Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ礼拝し希望し御身を愛します!御身を信ぜぬ人々礼拝せず希望せず愛さぬ人々のために赦しを求めます(天使の祈)

私たちの主イエズス・キリストの御降誕のお祝いを申し上げます

2019年12月26日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様!

私たちの主の御降誕おめでとうございます。
愛する兄弟姉妹のクリスマスのお祝いの言葉を感謝いたします。

イエズスの聖心の祝福とお恵みが皆様の上にあふれるばかりありますように!
聖伝のミサに与る全ての兄弟姉妹の方々の上に、このブログをお読みの全ての方々の上に、御降誕の特別の喜びと幸福がありますように!

カトリックの聖伝と聖ピオ十世会の為にくださる多くの祈りと犠牲、ご後援とご支持、その他全てのお手伝いを感謝いたします。

2020年が真の祝福と真の幸福で満たされる年となりますように!

聖母の汚れなき御心が、いつも、いつまでも、私たちの避難所・守りの要塞・天への道でありますように! 

フォルティン神父様が校長先生をしている学校のクリスマス聖劇をご紹介いたします。


最後の場面

マリア様へのお告げ




聖ヨゼフへのお告げ


ローマ皇帝の人口調査の勅令












べトレヘムへの旅






宿を探して回るが断られる









天使が牧者らに現れる













東の国の博士たちもやってくる














最後に皆が集まる








善い御降誕節をお過ごしください!

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« マニラでのクリスマスの真夜中のミサの前に... | トップ | 御降誕の祝日、フォルティン... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (フィロメナ)
2019-12-27 07:50:23
主の御降誕おめでとうございます。
フィリピンの可愛らしい子供達の劇の様子を楽しく拝見致しました^_^
私は、12月24日、大阪の御降誕前のミサ、そして25日深夜の御降誕ミサにあずかりました。
御降誕前ミサではフォルティン神父様のお説教で、聖母マリア様の天主の御母という信仰のドグマについて、それが教会の歴史上、簡単に成立したものではなかった事を知りました。
御降誕のミサの前には、マリア・フィロメナさんの洗礼式が厳かに執り行われました。
洗礼式の前にフォルティン神父様は洗礼の儀式の動作のひとつひとつの意味も御説明下さいました。私どもを余りある高い代価で悪魔から奪い返して下さったことがよくわかり感動いたしました。
また、洗礼の秘蹟をいただくことはキリストの救いの業に参与する恵みも頂くことでもあるとわかりました。
わたしが30年前に教区で受けた洗礼式とはあまりにも違うものでした。その式は信徒の方々に証人となって頂き、キリストの群れに仲間として属する、という意味合いが強い式だったと思います。
洗礼の秘蹟について改めて深く考えさせていただきました。
また、インマクラータである聖母マリア様と御養父聖ヨゼフ様が天主の御旨を謙遜に従順に果たされたことが救いの御業に繋がっていた事を思いました。
日常に戻りましてもこの御ミサでの思いを忘れず聖母の騎士の一人として祈りたいと思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。