私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

習主席の国賓来日に都合が良い時期などない

2020年05月25日 21時39分57秒 | 支那関連

主席来日へ意思疎通 菅官房長官

2020/05/22

 菅義偉官房長官は22日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期された中国の習近平国家主席の国賓来日について、「地域、国際社会が直面する課題に日中両国がともに責任を果たしていくことを内外に示す機会としていく考えに変わりはなく、関連の状況全体を見ながら日中間で意思疎通を図っていきたい」と述べた。 
(時事通信)

(引用終了)


 偏向メディアが行う世論調査の結果と、ネット上で行われる世論調査と言えるかどうか分からないが、同じことを問うても、その結果には違いがあるので、正しいのはどちらなのか判断に迷っている方もいるであろう。最近の若者は新聞を読まなくなり、テレビも見なくなったと言われているし、情報収集はもっぱらネット接続したパソコンやスマホなどなったのは、新聞やテレビは嘘ばかりなのをネットで知ってしまったからではあるまいか。
 
 また、偏向メディアにとって都合の悪い世論調査があるかも知れず、今問題になっていて国民の意見を聞いた方が良いのでは思えることでも世論調査を行う様子はなく、やっていることと言えば安倍政権への批判的な報道放送を繰り返し行った後に、その結果が出たかどうかを確認するための世論調査であり、だから世論調査ではなく世論誘導の効果を確認するための調査だと言われているのである。
 
 武漢肺炎ウイルスによる感染者が世界中に拡散し、国際社会は支那に対して厳しい目を向けるようになったのは大変良いことであり、日本も同じ国際社会の一員として、仮に武漢肺炎ウイルスが収まったとしても、支那との関係は今ままで通りとは行かないだろうし、なぜならば、これほど日本に限らず、世界中に迷惑を掛けておきながら詫びの一つもないからだ。
 
 支那共産党は、まず世界に詫びることが必要だし、武漢肺炎ウイルスのために甚大な被害を被った国から補償要求があれば応じなければならず、だが、いつものようにそれを無視すれば、相当な仕返しがあると思っていた方がいいであろう。また支那人の入国を当面どころか永久に禁止する国もあるかも知れず、もし入国を認める国に行けたとしても支那人は厳しい視線に晒されることを覚悟すべきで、だから支那共産党としてお得意の強権を発動して自国民の海外渡航を禁止すべきである。
 
 日本が武漢肺炎ウイルスに対する初動措置を誤ったのは、習近平国家主席の国賓来日が迫っていたからだと言われているが、時事通信によれば菅義偉官房長官は22日の記者会見で、習主席の来日について、日本と支那との間で意思疎通を図っていくと述べたそうだが、まだ国賓来日を諦めていなかったとは驚く他はない。
 
 今世界の国の中で、習主席が訪問出来る国があるとは思えないし、もし訪問したいと言っても拒否されることは間違いなく、その理由は習主席も分かっている筈である。だから日本が習主席の国賓来日行えば世界を敵に回したも同然で、まさに天安門事件の後に世界が支那に対して経済制裁を行っている時に上皇陛下(当時は天皇陛下)の支那訪問で、結果的に支那を助けてしまった日本政府の愚を繰り返すことになるだろう。
 
 日本国内でも習主席の国賓来日に反対する声があるし、また、沖縄県石垣市の行政区である尖閣諸島周辺海域に毎日のように支那海警局の船が出没し、領海に侵入したり、日本漁船を追い回すなどしている国のトップである習主席を招く必要はないし、今後も都合が良い時期など来るとは思えない。
 
 戦後、日本が犯した過ちの中で最大なものは支那を援助して強国してしまったことで、今や世界中に不幸をもたらすまでになった野蛮な支那と言う国を作ってしまった責任が日本にあると言えるだろう。
(2020/05/25)

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 予想が的中した立教大学郭総... | トップ | 支那こそ武漢肺炎ウイルスを... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中国大陸・習国家主席の国賓来日に抗議します (HAKASE(jnkt32))
2020-05-27 13:42:59
お疲れ様です。櫻井よしこさんら保守側有識層の折々表す
「武漢ウィルス」「武漢肺炎」の言葉は、事実に基づくものと
心得ます。昨日の安倍総理による表明もそれを受けたもので、中共政府筋の反発は当たりません。

先の検察庁法改正案審議に際しては、抗議 SNS多数が
寄せられましたが、習主席の国賓来日に際しても、同様
の抗議が当然寄せられるでしょう。政府も国民も沈黙
なら異常というべきでしょう。

戦後、中国大陸を危険な強国に発展させてしまった原因
の一端は、確かに我国にもありますね。戦前の事共を
振り返るのも大事かもですが、戦後のこの一事は同様に
大事でしょう。特に、対中 ODAを大した検証を加える事
なく漫然と続け、結局は軍事転用を許した事が悔やまれます。
「不要不急」の最たるもの (成田あいる)
2020-05-31 20:03:51
中国の報道局長は米国務長官を、「証拠を出さないのは、そもそもないからだ」と非難しています。
そして、「有罪を推定しての責任追及・賠償請求に反対」としています。
しかも政府の報道官自身も、安倍総理の発言を受けて、「汚名を着せるやり方に反対」と同様のことを言っています。
トランプ氏は態度を硬化し、「WHOとの関係を打ち切る」と言うところまで来ています。
EUは「考え直してくれ」と促していますが、まず無理でしょう。

一方で日本は一昨年、来日した李克強首相を「熱烈歓迎」しました。
安倍総理は総理専用機で北海道まで連れて行き、共にトヨタの工場を「社会科見学」しました。
「夢よ、もう一度」と言うことで、同じように習主席をもてなそうと考えていたのでしょう。
しかも中国は政府の要人からして、他国を「ウソつき」扱いし、「濡れ衣」を着せようとしているような言い方をする国なのです。
「習来日」こそ「不要不急」の最たるものであり、強行する理由などないと思います。
>HAKASE(jnkt32)さん (forest(管理人))
2020-06-02 20:17:29
コメントありがとうございます。習近平は日本に限らず訪問出来る国はないし、もし受入れる国があれば、武漢肺炎ウイルスによる甚大な被害の責任は問わないことになり、世界から批判されることは間違いないし、支那を勘違いさせることにもなります。

習近平の国賓来日に反対する声は多いと思いますが、例によって偏向メディアは伝えていません。来日に反対ではなく、何の反応もしていない偏向メディアや政治家どもは、賛成なのでしょうが、武漢肺炎ウイルスにやられた日本国民として歓迎出来る訳はないこと位は知って欲しいものです。

支那に騙されて支援をした日本の政治家の責任は大きく、人民服を着て自転車に乗るしかない半農半漁の貧しい国にしないと世界が破滅しますので、支那を衰退させるために国際社会は何でもすべきで、武漢肺炎ウイルスに対する損害賠償もその一つですね。
>成田あいるさん (forest(管理人))
2020-06-03 20:02:33
コメントありがとうございます。支那は世界最大の嘘つき国ですし、正しいことを言ったことは一度もく、相手を騙すためには嘘をつくのは正しいと思っているのです。

習近平を歓迎しても、また騙されるだけで、支那としてみれば米国との関係が悪化しているので、また日本を利用したいだけで、天安門事件後の天皇陛下の支那訪問の愚を再現してはなりません。
Unknown (アグニモン)
2020-06-04 20:43:05
楽観はすべきではないが今年は尖閣諸島不法上陸は起きないではないでしょうか。支那国内は武漢肺炎で尖閣諸島不法上陸の隙はないし武漢肺炎は世界に拡大し支那と世界に居住した華人華僑が尖閣諸島領有権を主張して騒ぐは困難である。一方で尖閣諸島警戒はすべき。
>アグニモンさん (forest(管理人))
2020-06-06 19:35:56
 コメントありがとうございます。尖閣不法上陸はいつか起こるでしょうし、それは明日かも知れません。尖閣を失えば沖縄を失い、その後に太平洋を失うと言われており、それは日本が終わることになります。
 
 尖閣不法上陸が起きれば自衛隊の防衛出動によって撃退すべきですが、政治家の覚悟が問われますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

支那関連」カテゴリの最新記事