Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ礼拝し希望し御身を愛します!御身を信ぜぬ人々礼拝せず希望せず愛さぬ人々のために赦しを求めます(天使の祈)

天主の求める「正義」というのは、「私たちが隣人を許す事」にある、これこそが天主の求める正義であって、本当の平和だ

2019年11月09日 | お説教・霊的講話
2019年11月3日(主日)聖霊降臨後第21主日のミサ
聖ピオ十世会司祭 小野田神父説教

聖なる日本の殉教者巡回教会にようこそ。
今日は2019年11月3日、聖霊降臨後第21主日のミサをしております。

今日このミサは、アマゾンのシノドスにおいてなされた偶像崇拝の罪の償いとして、特別に捧げられております。

聖ピオ十世会では11月10日にそれを行いますが、私たちは一週間早めて、このミサをその意向で捧げています。

同じく聖ピオ十世会では一週間後に、諸聖人の連祷をこの罪の償いの為に捧げます。
私たちはこの初主日の今日のミサの直後に、御聖体降福式で、諸聖人の連祷を聖母の連祷の代わりに唱えて、罪の償いとして捧げたいと思っています。どうぞ皆さんご参加下さい。

今日午後の3時半頃から、晩課がここである予定です。どうぞいらして下さい。

「天の父も、お前たちに同じようにするだろう。」

聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。

愛する兄弟の皆さん、今日私たちは、聖マテオの福音の中の非常に美しい、私も最も好きな箇所の一つを読みました。私たちの最も好きな箇所を読みました。「罪の赦し」という題材のものです。

そこで今日は、11月1日には、天の諸聖人たちが栄光に入ったその姿を見て、そして2日には、煉獄で苦しむ聖なる霊魂たちの姿を見て、苦しみの教会を見て、最後に、地上の教会、戦闘の教会私たちが一体どうしたら、この教会が私たちに伝えようとする事を理解する事ができるか?を黙想する事に致しましょう。

特にちょうどこの11月1日・2日・3日と、非常に論理的に私たちに道を、道標を教えているように思われます。そこでこの3つの、11月1日・2日・3日の主題を簡単に黙想致しましょう。

【その一】
諸聖人の祝日は私たちに、一体何の為にこの地上に私たちが生まれているのか?何でここに生活しているのか?という究極の目的を教えてくれます。

私たちはここにただ、この地上で美味しい物を食べたり、あるいは観光に行ったりする為だけに生きているのではなくて、究極の目的の為に、ある目的の為に、生を受けました。この地上に創造されて今、生きています。

一体私たちの究極の目的は何なのか?それが諸聖人の大祝日が、私たちにはっきりと示しています。

私たちはここに、偶然にいるのではなくて、「天国の永遠の命を享受する為」に、「永遠の天主の命を私たちも頂く為」に、「それに参与する為」に生まれてきました。

もしも私たちがこの大宇宙を、美しい大自然を頂いて、創造を受けて、そして私たちもその中に生きているとしたら、これは天主が私たちに、「この大自然を使って、道具として使って、天国に行くように」とされたからです。

もしもイエズス様が、天主の御言葉が人となって、私たちと同じ生活をされて、人間として生活をされて、そして十字架で血を流された、いけにえとなられたとしたら、これも罪の償いと、そして私たちを天国に導く為です。私たちに永遠の命を与える為です。たった一つの目的しかありません。「永遠の命」です。

つい最近、ある方から質問を受けました、「教皇様の来日の為に記事を書かなければならないけれども、神父様、日本にとって一番重要なイシューというのは何だと思いますか?」

私はこう答えたいと思います、「今、日本で、そして日本に住むすべての人々が最も大切な、重要なイシューというのは、『永遠の命』のものである。」

私たちが一体、この死の後に永遠の喜びを受けるのか、受けないか、天国に行けるか、行けないか、あるいは私たちが創造の目的を達成する事ができるか、できないか、永遠の喜びに入るか、入らないか、それがそれこそが最も大切な大事件であって、最も大切なイシューです。

東京でオリンピックのマラソンをするかしないかとか、あるいはリニアモーターカーが静岡県を通るか通らないか、全くそれらは手段でしかありません。この地上の全てのものは、被造物は、私たちが天国に行く為の手段としてのみ、与えられました。目的ではありません。

天国の今いる諸聖人たちは、この地上での全ての生活、境遇、誘惑、十字架、困難を、「手段」として、それをトランポリンとして、天国に行かれました。

【その二】
では私たちはどうやったら、どのような道を通ったら、その天国に行く事ができるのでしょうか?

道はたった一つしかありません。「十字架の道」です。私たちが天国に行く為には、罪を赦されなければなりません。私たちは全く罪を赦されて、清く浄められなければなりません。なぜかというと「罪」というのは、「天主の反対」であるからです。天主に「No!」と言う事であるからです。

罪の赦しの為の唯一の手段というのは、「イエズス・キリストが流された御血」です。

聖パウロは言います、「流血がなければ、罪の赦しはない」と。天主の御血が、イエズス・キリストの御血が一滴でも流されなければ、私たちには罪の赦しがありません。私たちにとってイエズス様と一致する事、イエズス・キリストの御血の功徳を受ける事が、天国への唯一の道です。それ以外のあらゆるものは、私たちはもしもそれが有効である事を、役に立つ事を望みますけれども、残念ながら、本当の真理は、本当の事は、それだけです。

なぜかというと、イエズス・キリスト様が、この全世界を創った本当の天主であって、私たちの為に人となって、罪の償いとして捧げられた唯一の、効果のある、力のあるいけにえであるからです。これ以外には道がないからです。

煉獄の霊魂たちは私たちに、非常に強いメッセージを送っています。一体なぜ煉獄の霊魂たちが今、煉獄にいるかというと、「罪の償い」をしています。なぜかというと、たとえ罪を赦されたとしても、罪によって当然生じる償いは残るからです。

でも「罪の償い」というのは、「天主」に対してまずなされなければなりません。なぜかというと、罪というのはまず第一に、そして最も、天主を犯すものであるからです。

知性のない、自由意志のないものは、そのまま自然の法則に従っています。物は自然に重力に従って落ちますし、火は法則に従って燃えます。花は法則に従って、自然の法則に従って咲きますが、これは天主がそのように命じて、自然は、大自然はそれに従う義務があるからです。

人間は天主の法則に教えられた掟に、それをよく知り、自由意志を以て、それに従う義務があります。もしもそれに、知りながら、自由意志を以て拒否するならば、私たちはそれの当然の罰を受けなければなりません。償いをしなければなりません。

言ってみれば例えば、これは必ずしも悪ではないのですけれども、非常に簡単な例えで言うと、もしも何かが重力に逆らって上げられたとしますが、たとえその上げたという事が許されたとしても、しかし天主の秩序は、そのそれがまた元に戻る事を要求します。それと似たように、もしも知性的な被造物が天主に逆らった時に、その壊された秩序を、私たちは何とかして償わなければなりません。


【その三】
では私たちは、その償いはどうしたら良いのでしょうか?

「イエズス・キリストの御血」によるしかありません。ところで、私たちがイエズス様の御血の功徳を得る為に、そしてこのそれを有効に得る為に、天主は非常に深い、愛の唯一の条件を与えました、「もしも私たちが赦されるならば、隣人をも許さなければならない」と。

その今日の、第3点のテーマがそれです。

第1は、私たちは、天国に行く為に生きている。

第2は、「罪」というのはまず、「天主」に対して犯される、天主に対して極めて大きな不正がなされる。

第3、私たちがその天主からの赦しを得る為に、罪の償いをする為に、隣人をも許さなければならない。こうして初めて、私たちは当然天主からの赦しを受ける事ができる。

一体なぜなのでしょうか?

なぜかというと、私たちが天主に対して犯したその罪の負債は、あまりにも巨大なものであるからです。私たちが到底支払い切る事ができないものであるからです。例えば今日の福音が、その私たちがどれほどの負債があるか、という事を理解する事ができる為に、今日の福音が例え話を出しています。

1万タレント。1タレントというのは、人が一生働いてようやく築き上げる財産だそうです。1万タレント。1万回生きて、一生懸命労働して、ようやく貯める事ができる事ができないかの額だそうです。

100デナリオ。デナリオというのは、人の1日の労働の給料だそうです。100日働いて得る事ができる。

1万回生きて稼いだお金を許された男が、100日分のお金を「返せ!」と、許さなかったという話です。

しかし本当の事を言うと、私たちが天主に対する罪の負債というのは、それよりももっと無限の差があります。

今日、私たちの主は、「主の祈り」の中でも同じような事を教えています、「もしも祈る時には、こう言いなさい、『我らが人に許す如く、我らの罪を赦し給え。』もしも私たちが許さないならば、私たちも赦されない。」

これは現代の考えと非常に、現代の人は違ったように言うかもしれません、「罪というのは、天主ではなくて人間を傷付けるものであって、人間と人間のものなので、天主は関係ない。だから正義と平和というのは、権利を要求するものであって、人間と人間との正義を回復しなければならない。」

天主の求める「正義」というのは、「私たちが隣人を許す事」にあります。これこそが天主の求める正義であって、本当の平和です。

ある方が私にポロリとこう言ったのを覚えています、「私は、日本の殉教者を素晴らしいと思う。殉教という栄光に憧れる。しかしでも、『人を許す』という事は、殉教よりも大変だと思う。」

ところで、日本の殉教者たちは、自分たちを殺して、迫害して、全財産を奪って、そして命さえも奪って、国外へ追放したような人々を、喜んで許して殉教していった、本当に素晴らしいと思います。

これこそが、イエズス様が教えた精神であります。なぜかというと、私たちは天国の為に生きているからです。この世はあまりにも儚いものであって、ほんのあっという間に過ぎてしまうものであるからです。この地上の事から天に目を上げるようにと招いているからです。

【最後に】
愛する兄弟の皆さん、11月は死者の月です。私たちもいつ天に召されるか、その事を黙想致しましょう。そして私たちはイエズス様から、「罪の赦し」という大きな御恵みを頂いたので、それを全うする為にも、隣人を喜んで許してあげる事に致しましょう。ここにこそ、真のカトリックの精神があります。ここにこそ、キリストの弟子の精神があります。そしてここにこそ、最も愛の深い表明があります。これほど美しい事があるでしょうか。

私たちにもこの精神が与えられますように、特にマリア様にお祈り致しましょう。

聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。


コメント   この記事についてブログを書く
« ロザリオの栄えの玄義 第1玄... | トップ | 聖ピオ十世会日本は恒例の秋... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。