ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

試写会「GOEMON」@中野サンプラザ

2009-04-16 21:56:17 | 映画感想
2009/4/15 中野サンプラザでの開催。

監督、脚本、紀里谷和明

江口洋介、大沢たかお、ゴリ、広末涼子、奥田瑛二、中村橋之助、
要潤、チェ・ホンマン、伊武雅刀、うー、書き切らん。

***

1582年の本能寺の変の後、豊臣秀吉の天下となってしばらくののこと。
町は活気にあふれていたが、貧富の差は拡大し、
弱い者はさらに弱い立場にあった。

秀吉配下の石田三成(要潤)は、明智光秀(紀里谷和明)の蓄財を回収すべく、
紀伊国屋文左衛門(六平直政)の屋敷に立ち寄った。

そのころ、文左衛門の蔵は、石川五右衛門(江口洋介)に襲われていた。
五右衛門は、小判のほか、不思議な文字の書かれた青い箱も盗んで、逃げる。

後々、この箱が物語に重要であることがわかる。

五右衛門は群衆の中に金をばらまき、三成の追手を逃れる。
途中、青い箱の中が空だと思い、捨ててしまうが、
子供のスリ小平太(深沢嵐)がそれを拾う。

実は三成は、金ではなく、この箱を探していたが、
五右衛門に盗まれてしまったので、霧隠才蔵(大沢たかお)に命じて、
紀伊国屋の一家を皆殺しにする。

翌日、部下の猿飛佐助(ゴリ)が五右衛門を訪ねてきて、
紀伊国屋の惨劇と箱の話を告げる。
箱を拾った小平太は、三成の部下の又八(玉山鉄二)に襲われ、
母(鶴田真由)を失う。
五右衛門は又八を斬り、小平太を連れ、箱を持って去る。

「箱」が見つからないと知った豊臣秀吉(奥田瑛二)は、
激しく三成を叱咤し、なんとしても取り返すよう命令する。

命を受けた才蔵は、五右衛門を追うが、
途中謎の人物に邪魔をされて五右衛門を逃がす。
箱を調べていた五右衛門は偶然その箱に隠された木簡を見つけ、
それに書かれた地図を頼りにあるものを発見する。

それは、信長暗殺の陰謀の真相に迫るものだった。

さらに、
服部半蔵(寺島進)徳川家康(伊武雅刀)浅井茶々(広末涼子)千利休(平幹次郎)
らが絡み、物語は、展開していく。

はたして木簡の真相は、五右衛門と茶々才蔵らの運命はどうなる。

***

時代劇というにはあまりにもぶっ飛んだ設定となっている。
歴史絵巻ではなく、五右衛門を現代風にアレンジしたコミックの映画化、
と言ったらぴたり来るかもしれない。

ちょんまげもないし、靴はいてるし、衣装も現代チックで、
最初ヨーロッパの甲冑が出た時はどうなるかと思ったが、
よくいえばユニーク、悪く言えば時代考証を無視した設定だが、
全編それを押し通しせば、それもまたありかな、と。

人物名は実在の人物と同じだが、衣装は当然として、
その家紋なんかも変えてある。
たとえば豊臣家は本当は五七の桐だが、五三の桐で桐の葉の形が違うとか、
徳川家の三つ葉葵も葵の葉の形が違うなどだ。

ここまで、確信的にやられると認めるしかないかもね。

ともあれ、時代劇ファンにはちょっとお勧めしかねるが、
そういう超越した世界観を受け入れられる方には面白いかもしれない。

**

マイナスも書いておくと、ラストは冗長。
最後のシーンは丸々カットし、合戦のところで終わらせてもいいし、
突っ込んでいくところで終わってもいいし、とにかく余分だった。

監督自らがちょっとだけ出てます。
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« MLB、4/16、結果、イチロー満... | トップ | 政府の緊急ネットワーク「エ... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヨヨ)
2009-04-24 10:41:31
トラコメありがとうございました^^

時代劇といわれると(時代劇が好きなので)
鼻息荒くして 否!と叫びたくなりますが
独自のビジュアル系世界観とすれば、
たしかに、これはこれで面白いものでしたよね
衣装や映像なんかは退廃というのを感じつつも
西洋寄りの日本世界は、どこかファンタジックでもありました

作品内でパンドラの箱の話が使われていましたが、
「箱」というのを介して、この作品自体も
パンドラの箱のエピソードに乗っ取った作品だったのかもしれませんね
五右衛門が「箱」をあけた瞬間から、
マイナス面である絶望や死なんかが飛び出して
でも最後に残ったものは…。
キャラクターそれぞれのエゴが絡み合ったラストは、虚しさを感じつつもどこか穏やかな気持ちになれたのが不思議でした
ヨヨさんへ (KGR)
2009-04-24 13:33:04
確かにこれを「時代劇」と呼ぶのは違和感です。
とはいえ、パラレル・ワールドと言ってしまうのも
もったいない気がします。

映画は映画。
監督が自分の感性で咀嚼し表現したものですし、
どう感じるかはまた、観客の感性。
THNKS! (たーくん)
2009-04-25 08:10:12
コメントありがとうございました^^
メールだと気付くのが遅れる場合がありますよね。
一度見逃したことがあります…。
ホントぶっとび感も全編通せばそれなりに観れますよね~
頭が硬いとダメのようです^^; 
たーくんさんへ (KGR)
2009-04-25 08:25:37
こちらこそコメントありがとうございます。

最初からメール通知と言っててもらえば、
気にしてたんですけど、見逃しかけました。
間に合ってよかったです。
こんばんは~♪ (ひろちゃん)
2009-05-01 02:18:03
今回は中野サンプラザでしたので
試写会に行ってきました(笑)
私は、21日の試写会でした。この会場で
何回も試写会あったんですね^^

さて、この作品、確かに時代劇と呼ぶのには
違和感感じます(^^ゞ
最初はゲームのような映像に戸惑いましたが
終わってみれば、楽しめた自分がいました
(笑)
ひろちゃんさんへ (KGR)
2009-05-01 09:17:46
おもしろかったんですが、
この紀里谷ワールドがどこまで受け入れられるか、
気にもなり、心配でもあります。
こんばんは。 (BROOK)
2009-05-01 18:01:41
もはや時代劇ではありませんでしたね。
紀里谷ワールド全開でした。

でも、個人的には大満足。
前作が前作なだけに・・・。

好き嫌いが分かれそうな作品かもしれません。
BROOKさんへ (KGR)
2009-05-01 20:13:48
TB/コメントありがとうございます。

時代劇、歴史物が好きなファンには
ブーイングかもしれません。

あの世界観、あそこまで徹底すればそれはそれで納得です。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2009-05-01 23:23:40
昨夜は、1番にレスをつけて頂きまして
ありがとうございました^^
今日会社から追記しまして(^^ゞ、今、KGRさんのコメントにレスさせていただこうと思って
見ましたら、コメントが消えてしまって
ました(^^ゞ

お忙しい中、コメントつけて下さいましたのに
なくなってしまって、本当にすみません(T.T)
追記の時に、操作を間違えたのかなあ???
以後、日記アップには、注意を払いますので
これからも、気づいたことがありましたら、
コメント等よろしくお願いいたします。
せっかくのコメントが消えてしまい本当に
ショックです(T.T)

こんな私のブログですが、これからも、おつきあいどうぞ、よろしくお願いいたします。
ひろちゃんさんへ (KGR)
2009-05-02 08:43:27
わざわざご連絡ありがとうございます。

私もミスはやります。
大抵はどうしようもない
=何が無くなったかも分からないのですが。

どうぞ、気になさらないで
こちらこそよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

24 トラックバック

GOEMON(天下統一試写会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[GOEMON] ブログ村キーワード 評価:7.5/10点満点 2009年38本目(35作品)です。 ワーナー・マイカル・シネマズ主催の試写会の招待券が当選したので、5月1日の公開に先駆けて見に行きました。 本能寺の変で織田信長を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛...
GOEMON (いやいやえん)
試写会に当たりましたのでせっかくなので行って来ました^^ ※これは試写会鑑賞時の感想です(レンタル開始後再編集予定) エンターテイメント重視のため、時代劇や歴史物としてみると悲惨なことになるのでそこはあえてスルー。鑑賞前の一部画像なんかでも「うわぁ...
戦国キャシャーンFF風味。~「GOEMON」~ (ペパーミントの魔術師)
キャ~~才蔵さま~~~♪ ほらまた壊れてるよ。 しかも主役じゃねーし。(笑) そうそう少年時代の才蔵、佐藤健なんですよぉ♪ でね、少年時代のGOEMONを演じてた田辺季正くんも カッコよかったわ~♪ ・・・・さて、何から書いたらいい?(爆) ↑そもそもこのポスターを...
『GOEMON』@中野サンプラザ(試写会) (たーくん'sシネマカフェ)
試写誘っていただき中野サンプラザまで「GOEMON」鑑賞。ここは会場が大きいから並んでる人がハンパじゃない!しかも今回当選メールを印刷したものを現場で当選はがきと交換(間に合わなかったのね。でもハガキが遅れて届くよりGood!)(C)2009「GOEMON」パートナーズ....
映画「GOEMON」を観てきました☆ (windy's note)
紀里谷和明監督作品「GOEMON」の“天下統一試写会”が、4月21日に開催されました。全国40都道府県の190スクリーンで、同じ時刻に開催されたこの試写会。3万5千人が鑑賞したというから驚きです。 “
★GOEMON★ (CinemaCollection)
愛する者のために。上映時間128分製作国日本公開情報劇場公開(松竹=ワーナー)初公開年月2009/05/01ジャンルアクション/アドベンチャー/時代劇【解説】「CASSHERN」で鮮烈なデビューを飾った紀里谷和明監督の長編2作目。戦国の世を舞台に、大泥棒・石川五右衛門をはじ....
劇場鑑賞「GOEMON」 (日々“是”精進!)
「GOEMON」を鑑賞してきました「CASSHERN」で鮮烈なデビューを飾った紀里谷和明監督の長編2作目。戦国の世を舞台に、大泥棒・石川五右衛門をはじめ歴史上の人気キャラクターたちが繰り広げる奇想天外なストーリーが、時代劇の枠にとらわれない大胆かつ斬新なヴィジ...
GOEMON (Akira's VOICE)
スゴい事になってます!!  
GOEMON (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『20世紀少年第2章』『ジェネラル・ルージュの凱旋』に続き、今年3本目の邦画鑑賞です【story】織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊...
GOEMON (だらだら無気力ブログ)
『CASSHERN』で映画監督デビューした紀里谷和明監督が懲りずに放す長編 第二作。監督だけでは物足りず、原案・脚本・プロデューサー・撮影監督・ 編集と何足のわらじを履くマルチぶり。戦国時代の日本を舞台に盗賊・石川五右衛門を主人公に大胆で斬新な解釈で 描く戦国...
「GOEMON」秀吉の秘密を知った先に望んだ平和と運命の戦い (オールマイティにコメンテート)
「GOEMON」は紀里谷和明監督2作目の映画作品で1582年に信長が本能寺の変で自害してから秀吉が天下を獲って一時の平和が訪れた時代に天下の大泥棒石川五右衛門が盗みを働いた先で秀吉の重大な秘密を知り、自らの運命と戦っていくストーリーである。映像は非現実的な要...
GOEMON (いい加減社長の映画日記)
紀里谷監督の前作「CASSHERN」は未見ですが、あまり評判はよろしくなかったようで。 今回も、どうなのかな?と思いながら、キャストとストーリーに魅かれて「GOEMON」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、平日のレイトショーにしては、かなり多め。 ゴールデンウィークの大型...
[映画『GOEMON』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆『キャシャーン』の紀里谷監督の新作だ。  その前作では、その幼稚な思想性にとてつもなく落胆させられた。  でも欠点があり過ぎるが故に、語ることも多く、多くを語っていたら、なんか、その作品が嫌いではなくなっていた^^;  その幼稚な思想性と、くどい主張...
★「GOEMON」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウ鑑賞は・・・ 紀里谷和明監督自らプロモーションで「笑っていいとも」に出演してたし・・・ 主演の江口洋介の「ひとつ屋根の下」は再放送してるし・・・ ということで、初日に観に行っちゃいました。
GOEMON (せるふぉん☆こだわりの日記)
超久々に映画を見に行けました 近くの映画館でまだ「スラムドック$ミリオネア」をや
映画「GOEMON」 (FREE TIME)
5月1日のファーストデーに映画「GOEMON」を鑑賞。
GOEMON (映画君の毎日)
●ストーリー●織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊・石川五右衛門(江口洋介)がすい星のごとく現れ、庶民を熱狂させる。そんな中、...
GOEMON見てきました。 (+++turbo addiction+++)
今日は「GOEMON」見てきたよ~★ http://www.goemonmovie.com/index.html :*:・。,☆゜'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゜'☆,。・:*: 紀里谷監督だったので、映像キレイだろーなーと思っていったら、その通りで、とても幻想的な感じでした。 さすがCG使い...
[GOEMON] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/05/01製作国:日本上映時間:128分鑑賞日:2009/05/03監督:紀里谷和明出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、六平直政、小日向文世、中村橋之助、寺島進、平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二+あらすじ+織田信長(中村橋之助)を暗殺した明...
「GOEMON」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
************************************* 石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ (浜に在る無数の砂が仮に全て無くなる事が在ったとしても、世の中から泥棒が全て消え去る事は無い。) ***********...
「GOEMON」試写会招待状 (KGR別館)
アップしてなかったっけ。 TVタロウのプレゼント、久々のはがき応募で当たった。 4/18、一ツ橋ホールでの開催
『GOEMON』 (つれづれなるままに)
火曜日にTvh 『GOEMON』の試写会に行ってきました。 あまり、期待していな
「GOEMON」見事な映像美で全編絶景! (ノルウェー暮らし・イン・London)
すごい!とにかくすごい!! こんなにすごくて、こんなに奇想天外、荒唐無稽でありながら、全てが練りに練って完全無欠な映画は、かつて観たことが無い。 広大なスケール、超越した映像美と、既成概念に捕らわれないストーリー展開は、それでも破綻することなく熱く心を...
GOEMON (むーびーふぁんたすてぃっく)
「GOEMON」 感想 GOEMON 天下の大泥棒か、天下を変えたヒーローか 鳥肌立つほどの映像美!! 前作「CASSHERN」に続く紀里谷和明監督第2作...