest(管理人))
2018-01-20 19:03:20
コメントありがとうございます。党首になり手がいないとなれば、解党して、他の党と合流するしかない訳で、立憲民主党か共産党が受け入れてくれるかも知れませんので、早く交渉した方が良いでしょう。それにしても、かっては野党第一党だったのに、随分落ちぶれたものですが、自分たちの考えは正しいとして活動してきたのに、なぜか国民に支持されなかったと嘆いても始まらないし、バカは死ななければ治らないとは良く言ったものですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社民党」カテゴリの最新記事