Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ、礼拝し、希望し、御身を愛します!御身を信じぬ人々、希望せず愛さぬ人々のために、赦しを求めます(天使の祈)

聖ピオ十世会本部の公式発表(二〇一二年十月二十四日)の日本語訳をご紹介します

2012年11月07日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様、
 聖ピオ十世会本部の公式発表(二〇一二年十月二十四日)の日本語訳をご紹介します。

愛する兄弟姉妹の皆様の上に天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)


原文はこちらです。
http://www.dici.org/en/news/communique-of-the-general-house-of-the-society-of-saint-pius-x-october-23-2012/



聖ピオ十世会本部の公式発表(二〇一二年十月二十四日)

 リチャード・ウィリアムソン司教は、数年にわたり、聖ピオ十世会の長上とその指導から距離を置き、合法的な長上たちに対し正当な尊敬と従順を示すことを拒否しているため、総長とその審議会の決定により、二〇一二年十月四日、聖ピオ十世会より退会を宣告された。従順を宣言する最後の機会が与えられたが、その最終日に、ウィリアムソン司教は、総長の辞職を要求する「公開書簡」の発表を発表すると予告した。

 聖ピオ十世会とその運営との共通善への配慮に基づき、この苦渋の決断が必要となった。これはルフェーブル大司教が以下のように告発したことに沿っている。「【今の危機は】権威の破壊です。もしも当局が、全会員たちに権威の行使に参与することを求めなければならないなら、どうやって権威を行使できるというのでしょうか?」(一九八七年六月二十九日、エコンにて)

* 原文はフランス語で書かれている。

二〇一二年十月二十四日、メンツィンゲンにて


============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 聖ピオ十世会 総長第一補佐 ... | トップ | 天主様に感謝します »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
齢70歳代になって、神様の実在リアルに存在して、居られる事が理解出きる様に成りました。 (洗礼名サンタ.クララ、マリア)
2013-04-28 02:04:00
小野田圭志神父様 始めまして。私は10代の頃に洗礼を受けました。ある時教会の前を通りました時、光輝く清らかさを感じました。その風景は
現代75歳になりますが、まだ少し前の出来事の様に思い出します。神父様方が何人か屋上で、居られました。姿が、素晴らしい景色に見えたのです。その後縁がありまして、友人を通して勉強を
しました。後洗礼の御恵みを 頂きました。

しかし時がたちすぎてゆく過程に、色々と私自身にも、難しい出来事が重なり、ました。
此の年になるまで、永遠の命、が何処か、幻のように、薄い絹の布を通す様に、思えて居ました。つい最近です、教皇様の引退される、ニュースを聞きまして、パソコンで、検索しました。初めて、色々なカトリック関係の、記事を見ました。自分がいかに暢気に、過ごして来ていた事と思い知らされました。

大変な事になって、居た事に少々ショックを受けています。カトリック教会様子が少しずつ、変化して、います事は感じていましたが、イエズス.キリスト神様が、私は此の岩の上に私の教会を立てる))といわれましたですね。

ですので、ローマ、ヴァチカン教皇様が、お決めに、成る事は間違いないと、信じてきました。しかし(或る時の教皇様の肖像画)を見ました時に異常な雰囲気な、教皇様の柔和な面が無い肖像画、を見た時がありました。なでか

私は教会から、家に帰って来ますと悲しくなりました。自分でもわかりませんでした。如何してこんな、気持ちに成るのか、理解できないのです。実家の母が、教会から帰ると悲しい、顔

に成る、と、言いましたことが、ありました。
その教皇様は(教会便り)などでは、知らされませんでしたが、或る、雑誌に
記事が載っていた時がありました。その事は理解できました。私の、見違いでは、無かったことです。

教会のミサの変化は、身に感じて、いました。
唯、様式祭壇の様式の変化は私の洗礼を、受けた教会に、ピオ12世教皇様の最期に近い頃すでにありました。その変化には、私は直接に当時

の神父様に御聞きしました。納得できるものでは有りませんでした。祭壇の十字架が、祭壇の正面より下ろされ、左側の側面に低く置かれている事でした。

すでに、何かが変わってきていました。((聖室>>もデザイン化され意味が良く判らないままにいます。光輝く美しさを、感じていた、祭壇の変化にどうしても、私には衝いていく事が出来ないで、今日まで来ました。しかし 本当に
真剣に神様と一致できる、様に向き合って行く事に生活を、丁寧に生きて行く事と、思っています。甲府教会を意識してくださいませんでしょうか。私は足も遠くに歩くことが出来ません。近くに、(車の免許)は持っていますが、

時間長く歩けませんので、移動が難しいのですが、甲府教会)所属)URL>メールアドレスの記入ですか。すみません。まだ全部パソコンの事判っていません。私状を記入はだめでしょうか。駄目なところは削除お願いします。
こんにちは!メッセージを感謝します。 (Fr Thomas Onoda)
2013-06-22 18:18:43
アヴェ・マリア!

 こんにちは!天主様のことをリアルに思うことが意識できるようになられたこと、大変嬉しく思います。

 いつも天主様の現存を意識して生活することが出来ますように!

 はい、カトリック教会のために、教皇様のために、たくさん、たくさん、お祈りいたしましょう!甲府教会の信徒の皆様のためにお祈りいたします!!!

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。