ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

コガタスズメバチ(の死骸)

2019-09-13 01:35:27 | 昆虫/虫
バルコニーの端にスズメバチの死骸が落ちていた。

昨日まではなかったので、台風のせいで死んだわけではないと思うが、
働きバチの寿命ってどれぐらいなんでしょうね。

大きさや腹の縞模様から見て「コガタスズメバチ」と思われる。

昨日はイノシシの檻を確認に行ったおじいさんがスズメバチに全身を刺され死亡した
というニュースが流れていた。

当初、ネットニュースでは10カ所以上とあったが、TVの報道では60カ所以上。
おそらくは当初は目視で外に出ている部分のみのカウント。
その後検死時に全身をよく見たらすごかった、ということかな、と思っている。

近くにスズメバチが飛んでいたともいわれている。
山の中だからオオスズメバチかもね。
オオスズメバチは木の洞や地中の空洞に巣を作ることが多いようだ。

民家の軒先や屋根裏に巣を作るのは、キイロスズメバチが多い。
サイズはオオスズメバチより少し小さいが、凶暴さは上回る。

コガタスズメバチは、スズメバチにしては小型だというだけで、ちっとも小さくない。
軒下や生垣、庭木などに巣を作るが比較的開放的な場所に巣を作る
毒はオオスズメバチやキイロスズメバチに比べると弱いらしいが、刺されるととても痛いらしい。

いずれも巣に近づいたものを外敵とみなし攻撃する。

オオスズメバチは前述のように低いところが出入口なので、気づかずに近寄るだけでなく
巣の入り口近くを踏んでしまうことがあるが、まさに巣に対する攻撃そのものになってしまう。

キイロスズメバチは人の住まいの近くの見えないところに巣を作るので気づかずも何も
日常生活で巣の近くに行く可能性が高く攻撃対象とされてしまう。

コガタスズメバチは場所的に巣全体が見えやすい。
しかし、生け垣などでは葉に隠れて巣が見えないこともあるので要注意らしい。

うちでは(死んだものも含め)同時に複数匹を見たことがないので単独行動中のようだ。
巣が近くにあるわけではなく、餌を探しに来ただけでしょう。
特にコガタスズメバチは木の枝で休んでいることも多い。

ほかにもアシナガバチやクマバチが来ることもあるが、巣が近くになければ、
こちらから攻撃しない限りむやみに刺してきたりはしない。




コメント   この記事についてブログを書く
« 昨日のタイタンビカス、3輪... | トップ | ムーアシロホシテントウ(201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

昆虫/虫」カテゴリの最新記事