Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ、礼拝し、希望し、御身を愛します!御身を信じぬ人々、希望せず愛さぬ人々のために、赦しを求めます(天使の祈)

聖ピオ十世会ドイツ管区による聖伝の聖霊降臨シャルトルーパリの巡礼の写真

2008年05月24日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア!

 愛する兄弟姉妹の皆様、
聖ピオ十世会ドイツ管区による聖伝の聖霊降臨シャルトルーパリの巡礼の写真をご紹介します。

Chartres-Paris (die größte Wallfahrt der Tradition) - Pfingsten 2008

 フランスの国旗に何故私たちの主イエズス・キリストの聖心が描かれているかというと、これはイエズス・キリストの聖心が聖女マルガリタ・マリア・アラコックにご要求されたことであり、その後も、フランス革命旗であっても聖心の御影を付けることを望まれたことに由来しています。

聖ピオ十世会(SSPX)ドイツ管区も参加している聖伝の聖霊降臨巡礼(シャルトルーパリ)2008年

聖ピオ十世会(SSPX)ドイツ管区も参加している聖伝の聖霊降臨巡礼(シャルトルーパリ)2008年

聖ピオ十世会(SSPX)ドイツ管区も参加している聖伝の聖霊降臨巡礼(シャルトルーパリ)2008年

聖ピオ十世会(SSPX)ドイツ管区も参加している聖伝の聖霊降臨巡礼(シャルトルーパリ)2008年

聖ピオ十世会(SSPX)ドイツ管区も参加している聖伝の聖霊降臨巡礼(シャルトルーパリ)2008年

聖ピオ十世会(SSPX)ドイツ管区も参加している聖伝の聖霊降臨巡礼(シャルトルーパリ)2008年

聖ピオ十世会(SSPX)ドイツ管区も参加している聖伝の聖霊降臨巡礼(シャルトルーパリ)2008年

聖ピオ十世会(SSPX)ドイツ管区も参加している聖伝の聖霊降臨巡礼(シャルトルーパリ)2008年

聖ピオ十世会(SSPX)ドイツ管区も参加している聖伝の聖霊降臨巡礼(シャルトルーパリ)2008年

聖ピオ十世会(SSPX)ドイツ管区も参加している聖伝の聖霊降臨巡礼(シャルトルーパリ)2008年

聖ピオ十世会(SSPX)ドイツ管区も参加している聖伝の聖霊降臨巡礼(シャルトルーパリ)2008年



聖ピオ十世会ドイツ管区の2007年の「アルバム」もご覧下さい。

 カトリック聖伝の巡礼の時によく歌われる曲に次があります。

Les bleus sont la



Les bleus sont là, le canon gronde,
Dites les gars, avez-vous peur ?
Nous n'avons qu'une peur au monde,
C'est d'offenser Notre-Seigneur
Nous n'avons qu'une peur au monde,
C'est d'offenser Notre-Seigneur

革命軍がそこにいる。大砲が唸っている。
おまえたち、答えよ。恐ろしいのか? 
いや、俺たちにはこの世で一つしか恐ろしいことはない。
それは私たちの主イエズス・キリストを侮辱することだ。
俺たちにはこの世で一つしか恐ろしいことはない。
それは私たちの主イエズス・キリストを侮辱することだ。

Vos corps seront jetés à l'onde,
Vos noms voués au déshonneur.
Nous n'avons qu'un honneur au monde,
C'est l'honneur de Notre-Seigneur.
Nous n'avons qu'un honneur au monde,
C'est l'honneur de Notre-Seigneur.

おまえたちの死体は川に捨てられ、
おまえたちの名前は、不名誉を帰せられるだろう。
いや、俺たちにはこの世で一つしか名誉はない。
それは私たちの主イエズス・キリストの名誉だ。
俺たちにはこの世で一つしか名誉はない。
それは私たちの主イエズス・キリストの名誉だ。


Les bleus chez vous dansant la ronde
Boiront le sang de votre coeur.
Nous n'avons qu'un espoir au monde,
C'est le coeur de Notre-Seigneur.
Nous n'avons qu'un espoir au monde,
C'est le coeur de Notre-Seigneur.

革命軍はおまえたちの家に来て、ダンスを踊り、
おまえたちの心臓の血を飲む(おまえたちを虐殺する)だろう。
いや、俺たちにはこの世で一つしか希望はない。
それは私たちの主イエズス・キリストの聖心だ。
俺たちにはこの世で一つしか希望はない。
それは私たちの主イエズス・キリストの聖心だ。


Allez les gars, le canon gronde,
Partez les gars, soyez vainqueurs.
Nous n'avons qu'une gloire au monde,
C'est la victoire du Seigneur.
Nous n'avons qu'une gloire au monde,
C'est la victoire du Seigneur.

おまえたち、行け。大砲が唸っている。
さあ、出発せよ。勝利者たれ。 
俺たちにはこの世で一つしか栄光はない。
それは主イエズス・キリストの勝利だ。
俺たちにはこの世で一つしか栄光はない。
それは主イエズス・キリストの勝利だ。


============
ブログランキング <= クリックで応援して下さい。兄弟姉妹の皆様の応援を感謝します!
============
【関連記事】



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 聖ピオ十世会ドイツ管区での... | トップ | クチュール神父様のお母様の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フランスでのカトリック教復活 (苺畑カカシ)
2008-05-26 15:02:22
パードレトーマス、

トラックバックを送ったのですが、なぜか反映していないようなので、コメントでお知らせします。

http://biglizards.net/strawberryblog/archives/2008/05/post_713.html

よろしく。

カカシ
ありがとうございます。 (Fr Thomas Onoda)
2008-05-26 18:25:13
アヴェ・マリア!

 苺畑カカシさん、
 フランスへの巡礼の記事のご紹介とトラックバックとを深く感謝致します。(トラックバックについては、設定上、今のところ出来ないようになっており、ご不便をおかけしております。)

 「ヨーロッパ崩壊を防ぐためにも、ぜひともヨーロッパの人々に結婚の大事さをもう一度見直してもらいたいものだ。」カカシさんに、全く同感です。

 ヨーロッパを偉大にしたもの、ヨーロッパ文明の源、つまり、カトリック信仰とそれに基づく道徳をヨーロッパの人々に見直して頂きたい、と願い、祈ります。

 聖母よ、我らのために祈り給え!
天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭) sac. cath. ind.


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。